OFF

通販のことならWowma!(デナショ)

キーワード検索

  • を除く

カテゴリ選択

価格

円〜



フリーラインDeNA店

9,720円以上購入で送料無料!

KR02・KR02iMIC_Q&A

バナー1
バナー2
バナー3
■A.にはKR02及びKR02iMICの共通内容と個別の内容が含まれますのでご注意ください。■
(KR02iMIC限定)/(KR02限定)の文字にご注意ください。

[基本編]
※各切り替え操作については機器を経由して行うため切り替えから実際の機能変更等に若干タイムラグがございますことを頭においてテストしてください。

長時間連続のご使用にあたっては本機よりもバイクにUSBソケットを取り付けるなどスマートフォン側の電源の確保をしっかり行っておくことで快適にお使いいただけます。【プロテック】USB電源ソケットセパレート2口アダプター12Vバイク専用で検索されますと推奨品をご覧になれます。

Q.スタンダードなKR02とKR02iMICのどちらを選べは良いか迷っています。
A. 二種の違いは本機同士の無線通話、音声自動着信、ミュージックトラックの変更機能の有無になります。
将来的にタンデムツーリングやマスツーリングでご使用の可能性があればKR02iMICの単品をご購入されると良いと思います。
ご相談はお電話でもお受けできますのでお気軽にどうぞ。

Q..充電用USBは何故本体からケーブルで延長してあるのですか
A. 類似後発品や既存の製品は本体部分にUSBを備えています。本機は本体よりケーブルで延長することによるメリットを考えました。
一つはUSB接続時の煩わしさと見えにくい場所や接続状態でのコネクターの破損を回避することで、汗や汚れによる不具合もほとんど起こりません。
もう一つは構造的に本体を小さくする為です。後発類似品より数ミリも本体が薄くとてもシンプルです。
Q.作動確認はできるのでしょうか?
A. .本機は本体部分にLED発光による視認はできませんがマイクボタンがLEDになっていますのでわざわざヘルメット内部を確認する必要はありません。
Q.操作ボタンは使い難くないですか?
A. 本機の操作ボタンはマイクロホン受音部と同一平面上にある構造です。
マイクロ本側本体は左から出ますがこれは通常こういった操作はクラッチ側(左手)で行うためです。
マイクロホンと同じ薄い面にあるのでジェットヘルの場合はツマミ易く、フルフェイスの場合はチンガード内側になりますので押す操作になりますから非常に操作しやすいのです。マイクロホンに対し縦方向にボタンがあるとこれらの操作がスムーズにできません

Q.インカムとはなんですか?
A.インターコムとはインターコミニケーションシステムの略称とお考えください。
過去には有線式の通話装置でしたが近年では無線式の通話装置が主流です。

プッシュ&トーク方式の一方向通話のトランシーバーとは違い本機のように双方向で同時通話が可能です。
Bluetooth周波数を使った免許不要の電波を使用したデュープレックス(双方向通信)による会話のできる通信通話機能です。

Q.ヘルメットの内側へはどうやって取り付けますか?
A.付属の面ファスナー(ベルクロ/マジックテープ)で取り付けます。

機器本体には出荷時に貼り付けてありますのでヘルメット側に貼り付ける面ファスナーを取り外してヘルメット側の正しい位置に貼り付け、装着していただきます。

Q.フルフェイスヘルメットでの使用もできますか?
A.弊社内でも全員フルフェイスヘルメットに装着使用していますが、当然パッケージにあるようにジェットヘルメットでのご使用も可能です。
ただし雨天時にマイクが濡れると故障の原因となりますのでマイク部分を覆うようなシールド付をお勧めします。
フルフェイスでのボタン操作が必要な場合はチンガード下側から指先がマイク部分のボタンに届く位置にしてください。

Q.販売サイトの評価でミュージック再生において聞こえにくい音域があるとありますが。
A..以下の通りです。
・改善方法としては、再生曲のジャンルに合わせたスマートフォン側のイコライザー設定をお勧めします。
・ミュージックデータやスピーカーとの相性も考えられますが風切音などの影響も含みご了承ください。
・本機音量やプレーヤー側音量、取付位置の問題も考えられます。


Q.KR02シリーズは日本国内や海外で使用できる法的許可を得ていますか?
A.問題はありません。日本国内の認可及びヨーロッパでもご使用可能です。電波法により承認の無い製品をご使用の場合は罰せられる場合があります。また、無線免許をお持ちの方は特に罰則が重くなりますのでご注意ください。
もちろん付属の充電機器等もPSE承認された製品を使用しています。

Q.KR02とKR02iMICとの違いはなんですか?

A.シリーズのうち、KR02iMICにはインカム(無線通話機能)がありますがKR02には無線通話機能(インカム機能)はありません。

本体形状も同じですがKR02iMICには短いアンテナが付いています。

Q.KR02iMICの実際の有効通話距離はどれくらいですか?
A.システムの机上計算では500mになりますので500mと表記したいところですが当社では有効範囲として最大200〜300mとしています。
これは高速道路上で幾度のテストから割り出した直線距離になります。
開発コンセプトからこれで十分マスツーリングの先頭と最後尾で通話が成り立つスペックです。

他社の通話距離がスペックなのか有効距離なのかはわかりませんが私たちはこれで十分だと考えています。
完全に見失った仲間との連絡は電話通話を使えば十分に事が足ります。

これ以上離れるならスピードを上げるか落とすかして仲間の安全を確保しましょう。

Q.本製品による風切音のレベルはどうですか?
A.ヘルメットの外部に本体のある製品と違い本機は本体すべてヘルメット内に取り付けますので本来のヘルメットの風切り音レベルが上がることはありません。

Q.防水性能や耐衝撃性能はどうですか?
A.本製品はヘルメット内に取り付けるためヘルメット装着時直接に風雨にさらされることはありませんのでご安心ください。製品本体からヘルメット外部に接続コード等のヘルメット外部露出が無いのでぶつけたり擦れて断線といった不具合がありません。

Q.バッテリーの性能は?
A.・チャージャー/110/240V50/60H
・バッテリー/リチュームポリマー(リチュームイオン)-550mAH
・充電時間/3時間以内
・待機時間/240時間
・通話時間/8時間

・充電器アダプター含め日本国内の法律に準拠した規格

バッテリー、基盤すべてが本体スピーカー内に格納されています。

Q.ヘルメット内に収めて邪魔になりませんか?
A.厚みがわずか7mmです。レーシングヘルメット等一部のヘルメット形状で疑問はありますが全製品の装着テストは行っておりません。
個人における頭や耳の形状等による違いがありますがほとんどのユーザー様はジャストフィットというお声をいただいております。

清涼菓子のフリスクケースの厚みより1ミリ程度薄いのですがヘルメットとご自身の頭の形状によりフィーリングが違うのも事実です。

ユーザーには購入前にフリスクケースを自分のヘルメットに入れてみてテストされた方もいらっしゃいます。

多くの方はヘルメットをご自身の頭にあった正確なフィッティングをされていませんのでスペースにきちんと耳が収まっていることを確認し安全の為にもフィッティングしましょう。

Q.充電はどうやって行いますか?

A.付属のACアダプターとUSBケーブルにより行います。

本体(スピーカー部)に直接に接続するのではなくケーブルを接続しやすいようにスピーカー本体から伸びている短いUSBケーブルによりマイクロUSBコネクターが伸びていますので取り外すこともコネクターを探す手間も不要です。もちろん本体をヘルメットから外しての充電も簡単に行えます。

※ケーブルはヘルメット下に出るように本器を取り付けます。


Q.充電しながらの使用はできますか?

A.バッテリーの特性及び開発コンセプトからチャージングユース機能はありません。

ご心配の場合はモバイル用の充電用バッテリー(USBコネクター付)と本機に付属のUSBケーブルをお持ちいただくことで休憩時にチャージされている方もいらっしゃいます。


Q.無線通話機能(インカム)のないKR02でKR02同士の通話ができますか?

A.スマートフォンを中継として電話回線やインターネット回線でのコミニケーションが可能です。

その際、通信会社の無料通話サービスやインターネットサービスのLINE、Skype等をご利用の方もいらっしゃいます。

ただし回線によっては音声自動着信が使えない場合もあるようです。


Q.製品の生産はどこで行っていますか?

A.本製品は電子機器の生産にふさわしい台湾の電子機器メーカーで行っています。日本でも大きなシェアと信頼のある電子部品の多くは台湾で生産されます。

ファームウエアやOS含めご安心いただけます。

Q.KR02iMICは何人で通話ができますか?

A.1対1の通話です。通話機能はスマートフォンとペアリングせずに機器同士を直接にペアリングして通話が

できます。(KR02iMIC限定)またその際にそれぞれをスマートフォンとペアリングして電話回線機能を使用が可能です。

複数に対応させるほど機器も大きくなり操作も複雑でコストも上がり、当社の開発コンセプトから外れてしまいます。



Q.フォルムや機能的に魅力的なのですが知名度もなく価格も安いので不安です。

A.ですね、既にご購入くださいましたユーザー様も不安をいだきつつ・・・・

コンセプトはシンプルに簡単で誰にでも手頃な価格で使い易くすることでした。

かといって利益だけを追求し、安かろう悪かろうでは当社としても開発及び販売するつもりはありませんでした。

名前だけを変えた既製品ではなく、しっかりと製造段階での信頼性から検証してきました。

当社は大手の国内有名メーカー様のような知名度はありませんが実際に私たちが欲しい価格と機能を追求しました。

わずかづつですが評価を得る機会も多くなりました。



ご不安がございましたらお電話でのお問い合わせも大丈夫です。




注意事項

・走行中のご使用は危険を伴いますので速度と音量や交通ロケーションに十分注意してください。

・操作ボタンはソフトタッチで操作可能です。強く押える必要はありません。強すぎると故障の原因となります

・マイクアームはフレキシブルに曲がりますが樹脂製のマイク本体部分は曲がりません。

強い力が加わると破損の恐れがありますのでご注意ください。※マイクの破損は保証対象外です。

・バッテリーの交換はできませんのでご了承ください。
ページトップ