伊勢の国の美味いもの 魚佐太

15,000円以上購入で送料無料!

当店の自己紹介

浦村の牡蠣 | グルメset | 桑名の蛤 | point使いに!
ご覧いただいて誠にありがとうございます。
『 魚佐太 』六代目店主、宮本浩義と申します。

当店はH17年8月から当モールの前身の「Bidders」に出店させていただいております。
実店舗は三重県いなべ市に在り、六代以上前から魚屋をしているのが家計図からわかっております。元々の住所は桑名市でしたが、現在の地では昭和15年頃から営業しています。


=*= 伊勢の国三重のグルメで =*=
=*= あたたかさをお届け♪ =*=


自家製の干物や伊勢うどん、桑名の蛤、鳥羽の牡蠣をはじめ、愛知のあさり・鰻など三重・愛知の特産品を中心に販売しています。
食べていただいて、美味しさはもちろん、温かい気持ちになっていただけたら嬉しいです。

バナー1

日本の真ん中どころに位置する三重県は、カタカナの「メ」のような形をして、海は伊勢湾・熊野灘を望み、山は鈴鹿山系が南北に伸びます。山の幸も川の幸にも恵まれたところと言えます。
現在当店は、上の地図の桑名の西方にあります。



元々当店は桑名市小貝須にあったそうですが、第二次世界大戦でいなべ市の阿下喜に疎開して来たそうです。
その時、桑名の家も菩提寺も焼けてしまいました。
1944年、今の地・阿下喜に店を構えました。70年近く昔のことです。

それから今まで"コツコツ"続いて今も尚小さなお店が続いています。
本当に小さな店ですので、見に来て笑わないで下さいd(^-^)ネ!

当店は、わかっているだけで私で6代目になります。『6代もやっていて小さな店』と思われるかもしれませんが、コツコツがうちのとりえかもしれません。(笑)

『魚佐太店主系図』


バナー4
ご先祖様「伊八」が贈った灯篭


昔の【魚佐太】は、純粋な魚屋で、時代劇に出てくるような天秤棒をかついでその両端に桶を吊るしたスタイルだったようです。
丁稚(デッチ)さんを雇い天秤棒をかつがせ、商いしていたそうで、矢立てが残っています。(矢立て=筆が入った携帯の筆記用具) 

矢立ては、店内に展示した【昔の器と剥[ム]きもの館】(いなべまちかど博物館)に展示しています。
剥きもの館には、当店で使用していた大正12年以前の器や古銭・昔の剥きものなど展示しています。是非お越し下さい。


現在は、鮮魚商として病院様・料理屋様などへの卸し、小売り、仕出し料理も加えて営んでおります。

私共は、インターネット店も店頭と同じく「お客様を思う気持ち」、「やる気」は何ひとつ変わりません!
よろしくお願い致します。

バナー2


〒511-0428
三重県いなべ市北勢町阿下喜1012-3
魚佐太 六代目店主 宮本浩義 経歴
0120-014-843
shop@uosata05.com

お買物に戻る
浦村の牡蠣 | グルメset | 桑名の蛤 | point使いに!
ページトップ