【2022年】アイスクリームディッシャーの選び方とおすすめ人気ランキング10選【色々なサイズや熱伝導タイプも】

ニシムラ

美容関係とキッチン雑貨が好きな二児の母です。実はライトゲーマー。わかりやすく、役立つ記事を目指しています。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

アイスクリームをすくって盛り付ける道具「アイスクリームディッシャー」。アイスクリームにはもちろん、ポテトサラダの盛り付けやお菓子作りなどにも活用できる便利なアイテムですが、たくさんの種類があるためどれがいいのか迷われている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、アイスクリームディッシャーの選び方とおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します。定番のスタンダードタイプやすくいやすいスクープタイプ、サイズ展開が豊富なものなども紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事でおすすめする商品

アイスクリームディッシャーの選び方

アイスクリームディッシャーを選ぶ際に重要な4つのポイントを見ていきましょう。

すくいやすさや盛り付けたい形に応じて、使いやすい「タイプ」を選ぼう

アイスクリームディッシャーは大きく分類して、スタンダードタイプとスクープタイプの2種類に分かれます。それぞれ構造に特徴があり、すくいやすさや盛り付けられる形が異なるため、用途に応じたものを選びましょう。

見た目にこだわりたいなら、アイスを丸くきれいに盛り付けられる「スタンダードタイプ」

出典:amazon.co.jp

アイスクリームディッシャーとしてメジャーな形状のスタンダードタイプは、丸くきれいな形に盛り付けられることが特徴。グリップの部分を握ると、すくう部分の内側に付けられた金具がワイパー状に動き、アイスクリームをはがして落とす仕組みになっています。

アイスクリームだけでなくポテトサラダをすくったり、計量スプーンのようにマフィンやクッキーなどお菓子作りに活用できるのもポイントです。構造の複雑さから洗いにくいことが難点ですが、食洗器対応のものなどもあるため、手間を省きたい場合はチェックしてみてくださいね。

力を入れやすく、固いアイスクリームでも楽にすくえる「スクープタイプ」

出典:amazon.co.jp

スプーンやヘラのようにシンプルな形状のスクープタイプは、冷凍庫から出したばかりの固いアイスクリームでもすくいやすいことがポイント。その多くが、熱伝導によってグリップ部分から手の温度がスクープ部分に伝わり、アイスを溶かしながら楽にすくえる構造になっています。

スタンダードタイプのように複雑なパーツがなく、継ぎ目のない一体型のものも多いため、洗いやすく衛生的なのもメリットです。スクープ部分にフッ素などのノンスティック加工が施されたものなら、すくったアイスクリームがはがれやすく、より便利に使えますよ。

食べる量や用途によって、すくえる「サイズ」もチェックしておこう

出典:amazon.co.jp

アイスクリームディッシャーにはさまざまなサイズがあり、小さいものなら10㏄前後~大きいものは130㏄程度まで数多く展開されています。家庭でアイスクリームを食べる際に使用するなら、50cc~80cc程度のサイズが使いやすいでしょう。

毎回均一の分量をすくえるため、小さめサイズのものはマフィン生地の計量や、ドロップクッキーなどのお菓子作りの際に便利です。ただ、ミートボールやシュウマイなどの生肉を扱う場合は、衛生的な観点からアイスクリームに使用するものと兼用しないように注意しましょう。

盛り付けを華やかに仕上げたい場合は、レモン型・俵型などの「形」にこだわって選ぼう

出典:amazon.co.jp

アイスクリームの盛り付けをおしゃれに仕上げたい場合は、アイスクリームディッシャーの形にもこだわって選びましょう。定番の丸形以外に、レモン型・俵型・三角のおにぎり型などもあり、すくって盛り付けるだけで一味違うデコレーションが楽しめます。

凝った形のものはスタンダードタイプがほとんどであり、丸形ほどサイズ展開が豊富ではありませんが、ひとつあればポテトサラダなどの料理の盛り付けにも活躍してくれますよ。

それぞれ重量・耐久性・すくいやすさが異なる「材質」も重要なポイント

出典:amazon.co.jp

アイスクリームディッシャーを選ぶ際には、材質も重要なポイントです。ステンレス製は丈夫で壊れにくく、サビに強いことが特徴。とくに継ぎ目が多く複雑な構造がネックのスタンダードタイプは、耐久力があり食洗器で洗えるタイプも多いステンレス製のものが重宝するでしょう。

熱伝導率の高いアルミニウム合金は、手の温度を利用してすくうスクープタイプと相性の良い材質です。プラスチック製は軽量で取り回しが良く、低価格であることがメリット。耐久性は劣りますが、ステンレスなどの金属製が重く感じる場合におすすめです。

アイスクリームディッシャーのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、通販サイトで人気のアイスクリームディッシャーの人気商品をランキング形式でご紹介します。有名店でも使用されているプロ仕様のモデルや、熱伝導で固いアイスクリームでも楽にすくえるタイプなども紹介していますので、ぜひ選ぶ際の参考にしてくださいね。

1位 Zeroll(ゼロール) アイスクリームスクープ 1020(デッパー #20)

詳細情報
サイズ:#20(全長180mm)
タイプ:スクープタイプ
材質:アルミニウム

有名店にも愛用されるプロ仕様のすくいやすさで人気

Zeroll(ゼロール)のこちらは、アルミニウム製のスクープタイプ。グリップ部分に封入された解凍液が手の温度をスクープ部分に伝える構造になっており、固いアイスクリームでも簡単にすくえることが魅力の商品です。

世界の有名店やプロにも愛用される使いやすさは、レビューなどでも高評価を得ています。アイスクリームをよく食べる方や、ストレスなくきれいにすくえるものを探している方におすすめです。

2位 遠藤商事 業務用 スペシャルデッシャー #14 fdt1205

詳細情報
サイズ:#14(φ60×220)
タイプ:スタンダードタイプ
材質:18-8ステンレス

‎豊富なサイズ展開と18-8ステンレス製が魅力

遠藤商事のスペシャルデッシャーは、プロ仕様の使いやすさで人気のスタンダードタイプ。すくう部分が内面ミラー仕上げの高級感と、サビに強く壊れにくい18-8ステンレス製もポイントです。

お菓子作りにも役立つ10cc・15㏄程度のミニサイズから、アイスクリームにぴったりの50cc・60㏄、最大では130ccなどサイズが豊富に展開されています。複数のサイズが欲しい方や、アイスクリーム以外の用途に使いたい方にもおすすめです。

3位 KITCHEN HOME(キッチンホーム) アイスクリームディッシャー 18-8(SUS-304)

詳細情報
サイズ:#8m〜#28
タイプ:スタンダードタイプ
材質:ステンレス

耐熱性・耐食性に優れたオールステンレス素材

スタンダードタイプのこちらは、耐熱性・耐食性に優れた材質である18-8(SUS-304)ステンレス製が特徴。衛生的で長持ちするプロ仕様が魅力の商品です。

10cc~110ccまでの豊富なサイズ展開は、アイスクリームだけでなく料理など幅広い用途に活用できます。しっかりとした高品質で長く使えるものを探している方におすすめです。

4位 佐藤金属興業 SALUS アイスクリームサーバー

詳細情報
サイズ:215x48mm
タイプ:スクープタイプ
材質:ステンレス

底までしっかりすくいやすい、丈夫で平らな形状

SALUS アイスクリームサーバーは、耐久性とサビにくさが魅力のステンレス製です。力を入れても変形しにくく、平らな先端でアイスクリームを底まですくいやすい形状になっています。

継ぎ目のない一体型で洗いやすく、衛生的に使用できることもポイント。ヘラ状で大皿料理の取り分けなどにも役立つ大きさなので、さまざまな用途で活躍してくれる商品です。

5位 Love-KANKEI(ラブ カンケイ) アイスクリームスクープ

詳細情報
サイズ:19.3*5.3cm
タイプ:スクープタイプ
材質:亜鉛合金メッキ、ゴム

継ぎ目のないデザインで衛生的、アイス以外の用途にも

Love-KANKEI(ラブ カンケイ)のこちらは、継ぎ目のないシンプルな形状が魅力のスクープタイプです。洗いやすく衛生的に使えるうえ、握りやすい滑り止めのゴムハンドルでしっかり力を入れてすくえることもポイントですね。

アイスクリーム以外にも、ポテトサラダの盛り付けやフルーツポンチの取り分け、味噌などの調味料をすくうなど、さまざまな使い方ができます。サビに強い亜鉛合金製であるため、長く使えるスクープタイプを探している方にもおすすめの商品です。

6位 和平フレイズ ジー・クック アイスディッシャー GC-201

詳細情報
サイズ:約6.9×3.7×21.8cm
タイプ:スタンダードタイプ
材質:ステンレス

丈夫なステンレス製と食洗器対応でお手入れも簡単

丸くすくえるスタンダードタイプのこちらは、耐久性が高くサビに強いステンレス製。アイスクリームだけでなく、ポテトサラダなどの料理の盛り付けやお菓子作りに活躍してくれるのもポイントです。

複雑な構造のスタンダードタイプに嬉しい食洗器対応となっており、手間をかけず衛生的に使用できます。使いやすい定番のアイスクリームディッシャーを探している方にぴったりの商品です。

7位 THAT(ザット) ザットアイスシルバー SCO21S

詳細情報
サイズ:38 x 67 x 189 mm
タイプ:スクープタイプ
材質:アルミニウム・ポリプロピレン

手からの熱伝導によってアイスを簡単にすくえる

計量スプーンのように丸い形のこちらは、手から伝わる温度によって楽にすくえる熱伝導タイプです。手の温度がハンドル内の支柱とジェルから先端のスクープ部分に伝わり、アイスクリームを溶かしながら軽い力ですくえます。

すくったあとにスクープ部分からも離れやすく、丸くきれいな形を簡単に作れるのが魅力。スクープ部分の容量は少し小さめになっているため、子どものおやつなどにもぴったりのサイズにすくえますよ。

8位 Sampo(三宝産業) ユキワ アイスクリームスクーパー

詳細情報
サイズ:220mm
タイプ:スクープタイプ
材質:アルミ

衛生的な一体型と熱伝導率の高いアルミ製がポイント

ユキワ アイスクリームスクーパーは、シンプルで洗いやすい一体型の形状です。熱伝導率の高いアルミの本体が手の温度をスクープ部分に伝えて、アイスクリームを溶かしながら簡単にすくえる構造になっています。

スコップのように幅広のスクープ部分は、一度にたくさんすくえることもポイント。業務用の調理器具を扱うメーカー製であるため、使い勝手の良さにこだわる方にもおすすめの商品です。

9位 貝印 Kai House SELECT プッシュ式らくらくアイスディッシャー DH7347

詳細情報
サイズ:49 x 205 x 40 mm
タイプ:スクープタイプ
材質:亜鉛合金(ニッケルメッキ)

すくったアイスをレバーで押し出し、簡単に盛り付け

スクープタイプのこちらの商品は、ハンドル部分のレバーを動かすことですくったアイスクリームを押し出す仕組みが特徴。しっかり力を入れやすい形状ですくいやすく、盛り付けも簡単にできることが魅力です。

スクープ部分はサビに強い亜鉛合金になっており、本体と操作部分のレバーは分解できるため、しっかり洗えて衛生的に使用できます。盛り付けが簡単にできるスクープタイプが欲しい方にぴったりの商品です。

10位 GSホームプロダクツジャパン 18-8 レモン型 アイスクリームディッシャー #16

詳細情報
サイズ:#16(頭部64×50mm)
タイプ:スタンダードタイプ
材質:#16

おしゃれに盛り付けたいシーンにおすすめのレモン型

こちらはすくう部分が通常の丸形ではなく、レモン型が特徴の商品です。お店のデザートプレートのようにアイスクリームを盛り付けられるほか、スイートポテトなどお菓子作りの成形にも役立ちます。

食洗器の使用が可能なのが、複雑な形状のスタンダードタイプに嬉しいポイント。丈夫で壊れにくい18-8ステンレス製であるため、衛生的に長く使えます。アイスクリームの盛り付けにこだわりたい方におすすめの商品です。

おすすめの商品一覧

製品最安値評価リンク

Zeroll(ゼロール) アイスクリー……

1

3,579円

4.15

遠藤商事 業務用 スペシャルデッシ……

2

1,144円

4.3

KITCHEN HOME(キッチンホーム) ……

3

1,128円

4.58

佐藤金属興業 SALUS アイスクリー……

4

693円

4.5

Love-KANKEI(ラブ カンケイ) ア……

5

1,642円

4.3

和平フレイズ ジー・クック アイス……

6

1,936円

4.8

THAT(ザット) ザットアイスシル……

7

2,508円

4.44

Sampo(三宝産業) ユキワ アイス……

8

2,722円

5

貝印 Kai House SELECT プッシュ式……

9

1,009円

4.57

GSホームプロダクツジャパン 18-8 ……

10

1,474円

2.9

より使いやすくきれいに盛り付けられる、アイスクリームディッシャーの使い方のポイントをご紹介

出典:amazon.co.jp

固いアイスクリームを無理にすくおうとすると、アイスクリームディッシャーが破損してしまう場合も。事前に冷凍庫から出して少し柔らかくしておいたり、すくう度にアイスクリームディッシャーをお湯で温めるとすくいやすくなり、余計な力を込めずに済みます。

また、アイスクリームをコーンに盛り付けたい場合は、自立させられるコーンスタンドを準備しておくと便利です。とくにホームパーティーなどでコーンアイスをたくさん作る機会がある方は、アイスクリームの置き場所に困らないように複数用意しておくのがおすすめですよ。

まとめ

アイスクリームディッシャーを選ぶ際には、すくいたい形状とすくいやすさに応じて、スタンダードタイプやスクープタイプの形状を選びましょう。食べる量や用途にあわせたサイズや、丈夫さ・使いやすさが異なる材質を選んだり、盛り付けにもこだわるなら形も重要なポイントです。

コーンや器にアイスクリームを盛り付ける際に便利な「アイスクリームディッシャー」。ぜひこの記事を参考にして、あなたにぴったりで楽しく簡単に盛り付けできるアイスクリームディッシャーを見つけてくださいね。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

ニシムラ

美容関係とキッチン雑貨が好きな二児の母です。実はライトゲーマー。わかりやすく、役立つ記事を目指しています。