【2022年最新版】ヘアオイルの選び方とおすすめ人気ランキング10選【しっとりもサラサラも】

takahaamy

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
4

髪に潤いとまとまりを与え、艶を出してくれるヘアオイル。ドライヤーの熱から髪を守るほか、パサつきや切れ毛といったダメージのケアなども行うことができます。

しかし、ベタつく、しっとり感がない、サラサラにならないなどヘアオイルは失敗してしまうことも多いアイテムです。そこで今回は、失敗しないヘアオイルの選び方と、おすすめの人気ヘアオイルをランキング形式でご紹介します。

この記事でおすすめする商品

髪に潤いと艶を与える「ヘアオイル」の効果とは

出典:Amazon.co.jp

ヘアオイルは髪に油分を与えることで、潤いと艶を与えてくれます。さらに油分が髪の表面を保護するため、ドライヤーの熱や紫外線・摩擦などから髪を保護する効果もあり、ケアだけでなく髪へのダメージも防ぐことができます。シャンプー後の濡れた毛先に少量つけて乾かすことで、髪を熱から守りながらまとまる髪へと仕上がります。

また、スタイリング剤として活用すれば、髪のボリュームダウンや自然な濡れ髪を作ることも可能です。毛先が広がるという方はヘアオイルでスタイリングすれば、髪がしっとりとまとまります。香りがあるヘアオイルならリラックス効果も期待できるでしょう。

ヘアオイルの選び方

ヘアオイルは失敗すると髪がベタついたり、ヘアケアの効果に満足できない、ということがあります。失敗を回避するためには、購入前に選び方のポイントを抑えておくことが大切です。ここではヘアオイルの選び方を詳しく解説していきます。

髪質に応じて最適な「テクスチャー」を選ぼう

ヘアオイルを選ぶにあたって最初にチェックしたいのが、自分の髪質に合っているかどうかという点です。髪質ごとに適しているヘアオイルは異なります。まず自分の髪質に合うオイルを知りましょう。

毛量多め・髪が太め・クセが強めなら、ボリュームダウン効果がある「トロっとしたオイル」

出典:Amazon.co.jp

髪の毛の量が多く、1本1本が太めでまとまりにくい方やクセ毛の方には、テクスチャーが重いオイルが適しています。トロっとしたオイルはしっとり感が強く、髪のボリュームダウンが期待できるでしょう。

付けすぎるとベタつくことがありますが、適量であれば髪に艶を与えてくれるので程よい艶髪にスタイリング可能。濡れたような質感を出してこなれ感を演出できる人気のウェットヘアも、トロっとしたヘアオイルでスタイリングできます。

毛量少なめ・髪が細めなら、指通りを良くする「サラサラしたオイル」

出典:Amazon.co.jp

髪が少なく、猫っ毛の方には、サラサラとしたテクスチャーのオイルがおすすめです。髪が柔らかくて量が少ない場合、重めのオイルを使用すると過度にボリュームが抑えられてしまうことがあります。

サラサラしたヘアオイルはボリュームを抑えすぎず、適度な艶を髪に与えてくれるのが特徴。指通りの良いサラサラした髪に仕上げます。しかしトロっとしたオイルに比べると保湿力が足りないため、ダメージヘアの方には注意が必要です。

低刺激・艶・まとまりなど、欲しい効果に合った「オイルの種類」をチェックしよう

ヘアオイルには大きく分けて植物性オイル・動物性オイル・鉱物性オイルの3種類があります。それぞれの特徴を知ることは、自分に合ったヘアオイルを見つける近道です。得られる効果などを確認し、希望に合ったものを選びましょう。

肌への負担が少なく、ダメージ補修効果がある「植物性オイル」

出典:Amazon.co.jp

植物由来の天然成分で作られているヘアオイルが植物性のオイルです。椿油・ホホバオイル・アルガンオイルなどが代表的。 植物性オイルは肌に優しいのが最大の特徴。使い心地はサラサラとしており、美容効果も高く、使い勝手が良いのがメリットです。

仕上がりがサラサラになるものが多いので、髪が少ない方や猫っ毛の方におすすめ。食部由来の補修力があるため、カラーなどのダメージ補修をしたい方にも適しています。しかし、やや酸化しやすいため、取り扱いや保存には注意しなければなりません。

髪にまとまりを出し、乾燥によるダメージから髪を守る「動物性オイル」

出典:Amazon.co.jp

動物から採れるオイルで作られているのが動物性オイルです。場油やスクワランなどが動物性オイルに分類されます。 テクスチャーは重めで、保湿力が高いことが最大の特徴です。動物性なので肌との相性も良く、パサついた髪にも潤いを与えてくれます。

揮発しにくいのが特徴のオイルなので、乾燥によるダメージを補修したい方におすすめ。ボリュームを抑える効果もあるので、髪の量が多い方にも適しています。しかし、使用量を誤ると髪がベタついてしまうので注意して使用してください。

髪に艶を出し、スタリング剤としても活用できる「鉱物性オイル」

出典:Amazon.co.jp

石油やプラスチックを作った際に出る廃油を原料に作られているのが鉱物性オイルです。廃油と聞くと体に悪いイメージを抱くかもしれませんが、鉱物性オイルはしっかりと生成し、純度の高い安全な油を使用しています。ベビーオイルやワセリンにも使用される、安心安全なオイルです。

肌や髪への浸透性はなく、髪をコーティングするのが鉱物性オイルの最大の特徴。髪に艶を出し、指の通りを良くしたい方に適しています。髪をダメージから守る効果もあるので、スタイリング剤として使用するのにも最適。コスパが良いヘアオイルを探している方にもおすすめです。

パサつき改善やダメージ補修など、目的に合った「成分」で選ぶ

ヘアケアの成分は製品によって異なります。含まれる成分によって得られる効果は変わるので、保湿やヘアケアなど明確な目的でヘアオイルを選ぶ場合は、成分をチェックしましょう。

パサつき改善には、髪をコーティングして艶・まとまりを与える「シリコン」

出典:Amazon.co.jp

髪がまとまらない、パサつくという方にはシリコンを配合したオイルがおすすめです。シリコンは髪をコーティングする効果があり、髪に艶とまとまりを与えます。湿気で髪がうねるという方にもおすすめです。

シリコンの中でも、ジメチコン・シクロメチコンなどはコーティング力が強いので、パサつきに悩んでいる方はぜひ成分表示を確認してください。ただし、肌が弱い方がシリコン入りのヘアオイルを使用する際は、地肌に付かないように注意して使用しましょう。

ダメージケア・ヘアケアには、髪の主成分でハリ・コシを与える「ケラチン」

出典:Amazon.co.jp

パーマやカラーを繰り返したダメージヘアの方は、補修成分であるケラチン含まれているヘアオイルを選びましょう。ケラチンは髪の主成分になっている成分で、ハリや艶などに大きく関わっています。ダメージヘアはケラチンが減少している状態なので、外部から補うことを意識しましょう。

髪がプチプチと切れてしまうほど深刻なダメージヘアの方は、イソステアロイル加水分解コラーゲンという成分を配合しているオイルを選びましょう。イソステアロイル加水分解コラーゲンは浸透力が高く、髪の内部に作用して保湿する効果があり、ハイダメージの補修に役立ちます。

ヘアオイルのおすすめ人気ランキング10選

店頭にたくさん並んでいるヘアオイル。どれを選べば良いか、どの商品が人気なのか悩んでしまう方も多いことでしょう。そこでここではヘアオイルのおすすめ人気ランキングをご紹介します。

PR CHOUCHOU エマコッカーナヘアオイル

詳細情報
タイプ:サラサラ
香り:ローズ、チューリップ、アップルブロッサムの匂い
内容量:60mL
オイルの種類:植物性
主な成分:ツバキ花エキス、ツバキ種子エキス、ツバキ種子油、チャ種子油、ヒマシ油など

髪トラブルでお悩みのあなたへ、スッと指が通る自分史上最高の艶髪体験を

髪がパサついて手櫛が通らない、毛先のダメージがひどく枝毛になってしまうなど、男女問わずヘアケアのお悩みは底を尽きないですよね。エマコッカーナヘアオイルは、髪に良い8つの自然由来成分を配合しており、髪に潤いを与えて髪トラブルを改善することが期待できますよ。

乾燥した毛先を保湿してくれる成分のカニバニラ果実油と、ヘアダメージの原因となる紫外線やドライヤー熱から保護してくれる、ツバキ油をふんだんに配合することで、いままでにないしなやかな潤艶髪に仕上げてくれます

ベストコスメNo.1受賞!すべての女性の理想を実現してくれる

髪がしっとりとしても、べたついてしまったら本末転倒ですよね。ジメチコンやクロスポリマーなどの3D保護成分によって、これまでヘアアイルが抱えていた課題を克服しました。しっとりと保湿して、サラサラな手触りの髪へと導いてくれます。

さらに何百通りのなかから、高級感と洗礼された香りを追求。それによって一日中持続する高級ホテルのような、ワンランク上の香りを実現しました。あなたもエコマッカーナヘアオイルで、いつでもサロン帰りのような、愛されサラ艶髪を目指して見ませんか。

1位 ALLNA ORGANIC ヘアオイル

詳細情報
タイプ:サラサラ
香り:植物アロマでボタニカルな香り
内容量:80ml
オイルの種類:植物性
主な成分:アボカド油,ホホバ種子油,ツバキ種子油,シア脂など

ドライヤーの熱から髪を守る無添加オイル

髪に水分と油分を与え、健やかな状態へ導くヘアオイルです。髪の状態の改善だけではなく、ヘアアイロンやブラッシングによるダメージから髪を保護する機能もあり、髪のダメージを軽減してくれます。

ティーツリー葉油やラベンダー油など、23種類の天然オイルを贅沢に配合しているのも大きな特徴。合成香料や合成着色料など10種類の無添加を実現しているため、肌が弱い方にもおすすめです。

2位 モロッカンオイル モロッカンオイルトリートメント

詳細情報
タイプ:ー
香り:アンバー, ムスク, フローラル
内容量:100ml
オイルの種類:ー
主な成分:シクロメチコン、ジメチコン、香料、アルガニアスピノサ核油など

サラサラの指通りが叶うヘアオイル

シルクのような輝きとしなやかさを髪に与える人気のヘアオイルです。髪のコンディションを整えるほか、スタイリングやフィニッシングにも使用できる万能さが高く支持されています。

保湿効果の高いアルガンオイルに、美容成分であるビタミンをたくさん配合。指通りの改善、髪が早く乾く嬉しい効果もあります。髪の艶感をアップさせたい方、サラサラの指通りに憧れる方におすすめのオイルです。

3位 KERASTASE CHユイルクロノロジストR CH ユイル クロノロジスト R

詳細情報
タイプ:-
香り:ローズ, ジャスミン
内容量:100ml
オイルの種類:-
主な成分:-

柔らかい手触りに導く最高峰オイル

ユイル クロノロジストRは、髪に健康的な輝きを与えるハイクオリティなオイルです。ダメージヘアを補修し、人工的ではない自然な艶感を与えてくれます。しなやかで柔らかい髪に導くことで髪にまとまりを与え、くせ毛の方にもおすすめです。

ヘアケア用品で人気のKERASTASEの中でも、ユイル クロノロジストRは先進のテクノロジーを組み合わせた最高峰のオイル。あらゆるヘアケア用品で満足できなかった方に試して欲しい製品です。

4位 ボタニスト ボタニカルヘアオイル ダメージケア btn003

詳細情報
タイプ:ー
香り:ベリー, ツバキ
内容量:80ml
オイルの種類:植物性
主な成分:シクロペンタシロキサン、イソドデカン、ジメチコノール、ミリスチン酸イソプロピルなど

Wボタニカルリペア処方で髪のダメージを補修

髪のダメージに悩む方におすすめの、ダメージ補修ヘアオイル。ボタニストの人気商品、シャンプーやトリートメントでおなじみのWボタニカルリペア処方により、髪のダメージ補修・皮膜形成まで行ってくれます。

香りは濃密なベリーに、ヘリオトロープの華やかさを付与した重厚感のある香り。甘めで華やかな香りが好きな方におすすめです。仕上がりはやや重めなので、軽やかな仕上がりが好みの方は、同タイプのエアリースムースをチェックしてくださいね。

5位 オーガニックワークス ヘアオイル 細い髪用 HOL00

詳細情報
タイプ:ー
香り:フローラルサボン
内容量:90ml
オイルの種類:植物性
主な成分:シクロペンタシロキサン、ジメチコン、イソノナン酸イソノニル、ジメチコノールなど

髪が細い方・猫っ毛の方に適したヘアオイル

髪が細い方や猫っ毛の方の方には、オーガニックワークスのヘアオイルの細い髪用がおすすめです。パサつきやすい細い髪をダメージから守り、絡まりがちの髪もまとまりやすい髪へと導きます。

セラミドや加水分解コラーゲン、プラセンタなどの保湿成分を贅沢に配合している点も大きな特徴。乾燥によるパサつきを改善したいという方は、ぜひ試してみてくださいね。

6位 ellips ヘアビタミン

詳細情報
タイプ:サラサラ
香り:フローラル, ハニー
内容量:50粒
オイルの種類:ー
主な成分:シクロメチコン、パンテノール、ビタミンAなど

バリで国民的人気の商品

赤外線が強いバリで国民的ヘアケア商品です。天然のモロッカンオイルを配合した商品ですが、さらっとした使用感でさまざまな髪の悩みを多角的にケアしてくれます。

カプセルタイプの商品で、1回あたり1粒という使いやすさもおすすめのポイント。ピンクやイエローなどのカラーごとに、ダメージヘアやカラーヘアなど適した髪質が異なっているので、自分に合ったタイプを探してみてください。

7位 マドンナリリ ヘアオイル ml-001

詳細情報
タイプ:サラサラ
香り:グリーンフローラルフルーティー
内容量:100ml
オイルの種類:植物性
主な成分:シクロペンタシロキサン、ジメチコン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルなど

ベタつかないオイルが好みの方におすすめ

マドンナリリーのヘアオイルはプロの美容師が作った商品です。ダメージ補修効果、保水力アップなどの効果があり、熱のダメージから髪の守ってくれます。

天然の植物由来成分をたっぷり配合しているため、原料にこだわりたい方にもおすすめ。夜お風呂上がりにケアすればまとまり感がアップし、翌朝のスタイリングが楽になりますよ。

8位 ナプラ N. ポリッシュオイル 285225

詳細情報
タイプ:ー
香り:マンダリンオレンジ&ベルガモット
内容量:150ml
オイルの種類:植物性
主な成分:ゴマ油、サフラワー油、ヒマワリ種子油など

素髪スタイリングに適したオイル

ナプラ N. ポリッシュオイルはSNSでも話題のサロン専売オイルです。天然由来成分とシアバターを配合し、髪だけではなく肌の保湿にも使用できます。

アウトバストリートメントとしてはもちろんですが、スタイリングに使用するのがおすすめ。キープ力が高く、巻き髪や動きを出した髪型もしっかり決まりますよ。やや重めのつけ心地なので、アウトバストリートメントとして使用する際は付けすぎに注意してください。

9位 ネイチャーラボ ダイアンボヌール シグネチャーオイル

詳細情報
タイプ:-
香り:ブルージャスミンの香り
内容量:100ml
オイルの種類:植物性
主な成分:ひまわり油, ホホバオイル

オーガニック認証成分を使用したナチュラルな1本

傷んだ髪をやさしくケアしたい方におすすめのヘアオイルです。さらっとした伸びの良いオイルで、髪にも肌にもしっかりとなじんで潤いを閉じ込めてくれます。ダメージケアやダメージ抑制のためにヘアオイルを活用したい方に適しているでしょう。

香りは紅茶にも似た、さわやかなブルージャスミン。清潔さとエキゾチックさがある香りで男女問わず使用できます。しっとり感の強いオイルなので、濡れ髪スタイリングをしたい方はぜひ試してみてください。

10位 モルトベーネ ロレッタ ベースケアオイル 242780

詳細情報
タイプ:サラサラ
香り:ローズ
内容量:120ml
オイルの種類:ー
主な成分:シクロペンタシロキサン、ジメチコノール、パルミチン酸エチルへキシルなど

素の髪をきれいに演出するベースオイル

ロレッタのベースケアオイルは、付けた瞬間にローズの芳醇な香りに包まれる華やかなオイルです。ベタつかないオイルなので、サラサラの使用感が好みの方や軽い付け心地が好みの方におすすめ。

ベースケアオイルなので、スタイリングよりもケア用として使用するのが適しています。ナチュラルな艶感を出し、素の髪をきれいに見せる効果が期待できるでしょう。しかしダメージケアの効果はあまりないため、ハイダメージヘアの方は別途ケア用品を使うなどの工夫が必要です。

ヘアオイルの効果的な使い方

ヘアオイルを使うとベタベタする、思った効果を感じないという経験はありませんか?ヘアオイルは使い方を間違うと、効果を得られなかったり、ベタつきを感じてしまうことがあります。そこでここではヘアオイルの正しい使い方を確認していきましょう。

毎日のヘアケアには、タオルドライ後・ドライヤー後の2回に分けて付けるのがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

ヘアオイルを使うシチュエーションとして一番多いのが、お風呂上がりのヘアケアです。お風呂上がりに使う場合は、タオルドライした髪にショートヘアなら1~2滴、ロングなら3~4滴程度なじませるのがおすすめ。そしてドライヤーでしっかりと乾かした後に1滴程度のごく少量を髪全体になじませしょう。

髪に付ける前に、まず手のひらにしっかりとオイルをなじませるのがポイント。なじませる順番はまず毛先、次に髪の中間です。ボリュームを抑えたい方は最後に根元に塗布しましょう。ボリュームを出したい方は根元は塗らないでください。

スタイリングで使うなら、ヘアセット後の仕上げに少量使おう

出典:Amazon.co.jp

髪のボリュームダウンや指通りのために、スタイリング剤としてヘアオイルを使用する場合はヘアセットが終わったあとに使うのがおすすめ。仕上げとしてヘアオイルを使うことで艶感のある仕上がりになります。

ヘアオイル単品でヘアセットを行うのは難しいですが、ワックスやクリームなどのスタイリング剤にヘアオイルを1滴まぜて使う方法もおすすめです。パサつきが気になる方はぜひ試してみてください。

シャンプーやトリートメントに混ぜるなら、まずは1滴から試そう

出典:Amazon.co.jp

ヘアオイルをシャンプーやトリートメントに混ぜて使う方法があります。この場合も量を加減しなければベタベタとした仕上がりになってしまうので注意が必要です。

初めてシャンプーやトリートメントにヘアオイルを混ぜる場合、まずは1滴からスタートしましょう。仕上がりの様子を見て量を加減してください。また、シャンプーに混ぜて使うのであればノンシリコンのオイルを使ってください。シリコンが含まれているヘアオイルは、地肌にとって負担になることがあります。

付けすぎたときは水で流して、ドライヤーで乾かす

出典:Amazon.co.jp

ヘアオイルを付けすぎてベタベタしてしまったら、洗い流すのが確実な方法です。時間がない場合は、水をスプレーすることで多少は改善されます。

洗い流したあとは、タオルドライをしてからドライヤーで乾かしましょう。再びヘアオイルを付ける場合は、ごく少量を心がけてください。

おすすめの商品一覧

製品最安値評価リンク

ALLNA ORGANIC ヘアオイル

1

1,776円

4.55

モロッカンオイル モロッカンオイ……

2

3,970円

4.58

KERASTASE CHユイルクロノロジスト……

3

5,910円

4.73

ボタニスト ボタニカルヘアオイル ……

4

1,980円

4.3

オーガニックワークス ヘアオイル ……

5

1,599円

4.6

ellips ヘアビタミン

6

900円

4.56

マドンナリリ ヘアオイル ml-001

7

2,035円

4.6

ナプラ N. ポリッシュオイル 285225

8

2,590円

4.48

ネイチャーラボ ダイアンボヌール ……

9

2,016円

3.94

モルトベーネ ロレッタ ベースケア……

10

1,595円

4.52

まとめ

ヘアオイルは、髪質の違いやオイルのテクスチャーの違い、成分から自分の髪質や毛量にあった商品を選びましょう。サラサラにしたい、ボリュームを抑えたいなど求める仕上がりによっても適したオイルは違うので、製品ごとのヘアオイルの性質をしっかりと確認することが大切です。

好みではないヘアスタイルを購入してしまった場合は、捨てずに洗い流すトリートメントに混ぜて使用してみてください。オイルの重さは残さずに、髪をしっかりと保湿することができるのでおすすめです。ヘアオイル選びに失敗した方はぜひ試してみてくださいね。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
4

takahaamy