Parade ワシントン靴店

6,600円以上購入で送料無料!

お気に入りのお店に追加

  • 友達にメールする

メンズフォーマル 【革靴】

"フォーマル"を知る
おしゃれのルール
スーツや革靴を着こなす上での基本は、もう大まかな形が決まっています。いわゆる「マナー」と言われるものです。
特にフォーマルな場面においては決まった着こなしやルールが昔から存在していて、それこそが一番のオシャレとされます。
着こなしを間違えると相手への印象も変わってしまいますので、注意したいものですね。

しかし、逆に言えばそのルールに沿ってアイテムを揃えていけば、誰でもオシャレな着こなしが出来る!ということでもあります。
もちろん時代によって多少の変化はありますが、フォーマルを知り、その形に沿うことが大切ですね。
足元に全てが出る
特にビジネスの場面にでは、仕事ができる人ほど相手の「足元(靴)を見る」ことで、相手のことを判断していると言われます。
靴は履く人の性格や生活を判断する上で重要なアイテムです。靴にまで気を配って「手入れを欠かさない」「キチンとしている」というのは、そのまま仕事に対する姿勢として捉えられます。
逆に言うと、靴がおざなりな人は仕事をする上でもそういう人だと判断されてしまうのです。
靴選びのポイント
1.色
基本は黒
フォーマルな場に出席する場合や、就活生は迷わず黒を選びましょう。スーツが何色でも黒を選べばきっちりと収まります。
紺やグレーのスーツの場合、茶色を合わせると非常にオシャレな着こなしになりますが、その分カジュアルな要素が強まります。

職場の雰囲気をよく知ってから、色違いのスーツを追加で購入したときなどに候補に入れてあげましょう。
2.つま先
左上:「ストレートチップ」
右上:「プレーントゥ」
左下:「Uチップ」
右下:「ウィングチップ」
ストレートチップが1番
つま先のデザインにも様々なものがありますが、左上の画像「ストレートチップ」がもっともフォーマルです。
また、ストレートチップは他のデザインに比べて履きジワが目立ちにくいので、場面を問わずオススメです。
3.甲のデザイン
左上:「内羽根式」
右上:「外羽根式」
左下:「モンクストラップ」
右下:「ローファー」
内羽根式がフォーマル
革靴の甲のデザインにも種類がありますが、一番フォーマルなのは左上の「内羽根式(うちばねしき)」と呼ばれるタイプです。次いで外羽根式(そとばねしき)となりますが、内羽根のほうが見た目がスッキリしていますね。
「内羽根式」の「ストレートチップ」はTHE・フォーマルの万能シューズですので、社会人として必ず1足は持っておきましょう。

左下、右下の画像のように紐がないスリッポンタイプもありますが、カジュアルな印象が強くなりますので、使う場面を選びましょう。
就活生は絶対NG
上の画像のように装飾された靴は、フォーマルな場には不向きです。豪華なパーティーや、普段のコーディネートで楽しんでください。
4.素材
本革と合成皮革
多くの方が「革靴は本革が良い!」という印象をお持ちだと思います。
それぞれの違いやメリットはどういったところにあるのでしょうか。

まずは本革の場合。
一番の魅力は、手入れ次第で合成皮革より丈夫で長持ちし、本物の艶や光沢を保つことが出来る点です。
また、本革は履くほどに足に馴染んでくる点でもオススメです。
手入れを怠らずにいれば、エイジングという経年変化を楽しむことができます。
本革の靴をきちんと手入れしておけば、それだけで好印象間違いなしですよ。

合成皮革の場合、お手入れは不要(水拭き程度でOKな物が殆どです)なので、非常に手軽に履くことができます。
本革のように手入れが「できない」とも言えますが、コスパ重視で履きつぶすことを前提に選ぶ方もたくさんいらっしゃいます。

見た目だけでは本革なのか合成皮革なのか分からないものも沢山ありますので、ご自身のスタイルに合わせて検討してみましょう。
5.サイズ
ジャストサイズを選ぶ
初めて革靴を履くときに、恐らく一番戸惑うのが「サイズ」ではないでしょうか。
普段履いているスニーカーのサイズで選ぶと、大半の方が失敗してしまいます。それは、スニーカーと革靴では、靴の作り方自体がまったく違うからです。
革靴は、もともと捨て寸(必要とされるゆとり分)も考えて作られています。そのため、少しゆとりを持って選ぶ必要はほとんどありません。
靴下を履いて起立した状態の実寸が27.0cmだった場合、基本的に27.0cmと表記された革靴を買えば問題ありません。
また、足幅も重要なサイズ選びのポイントです。足幅に合わせて「3E」「4E」といった表記の靴を探しましょう。

必要以上に幅の広い靴を履くのも避けた方が良いです。
革靴はスニーカーほど紐でサイズ感を調整できないので、足が靴の中で動いてしまい、疲れやすくなったり怪我の原因になる恐れもあります。
ぶかぶかの革靴は、非常に不格好な印象になってしまいます!
普段スニーカーを履きなれた方は、キツめのサイズ感に初めは慣れないかもしれませんが、必ずジャストサイズを選びましょう。
まとめ
1.色は基本「黒」
2.つま先は「ストレートチップ」
3.甲のタイプは「内羽根式」
4.アッパー素材は「本革」
5.サイズはジャストサイズ
本革ビジネス
合成皮革ビジネス
サイズ選びに困ったら
履いてみないとわからない靴だからこそ、万が一の場合も安心のサービスを。
ワシントン靴店では多くのお客様の声を反映し、サイズ交換にかかる送料の片道無料サービスを実施しています。商品到着後7日以内にお申し出いただいた後、1回に限り片道送料無料にてサイズ交換いたします。

このお店について

ページトップ