食器用洗剤の選び方とおすすめ人気ランキング10選【手に優しいものもなども紹介】

yuuden1116

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1

食器用洗剤をなんとなく選んでいませんか?掃除用洗剤などと違い、食器用洗剤は「どれを使っても大体同じ」というイメージも強いのではないでしょうか。実は、食器用洗剤はこだわりの成分を配合したものや消臭など洗浄以外の機能を兼ね備えたものが展開されていて、それぞれ大きな違いがあります。

本記事では、薬局などで買える市販の食器用洗剤を中心に、その選び方やおすすめのランキングを紹介します。ぜひ洗剤選びの参考にしてください。

この記事でおすすめする商品

選ぶべき食器用洗剤とは?

出典:amazon.co.jp

食器用洗剤には「とにかく頑固な油汚れに強いタイプ」や「肌をいたわるタイプ」「地球にやさしいタイプ」などの種類があります。それぞれの商品の特徴を把握し、自分が求める機能をもった洗剤を選びましょう。

食器用洗剤の選び方

食器用洗剤を選ぶ際に注目したいのは、まずはその洗浄力。そのほか食器洗いによる手荒れに配慮されたものや環境への影響といった部分です。まずはそれぞれのポイントについて、詳しく紹介していきます。

液性の特徴で選ぶ

食器用洗剤には大きく分けて「弱アルカリ性」「弱酸性」「中性」の3つのタイプがあります。食器用洗剤を選ぶ際、あまり気にしたことがないかもしれませんが、この3つの液性はそれぞれ特徴が大きく異なります。どのような汚れが多いかご自身の家庭に合ったものを選びましょう。

強い油汚れも落とせる「弱アルカリ性」

出典:amazon.co.jp

「弱アルカリ性」は油汚れに強いという特徴があります。食器用洗剤の中でも「油汚れに」と謳われているものはこのタイプであることが多いです。弱アルカリ性の洗剤は、洗浄力が非常に高く、何度もこすり洗いしなくてもサッとこすり流すだけできれいになるというメリットがあります。その分、手肌への刺激は少し強めというデメリットもあります。

洗浄力は劣るが手に優しい「弱酸性」

出典:amazon.co.jp

「弱酸性」タイプの食器用洗剤は「弱アルカリ性」に対して洗浄力は劣ります。ただし、一般的な食器洗いとしては十分な洗浄力を持っています。しつこい油汚れなどには不向きかも知れませんが、家庭で出る洗い物なら通常はストレスなく汚れを落とすことが可能です。

大きなメリットとしては、弱アルカリ性の食器用洗剤に比べて手肌に優しいということです。敏感肌などで手肌への刺激が気になる方は、弱酸性のものを選ぶことをおすすめします。

洗浄力と肌負担のバランスが取れた「中性」

出典:amazon.co.jp

「弱アルカリ性の洗浄力」と「弱酸性の手肌へのやさしさ」の間を取った「中性」洗剤もあります。一般的な洗剤として「中性洗剤」は非常にメジャーな洗剤です。洗浄力・手肌へのいたわりともに、弱アルカリ性や弱酸性ほどではありませんが、その間をうまくとったバランスの取れたタイプの洗剤です。

洗浄力以外の機能で選ぶ

食器用洗剤に求められるのは、洗浄する機能だけではありません。除菌力や洗い終わった後の水切れの速さなども、それぞれ食器用洗剤によって異なります。洗浄力以外の機能にはどのようなものがあるのか、詳しく紹介していきます。

除菌効果があると安心

出典:amazon.co.jp

よくテレビCMなどでも謳われていますが、食器だけでなくスポンジやまな板、ふきんなどの除菌ができるタイプが人気です。洗剤を付けて一晩寝かせるとそのスポンジ自体にこびりついた菌を除菌してくれるというものです。きれいにするためのスポンジやふきんに菌がついていたら意味がありませんから、除菌ができるタイプの食器用洗剤で定期的に除菌すると安心です。

家事の時短につながる速乾性

出典:amazon.co.jp

食器用洗剤によって、洗い終わった後の水切れのスピードが違うことをご存知でしょうか。洗い終わって水切り台に置いてから完全に乾くまでどれくらい時間がかかるかは、食器用洗剤によって変わってきます。これがすぐに乾くようであれば、早く食器棚に戻す直すことができるので家事の時短につながります。食器用洗剤を選ぶときには、速乾性にも注目しましょう。

泡立ち・泡持ちの良さで洗いやすさも向上

出典:amazon.co.jp

スポンジにも影響されしますが、食器用洗剤の泡立ちが悪いと洗剤を追加してばかりでもったいないことになります。泡立ちがよく、さらにたくさん洗っても泡持ちがいいものなら1度洗剤をつけるだけで多くの食器を洗えるので非常に効率的です。食器用洗剤を選ぶ要素として、泡立ちや泡持ちの良さも非常に重要です。

コスパの良さもチェック

出典:amazon.co.jp

食器用洗剤は毎日使うものです。そのため、コスパにも注目しましょう。詰め替え用やお得パックがあるものなら比較的安く手に入れることができます。値段が高いものはそれなりに良いものが多いですが、朝・昼・晩毎日使うものなので、値段にも注目したいところです。

配合成分で選ぶ

同じように見える食器用洗剤でも、それぞれメーカーやブランドによって配合成分は異なります。洗浄力の高さのキーとなる界面活性剤の量や、手肌をいたわる保湿成分が入っているものなど配合成分にも注目して選んでみましょう。

界面活性剤の数値が高いと洗浄力も抜群

出典:amazon.co.jp

界面活性剤というのは、シャンプーなどにもよく使われる主に洗浄を目的とした成分です。この数値が高ければ高いほど洗浄力は高いという目安になります。界面活性剤の数値は、洗剤のボトル裏などに記載されいてますから「とにかく洗浄力が高いものが欲しい」という場合は、この数値が高いたかいものを選ぶといいでしょう。

保湿成分配合なら手に優しい

出典:amazon.co.jp

毎日食器洗いをしているとどうしても手荒れが気になります。食器用洗剤の中には、独自の保湿成分が配合されたものが展開されています。うるおい植物エキスなどを配合し、食器洗いによる手荒れを最小限に抑えるよう工夫されていて、あかぎれやかさつきなど手肌の荒れが気になる方はしっかりチェックしましょう。

環境にやさしい天然由来成分

出典:amazon.co.jp

食器用洗剤の中には、植物性の天然由来成分でできているものも数多く展開されています。代表的なものとして「ヤシノミ洗剤」などが挙げられます。植物原料の中性洗剤で、すすぎ後の水は、微生物によって水と二酸化炭素に分解されます。ヤシノミ洗剤に限らず、地球環境に優しい天然由来成分の食器用洗剤にも注目してみましょう。

ボトルタイプで選ぶ

食器用洗剤を使用する際、ボトルの形状にも注目です。ボトルの形やキャップの種類によって使い勝手が大きく変わってくるからです。キャップ式で使用時に開けなければならないものや、プッシュしたら出てくるもの、さらに片手で出せるものなどさまざま。自分が使用しているのを想像してみて、好みに合ったボトルを選びましょう。

もっとも主流なスクイーズボトル

出典:amazon.co.jp

食器用洗剤の中でもっとも主流なのがこちらのスクイーズボトル。ボトルをひっくり返して、本体をギューっと押すと先端から洗剤が出る仕組みになっています。小さな穴から細く洗剤が出てきて、手の押し加減によって簡単に出す量の調整ができるため非常に便利で現在ではメジャーなボトルとして人気です。

プッシュで出てくるディスペンサーボトル

出典:amazon.co.jp

ディスペンサータイプの洗剤も人気です。ディスペンサータイプのボトルの嬉しいところは、たくさん入るものが多いことと、デザイン性に優れているということ。おしゃれに使用するためにわざわざディスペンサータイプに詰め替える人もいるほどです。安定しておくことができるデザインが多く、子供がお手伝いをしてくれる家庭などにもおすすめです。

隙間まで行き届くスプレーボトル

出典:amazon.co.jp

霧吹きと同じ要領で、洗剤をスプレーを振りかけるタイプのボトルです。スプレーのいいところは、スポンジが入り込みにくい部品のすきまなど、あらゆるところまで泡が行き届くということです。

また、油汚れが集中しやすいお弁当箱の四隅などにも皿洗いの前にシュッとしておくと、後々の洗い物が非常に楽になります。他のスクイーズタイプのものと合わせてスプレーボトルのタイプを併用している人も少なくありません。

ひっくり返すひと手間が要らない逆さボトル

出典:amazon.co.jp

通常のスクイーズボトルだと、洗剤が出る部分が上にあるため、洗剤をスポンジに乗せる載せる際180度回転させる必要があります。逆さボトルであれば、そもそも洗剤の出口が下についているので、180度回転させる手間が要りません。洗剤を取ってスポンジの上でぎゅっとボトルを握るだけで素早く洗剤を出すことができます。

下に洗剤の出口がついていると「液だれするのでは」と心配になるでしょうが、独自のボトル設計を採用しており、故意に洗剤を出そうとボトルを絞らなければ洗剤は出てこないので安心してください。

香りやボトルデザインにも注目

出典:rakuten.co.jp

洗剤にはフローラルな香りのついたものや、逆に食器へのにおい移りを気にして無香料のタイプがあります。ご自身の気分や好みに合わせて、洗剤選びの際には香りもチェックするようにしましょう。

また、おしゃれなオープンキッチンを使っている場合は、ボトルがおしゃれなものがいいという方も少なくありません。洗剤としての質はもちろんのこと、ボトルデザインにもこだわった洗剤も展開されていますので、チェックしてみましょう。

食器用洗剤のおすすめ人気ランキング10選

では、ここからは食器用洗剤のおすすめランキングを紹介していきます。洗浄力重視のものや、地球にやさしいものまで幅広くランクインしています。どれも市販のものばかりで、手軽に手に入るものが多いのでぜひ参考にしてください。

1位 ジョイ コンパクト 食器用洗剤

詳細情報
液性:ー
内容量:190ml
ボトルタイプ:ー

まな板・スポンジ・ふきんまで除菌が可能

テレビCMでもおなじみの、除菌ができるJOY。弱アルカリ性の洗剤で油汚れに非常に強く、日々の食器洗いを楽にしてくれます。また、スポンジやまな板などの除菌をはじめ、排水溝につけておけばヌメり取りまでできる優れもの。

食器洗いのさまざまなシーンで幅広く活躍します。17年連続売り上げNO1を記録し多くの人から長く愛されている洗剤です。油ものをよく使うご家庭などにおすすめです。

2位 ライオン CHARMY Magica 除菌+

詳細情報
液性:ー
内容量:220ml
ボトルタイプ:ー

油汚れをナノレベルで分解しサラサラ落とす

しつこい油汚れをナノレベルで分解するので、さっとこするだけで油汚れがみるみる落ちていきます。独自の油分解技術を採用し、分解が早いので洗い始めから終わりまでスピーディーにこなせます。節水にもつながるので嬉しいですよね。

もちろん、まな板やふきん・スポンジの除菌も可能でいつでも台所周りを清潔に保つことができます。共働きなどで洗い物をササっと終わらせたい人におすすめ。

3位 キュキュット ハンドマイルド カモミール

詳細情報
液性:中性
内容量:230ml
ボトルタイプ:ー

手に優しいタイプで手荒れが気になる方におすすめ

独自の手にうるおい洗浄成分を配合した手に優しい洗剤です。毎日食器洗いをしていると手荒れが気になりますよね。でも食器洗いを全くしないわけにはいきません。こちらの商品は「食器洗いをしながらハンドケアをする」という新しい発想の洗剤です。

カモミールの香りがほんのりと香り、気持ちよく食器を洗うことができます。洗い物による手肌へのダメージが気になる方にとくにおすすめです。

4位 arau.(アラウ) 台所用せっけん 無添加

詳細情報
液性:ー
内容量:400ml×3
ボトルタイプ:ー

無添加せっけんで手肌に優しいのにしっかり洗い上げる

アトピーや敏感肌の人にも人気のarau.シリーズのから食器用洗剤が出ました。無添加で作られ、さらにシソ葉エキス&アロエエキス手肌へのいたわりにこだわりぬいた洗剤です。もちろん、油汚れもしっかり落とし洗浄力は申し分ないです。

泡切れがよく、すすぎもさっと早くできるので節水・時短になりダブルで大助かりです。食器洗いは毎日のことなので、肌へのいたわりを大切にしたい方にとてもおすすめです。

5位 キュキュット CLEAR泡スプレー 無香性

詳細情報
液性:中性
内容量:300ml
ボトルタイプ:スプレー

サッと泡を吹きかければ食器の隅まで洗剤が届く

スプレータイプのキュキュットは、泡を吹きかけて1分待つだけでしつこい油汚れもするっと落ちる優れもの。お弁当の容器や料理中に使ったものなど、すぐに洗わないものにスプレーしておくだけでもそのあとの食器洗いが抜群に楽になります。

泡だからこそ、容器の付け根などスポンジが届きにくいところにまで入り込み、隅々まできれいにできるのがうれしいですね。水筒やお弁当などを洗う機会が多いご家庭におすすめです。

6位 P&G ジョイコンパク ト W消臭 フレッシュクリーン

詳細情報
液性:中性
内容量:175ml
ボトルタイプ:ー

ファブリーズと共同開発で洗浄力はもちろん消臭まで

JOYの洗浄力とファブリーズの消臭力をどちらも兼ね備えた食器用洗剤。魚やカレーのあとなど食器ににおいがこびりついてしまうことってよくありますよね。この洗剤なら、汚れはもちろん洗いあがりに残る嫌なにおいまで除去してくれ、次の食事に影響しません。

もちろん、皿だけでなく鍋やグリルなどにも使用できるので、さまざまなシーンで大活躍します。においのつきやすい魚料理やカレーなどが多いご家庭はぜひ試してみてください。

7位 チャーミー 泡のチカラ 手肌プレミアム

詳細情報
液性:中性
内容量:240ml
ボトルタイプ:ー

手肌へのいたわりと洗浄力を両立させた食器用洗剤

ローズヒップの香りが癒しを与えてくれる「チャーミー 泡のチカラ」は、独自の技術で手肌もいたわる仕様になっています。油汚れをしっかり落としつつ、手肌への刺激を最小限にブロックする独自技術を用い、手肌に優しい中性洗剤です。

スポンジ除菌も可能なので、日々の清潔にこだわりつつ手肌もいたわりたい方におすすめの商品です。

8位 ecover エコベール カモミールの香り

詳細情報
液性:中性
内容量:450ml×2
ボトルタイプ:ー

植物由来の洗剤で地球にも手肌にも優しい洗剤

植物由来の洗浄成分を採用し、肌へのやさしさと洗浄力を両立させた食器用洗剤です。香料や着色料も無添加で低刺激タイプなので、手肌が荒れやすい人におすすめ。植物性由来の成分でありながら洗浄力は他の洗剤に負けず劣らず。

さらに、100%再生プラスチックを使用しており、手肌だけでなく地球にも優しい食器用洗剤をお探しの方にもおすすめです。

9位 サラヤ ヤシノミ洗剤 野菜・食器用

詳細情報
液性:中性
内容量:500mL
ボトルタイプ:ポンプ

昔ながらのエコ洗剤で流した後の水さえも綺麗に

その名の通り、ヤシノミ由来の成分で洗浄する地球にも手肌にもお優しい植物性の食器用洗剤です。香料や着色料は全て無添加で、肌へのやさしさにこだわりぬいた食器用洗剤です。

また、なんと洗浄後の排水は微生物によって水と二酸化炭素に分解されるようになっています。地球にと手も優しいエコロジーな商品で、長年の愛用者も非常に多い洗剤です。毎日使うものだからこそ、地球環境に優しいものを求める方におすすめです。

10位 method(メソッド) 食器用洗剤 シーミネラルズの香り

詳細情報
液性:中性
内容量:532ml
ボトルタイプ:ポンプ

ボトルがおしゃれでお皿洗いの気分も上がる

スタイリッシュなシルエットにおしゃれなカラーのデザインボトルで、キッチンのインテリアとしても魅力的な食器用洗剤。ココナッツ・トウモロコシなどの植物由来の洗浄成分で手肌にも地球にも優しい仕上がりに。

もちろん、使用後流された泡は分解され自然に戻っていきます。シルクのような泡立ちでしっかり油汚れを落としつつ、エコロジーな洗剤です。食器用洗剤のボトルにもおしゃれさが欲しいという方はぜひチェックしてみてください。

食器洗いによる手荒れ防止の方法

手肌へいたわり効果の期待できる洗剤も展開されていますが、それでも毎日朝・昼・晩と洗い物をしていたら、手荒れが気になりますよね。食器用洗剤による手荒れは、指のしわに沿って割れてしまうなど、日常生活でも気になるくらい痛いです。食器洗いによる手荒れ防止の方法についても紹介していきます。

食器洗い時は手袋をつける

出典:amazon.co.jp

少し面倒かもしれませんが、食器洗いの際には手袋を付け、直接洗剤を触らないようにするのが一番です。手首までのコンパクトなタイプから、肘のあたりまでカバーできるタイプなどさまざまな商品が展開されていますので、好みに合わせて使ってみましょう。食器洗いが終わったら、手袋自体も綺麗に洗いしっかり干して乾燥させましょう。

食器洗い後は乾燥する前にハンドクリームを付ける

出典:amazon.co.jp

食器洗いが終わった後には、必ずハンドクリームをつけて手指の水分が抜けてしまわないように気を付けましょう。食器用洗剤は、あんなに頑固な油まで落とすわけですから当然手指の油分も取ってしまいます。

肌には適度な量の油分がないと、どんどん肌から水分が抜けてしまい乾燥する一方です。乾燥するとかゆみが出て、そこからあかぎれなどの肌トラブルにつながります。食器洗い後にはしっかり保湿をしましょう。

食器洗いを楽にする方法

ここからは食器洗いを楽にする方法について紹介します。食器用洗剤の洗浄力だけに頼らず、ちょっと生活の仕方を変えたり、工夫したりするだけで食器洗いはぐんと楽になります。ぜひ試してみてください。

洗いものを重ねない

出典:amazon.co.jp

洗い物はできるだけ重ねないようにしましょう。食器を重ねることによって油汚れが付く面が増えてしまうからです。つまり、食器を重ねるということは、自分で自分の仕事を増やしてしまっている状態。食器を運ぶときなどにやってしまいがちですが、洗い物は重ねないようにしましょう。

洗い桶を活用し汚れを浮かしておく

出典:amazon.co.jp

少し場所を取りますが、昔ながらの洗い桶は長年愛されてきただけあり、水をはった洗い桶に洗い物をいれておくだけでも、そのあとの洗い物は非常に楽になります。洗い桶の水の中に、数滴食器用洗剤を入れておくとさらに効果的です。

洗剤は適量を使用する

出典:amazon.co.jp

洗剤の裏面には適量が記入されていますので確認してみましょう。適量を守ることで、スポンジに対する泡立ちがより効果を発揮することができるうえに、洗い流しが楽になります。洗剤をつけすぎるとすすぎの時間も長くなり、水も余分に使ってしまうことになるので要注意。

汚れの少ないものから順番に洗う

出典:amazon.co.jp

例えばお茶のコップとカレー皿を洗う際、コップから洗う人がほとんどだと思います。カレー皿から洗うと、カレーの油分がスポンジについてしまい、コップを洗うときに洗っているつもりがカレーの油をこすりつけているようになってしまうことも。

それと同じで、基本的に汚れの少ないものから順番に洗うことをおすすめします。スポンジを洗う手間も省けますし、その分少量の洗剤で食器洗いが完了します。

おすすめの商品一覧

製品最安値評価リンク

ジョイ コンパクト 食器用洗剤

1

199円

4.2

ライオン CHARMY Magica 除菌+

2

141円

4.5

キュキュット ハンドマイルド カモ……

3

164円

4.67

arau.(アラウ) 台所用せっけん 無……

4

821円

5

キュキュット CLEAR泡スプレー 無……

5

378円

4.8

P&G ジョイコンパク ト W消臭 ……

6

129円

4.64

チャーミー 泡のチカラ 手肌プレミ……

7

170円

4.4

ecover エコベール カモミールの香り

8

862円

4.2

サラヤ ヤシノミ洗剤 野菜・食器用

9

268円

4.12

method(メソッド) 食器用洗剤 シー……

10

268円

まとめ

食器用洗剤の選び方とおすすめ人気ランキングいかがでしたでしょうか。今回紹介してきたように、実は食器用洗剤には手荒れ防止や除菌などさまざまな機能がついています。

また、油汚れに強いタイプから、洗浄力はそれに劣りながらも地球にやさしいものなどその種類は非常に幅広く展開されています。お伝えしてきたことを参考に、ぜひご家庭に一番マッチした食器用洗剤を選んでください。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1

yuuden1116