【2022年10月】教育ローンのおすすめ人気ランキング10選 | eny by auPAYマーケット

Webライター

maki

海外や日本で愛用されている良いモノ探しが趣味。調理アイテムや雑貨、インテリアなど幅広いジャンルの商品を紹介します。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

子供の学費や、社会人のキャリアアップに使用できる教育ローン。国が提供する教育ローンよりも借入額が大きく設定できるうえに、金利は2〜5%に設定されています。横浜銀行や広島銀行など、日本全国の銀行で手続きが行えて、WEBで手軽に手続きできるものもあります。

金利や融資金額の大きさも各銀行によって異なるので、どの銀行の教育ローンが良いのか迷うことも。そこでこの記事では、教育ローンの選び方とおすすめの銀行を条件や融資金額を挙げながら詳しく解説します。お子さんの学費調達に悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

融資金額が350万円以内で収まるのであれば国の教育ローンが安心

出典:日本政策金融公庫公式サイト

教育ローンとは受験費用や学費、進学に伴う引っ越しや毎月の仕送りなど幅広い用途に使用できる借入ローンのことです。民間の各銀行が提供する教育ローンと日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンの2種類があります。2つの大きな違いは、借入金額と金利です。

民間の銀行が提供する教育ローンは、私立大学の費用も十分カバーできるよう借入金額が最大1,000万円以上のものもあります。その分、金利は高めですが金額が大きい医学部や薬学部進学にも充てられる充実した借入額が魅力です。一方、国の教育ローンは最大350万円までと少なめ。

国の教育ローンは世帯年収が低く、借りる金額が少ない方におすすめです。進学先が私立だったり、下宿して生活費もローンで賄いたい方は民間の教育ローンを選びましょう。

教育ローンの選び方

ここからは教育ローンを選ぶ上で、チェックしておきたいポイントを解説します。お金の借り方や返済の仕方、保証など各銀行の契約内容によって異なるので、自分が納得できて返済しやすいものを選ぶのがポイントです。

まとめて借入タイプか必要な分だけ借入で選ぶ

教育ローンには、最初にまとめて一括で借入できる証書貸付タイプと、必要なときに必要な分だけ借入できるカードローンタイプがあります。それぞれメリットが異なるので、自分に適しているのはどちらかを考えながら選択しましょう。

最初にまとめて借入したい方におすすめ「証書貸付タイプ」

出典:りそな銀行公式サイト

入学から卒業まで教育資金に必要な金額を、まとめて借りられる教育ローンを証書貸付タイプと言います。借入金額が最初に決まっており、返済期限も借りるときに設定されるため返済計画を立てやすいのが特徴です。

それでも500万円借り入れたなら、全額使用していなくても利息とともに借入額を返済する必要があることは理解しておく必要があります。また追加で借り入れたいときは再度ローン申請手続きが必要になります。

必要なときに必要な分だけ借りられる「カードローンタイプ」

出典:auじぶん銀行公式サイト

ある程度自費で学費をまかないたい、どうしても足りなくなったらその都度借入を行いたい方はカードローンタイプがおすすめです。最初に借入限度額を設定して、その枠内であればいつでも自由に借入ができます。必要なときに必要な分だけ借り入れられる点が便利です。

返済は限度額に関わりなく、借りた分だけ返済すれば良い点も証書貸付タイプよりも返しやすいポイント。借入額の返済は卒業後から始められますが、利息の支払いは在学中から始まります。

教育ローンには「変動金利」がベスト!返済金額を一定にしたい方は「固定金利」を選択

教育ローンを選ぶときに重視したいポイントは金利の設定です。固定金利と変動金利があり、それぞれ金利の設定方法が異なります。それぞれの違いとどんな方に適しているかを解説します。

低金利!金利変動に対応できる余剰資金がある方は「変動金利」

出典:イオン銀行公式サイト

もともとの金利の設定金額が安く、最初の返済額をおさえたいなら変動金利がおすすめです。金利の市場に応じて金利が変動しますが、金利を固定しない分金利が低く設定されています。金利市場に変動がなければ金利は上がりませんが、市場金利がアップすればその分返済額も上がります。

金利率により返済金額が異なるため、毎月・毎年の返済額のチェックは欠かせません。金利が上がっていて返済の引き落としがされなかったということが無いようにこまめに確認しておきましょう。

予想以上に金利がかかるケースがある教育ローンには「固定金利」がおすすめ

出典:西京銀行公式サイト

契約時に金利率について納得のうえ合意して、返済金額に変動が起こらないものが良いなら固定金利がおすすめです。日本の金利市場の影響を受けることなく、返済終了まで金利が一定なので安心感があります。

しかし銀行側が、金利が上がる場合を想定してあらかじめ金利を高めに設定されています。金利が上昇したときにはメリットですが、金利の上昇が起こらなければ割高の利息を支払うことになるのを覚えておきましょう。

申し込み方法で選ぶ

教育ローンの契約には即時申し込みが可能なWEB完結と郵送・窓口手続きがあります。今すぐ必要な方や、じっくり選びたい方など自分にとって申し込みしやすい方法を選びましょう。

書類・印鑑は必要なし!即時申し込みが可能な「WEB完結」

出典:みずほ銀行公式サイト

24時間365日手元のスマホやパソコンから即時申し込みが可能な、WEB完結タイプは忙しい方におすすめです。窓口での契約はどうしても銀行が空いている平日の窓口対応時間内に行く必要があります。土日は窓口が空いていないことが多いので、仕事をしている方には難しいことも。

手元で金利をチェックしたり、契約内容を確認できるのもメリット。申し込みから審査、契約まで窓口に赴くことなく借入ができます。本人確認資料や所得証明書などをアップロードする必要があるので、操作に慣れていない方は苦労するかもしれません。

煩わしいスマホ操作が必要ない!窓口まで足を運ばなくてもいい「郵送手続き」

出典:池田泉州銀行公式サイト

スマホやパソコンの操作は難しいのでWEB完結タイプは不安だが、窓口に行く時間もなかなか取れないという方は郵送手続きがおすすめです。インターネットで事前審査申し込みを行えば、銀行の方から契約に必要な書類や契約書が送られてきます。

自宅でゆっくり読んで、契約手続きに必要な書類を添付して返送することで窓口に出向かなくても契約が可能です。

相談しながら手続きしたい方におすすめ「窓口手続き」

出典:群馬銀行公式サイト

窓口に出向いて話を聞きながら、慎重に契約を進めたい方は窓口手続きがおすすめです。ネットではわからない言葉や疑問があっても回答してもらえませんが、窓口では丁寧に説明してもらえるので安心感があります。

借入額が大きいということもあるので、返済方法も含めてしっかり納得してから契約したい方におすすめ。文書で1つずつ納得しながら契約書にサインしていくので、不安を払拭できます。また対面でサポートしてくれる心強さも感じられるでしょう。

在学中の返済が難しい場合は卒業後に返済をはじめる「元金据え置きタイプ」を選ぼう

出典:八十二銀行公式サイト

在学中は返済のことは考えずに学業に専念したい、子供が卒業してから返済を始めたいという方は元金据え置きタイプを選択しましょう。教育ローンを提供する銀行のなかには、元金の返済を卒業まで待ってくれる場合もあります。

しかし、元金据え置きでも利息は毎月支払う必要があることは覚えておきましょう。毎月の利息の支払いに加えて、卒業後も利息を含んだ返済をすることになるので、余計に利息を払う必要があります。

借入人の死亡時に全額保障してくれる「団信」付きの商品も検討しよう

出典:広島銀行公式サイト

借り入れた本人にもしものことがあった場合に、保険金として残りの融資を全て完済する保険のことを団体信用生命保険と言います。略して「団信」と呼ばれ、死亡時やがんなど返済の負担が一気に子供に向かないように救済できる商品です。

加入には簡単な健康診査が必要ですが、健康状態に問題がなければオプションとして利用できます。親に万が一のことがあっても、学業を諦めなくて良くなるのでぜひ利用することをおすすめします。

医学系学部は融資上限が変わるので年間費用に合わせて商品を検討することがおすすめ

出典:千葉銀行公式サイト

一般的な大学よりも教育資金が高い医学部や薬学部への進学には、医学部向け教育ローンを選びましょう。借入金額が1,000万位上にまで増額できるので、医学部への進学時にも安心。医学部系は6年の在籍が必要なので、私立大学になると学費が3,000万円以上かかるところも。

一般的な銀行の教育ローンの上限金額ではまかなえないので、事前のチェックが必要です。カードローンタイプを選択する際も、在学金額を6年まで延長できるかを確認しておきましょう。

学費以外にも下宿費用・引越し費用など多岐にわたって利用できるか確認しよう

出典:横浜銀行公式サイト

教育に関わるものであれば、使い道が制限されないのも民間の銀行による教育ローンの特徴です。教育のための資金であれば、入学金や学費はもちろん、引っ越し費用や資格取得のためのスクール費用・海外留学費用などにも使えます。

毎月の生活費や仕送りにも使えるので、子供の勉強を後押ししながらサポートすることも可能です。経済的に進学は難しいという家庭でも、使い道が制限されない教育ローンを選べば安心して学生生活を送ることが可能です。

教育ローンのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、各銀行が提供する教育ローンをランキング形式で紹介します。各銀行によって金利の設定や申し込み方法、返済の仕方が異なるので自分にあった教育ローンを見つける参考にしてくださいね。

1位 横浜銀行 横浜銀行教育ローン 

出典:横浜銀行公式サイト
金利(年率)金利体系借入可能額借入期間審査回答期間来店地域その他
0.900% ~ 2.900%変動金利10万円 ~ 1000万円1年 ~ 17年最短即日不要神奈川県・東京都(一部地域を除く)・群馬県(一部地域を除く)元金据え置き可能

最低金利0.9%で低金利で借入が可能

審査によっては、最低金利は1%未満と教育ローンのなかでも群を抜いた低金利で貸付が行える教育ローンです。カードローンと証書貸付タイプの2種がラインナップされていて、審査結果により0.9%〜2.9%の低金利貸付がおこなえます。

目的に応じてお金の借り方を選べるのも横浜銀行教育ローンの特徴。必要金額をまとめて借り入れたい方は一括借入型、必要な時にその都度借りられるカードローンと、使い道や返済方法にあわせて借り方を選べます

2位 auじぶん銀行 じぶんローン 

出典:auじぶん銀行公式サイト
金利(年率)金利体系借入可能額借入期間審査回答期間来店地域その他
0.980% ~ 17.500%変動金利10万円 ~ 800万円不要全国対応

auユーザーなら金利優遇あり

計画を立てやすい最小返済額を希望できるので、毎月の収入に対して無理なく返済が行えます。他銀行で借り入れたローンも、最大800万円までは借り換えが可能。いままで毎月の返済額に苦しんでいた方も返済額が軽減されるチャンスになっています。

さらにauユーザーは、新規ご契約で年間0.5%の金利を優遇されるのでさらにお得に借りられるのも魅力の1つ。直接店舗に出向かずとも、スマホで申し込みからお借入まで完結するのでスピーディに手続きが済みます。

3位 千葉銀行 スーパー教育ローン 

出典:千葉銀行公式サイト
金利(年率)金利体系借入可能額借入期間審査回答期間来店地域その他
2.400%変動金利10万円 ~ 3000万円1年 ~ 16年6ヶ月最短1日不要全国対応元金据え置き可能

最長16年6ヶ月まで借入が可能

医学部や航空系学校などの進学を考えている方にもおすすめの千葉銀行の教育ローンは、最大3,000万円までの借入が可能です。またこの貸出期間は最長16年6ヶ月有効なので、受験前から借り入れて現金がすぐに必要な時も安心して支払えます。

金利は変動型で2.4%ですが、お子様の在学期間は利息のみの支払いで済むのも安心できるポイント。卒業後最長10年間で支払いができるので、焦ってお金を返済する必要がありません。また余裕がある月は繰上げ返済も手数料無料で行えます。

4位 常陽銀行 常陽教育ローン学援生活 

出典:常陽銀行公式サイト
金利(年率)金利体系借入可能額借入期間審査回答期間来店地域その他
1.950% ~ 2.200%変動金利10万円 ~ 3000万円6ヶ月 ~ 10年最短即日場合によって要全国対応元金据え置き可能

1万円から借入できて小額借入希望の方におすすめ

茨城県に本店がある常陽銀行は関東と福島県、宮城県在住の方におすすめの教育ローンです。入学金や授業料はもちろんのこと、仕送り・生活費・家賃などあらゆる用途で使用していただけるので用途を選ばずお子様のために使えます。

通常店舗で教育ローンを申し込めば金利3.975%ですが、申し込みから契約・借入までネットで完結させれば金利が2.2%まで下がるのも特徴の1つ。審査の結果も8ヶ月有効なので、受験時から進学を見越して申し込みが可能です。

5位 関西みらい銀行 関西みらい教育ローン

出典:関西みらい銀行公式サイト
金利(年率)金利体系借入可能額借入期間審査回答期間来店地域その他
1.800% ~ 2.200%変動金利10万円 ~ 500万円~ 14年2日程度場合によって要全国対応元金据え置き可能
団信の加入可能(証書貸付タイプのみ)

もともとの金利設定が低く、社会人の自己啓発資金にも使用できる

まとめて一括借入が可能な証書貸付とこまめに借りられる当座繰越の2種類から選択可能です。金利は変動金利で年2.2%ともともと他の教育ローンに比べて低金利ですが、さらに住宅ローンの契約があれば1.8%まで金利が下がります

社会人でもご自身のキャリアアップや生涯学習、資格取得の教育資金などにも活用できる教育ローンもおすすめです。証書貸付タイプや当座貸越タイプと異なり、ご自身の名義で借入が可能なので、返済も簡単に続けられます。

6位 朝日信用金庫 朝日教育ローン

出典:朝日信用金庫公式サイト
金利(年率)金利体系借入可能額借入期間審査回答期間来店地域その他
1.600% ~ 2.400%変動金利30万円 ~ 1000万円3ヶ月~16年2日程度東京都・埼玉県・千葉県(朝日信用金庫の営業区域内)元金据え置き可能

相談から仮審査までネットでできる

入学金から海外留学まで、幅広くお子様の夢をサポートする朝日信用金庫の教育ローンです。必要な資金を最初に一括で借入できるので、受験費用・入学金・引っ越しなど幅広い用途で使用できます。

カードローンの申し込みやインターネットでの手続きの可否により所定の条件をクリアすれば金利が最低1.6%まで引き下げられるのもポイント。最高1,000万円まで借り入れられるため私立大学への進学にも安心です。

7位 筑波銀行 つくば教育ローン(カードローン型) 

出典:筑波銀行公式サイト
金利(年率)金利体系借入可能額借入期間審査回答期間来店地域その他
1.600% ~ 3.500%(条件有)変動金利10万円〜1000万円〜18年2日程度不要茨城県・栃木県・東京都・埼玉県・千葉県(一部地域限定)

在学中は利息の支払いのみでOK

子育て応援サポート付きの教育ローンです。子供の人数に応じて最大金利が年間0.300%割引になります。在学中は利息のみの支払いで良いので、勉強に集中して取り組めるのも安心のポイント。

親になにかあった時も安心ながん保障付きなので、がんと診断されたら保険金による支払いで教育ローンの残債が0円になります。24時間申し込みから契約までネットで完結する手軽さも選ばれる魅力です。

8位 楽天銀行 楽天銀行教育ローン 

出典:楽天銀行公式サイト
金利(年率)金利体系借入可能額借入期間審査回答期間来店地域その他
3.900%(固定金利)
3.204%(変動金利)
固定金利・変動金利10万円〜500万円
医学・歯学・薬学系大学は10万円〜1000万円
1年〜14年最短即日不要全国対応元金据え置き可能
団信の加入可能

担保・保証人は必要なしで利用できる

楽天銀行教育ローンは、申し込みから融資まで最短2営業日で完了するスピーディー手続きが魅力。このままでは納付期限に間にあわないというときでも、楽天銀行から提携大学先へ直接お振り込みすることもできるのでさらにスピーディーに完結します。

また奨学金を受けながらも学費が足りない方も対象として融資が受けられるので、どんな状況の方も1度は相談できるチャンスがあるのはありがたい。楽天銀行と提携している60の大学によっては、金利も割引になりさらにお得に借り入れられます。

9位 京都信用金庫 教育LINE

出典:京都信用金庫公式サイト
金利(年率)金利体系借入可能額借入期間審査回答期間来店地域その他
2.000%変動金利10万円 ~ 1000万円~17年2日程度不要京都府・大阪府・滋賀県(一部地域を除く)

最低10万円から最大1,000万円まで借入できる

教育に関する資金に幅広く利用できる教育ローンです。変動金利で年2.0%ですが、一定の条件を満たせば1.8%の金利に引き下がります。また在学中は利息のみの支払いも選択できるので、返済の心配をせず社会人になって就職してから元金の支払いを始められます。

WEB完結できるのもこの教育ローンの特徴。署名や印鑑も不要で、電子署名で簡単に契約が完了します。融資希望の3ヶ月前から仮審査の申し込みができるので、進学先が決まっていない時から準備が始められます。

10位 みずほ銀行 みずほ銀行教育ローン 

出典:みずほ銀行公式サイト
金利(年率)金利体系借入可能額借入期間審査回答期間来店地域その他
3.475%〜4.15%固定金利・変動金利10万円〜300万円6ヶ月~10年不要全国対応元金据え置き可能
団信の加入可能

全国的に利用できるメガバンクのカードローン

すでに自己資金で支払い済みの場合でも、支払い後1ヶ月以内なら申し込み受付ができます。必要な資金を最大300万円まで借入が可能です。変動金利は年3.475%、固定金利は4.15%と希望に応じて選べます。

みずほ銀行でマイカーローンや住宅ローンの契約があればさらに金利が割引になるので、みずほ銀行を使用している方におすすめです。

申込みのタイミングと必要な書類

出典:足立成和信用金庫公式サイト

教育ローンは、入学前から在学中まで申し込めます。これから進学する予定の方は、受験先が決まった段階で教育ローンを検討するのがおすすめ。銀行の中には、審査結果から契約まで半年以上猶予を与えるところもあり、審査さえ受けておけば合格を確認してすぐ本契約が可能です。

申し込みには本人確認書類や収入確認資料、健康保険証の提示が求められます。また入学を照明できる入学金の振込み受領書や合格証明書が必要な銀行もあるので、事前になにが必要なのかをチェックしておくのは大切です。

学校によっては合格してすぐ入学金が必要なところもあるため、はやめの準備と審査の申し込みをすることで安心して支払える環境を整えておきましょう。

まとめ

国の提供する教育ローンと、銀行の提供する教育ローンには金利や借入金額に違いがあります。進学にどれほどの金額が必要かをシュミレーターやHPで確認して無理のない返済方法で借りられる教育ローンを選びましょう。

子供の学費や教育資金の調達に困っているなら、ぜひこの記事を参考にして自分にあった教育ローンを選んでくださいね。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
Webライター

maki

海外や日本で愛用されている良いモノ探しが趣味。調理アイテムや雑貨、インテリアなど幅広いジャンルの商品を紹介します。