子供乗せ自転車用防寒グッズの選び方とおすすめ人気ランキング10選【可愛いポンチョタイプも】

p.writer

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

子供乗せ自転車用防寒グッズは、自転車に乗っている子どもを寒さから守ってくれるとても便利なアイテム。ブランケットタイプやポンチョタイプ、シートタイプやレインカバータイプなど、さまざまな種類が販売されています。

そこで今回の記事では、子供乗せ自転車用防寒グッズの選び方とおすすめ人気ランキング10選をご紹介します。自宅でも洗濯できるのか、前と後ろのどちらに乗せるのかなど、さまざまな点から目的に合った商品を見つけていきましょう。

この記事でおすすめする商品

子供乗せ自転車防寒グッズの選び方

ここからは様々な種類がある子供乗せ自転車用防寒グッズの選び方を紹介します。使いやすさやお手入れのしやすさなど、タイプ以外の機能面についても紹介していますので、参考にしてください。

タイプで選ぶ

子供乗せ自転車の防寒グッズには、「ブランケットタイプ」「ポンチョタイプ」「シートタイプ」「レインカバータイプ」「部分防寒タイプ」の5つのタイプがあります。各タイプごとに特徴があるので、それぞれ見ていきましょう。

全身を覆えるブランケットタイプ

出典:amazon.co.jp

さっと羽織れるブランケットタイプの製品は、子供に簡単に着せられるのが魅力です。忙しい朝でも時間をかけずに寒さ対策が可能。全身をしっかりと覆ってくれるものを選べばしっかりと保温してくれます。

また、ブランケットの裾が自転車のタイヤやチェーンに巻き込まれないように、クリップやゴムなどでシートに固定できるタイプの製品がおすすめ。スナップボタンやファスナーなどで長さを調節できる製品もあるので、子どもの成長に合わせて調節でき、長い期間使用できます。

着脱簡単で可愛らしいポンチョタイプ

出典:amazon.co.jp

子供にすっぽりとかぶせて使えるのがポンチョタイプ。ブランケットタイプよりも手軽に子供に着せることが可能です。ポンチョを着たまま歩くこともできるので、送迎バスの待ち時間に防寒用にも重宝します。

ただし、ブランケットタイプと同じく裾の巻き込みに注意してください。自転車に乗るときにポンチョを使用する場合は、裾の長さをスナップボタンなどで調節できる製品を選びましょう。

敷くことで冷たい風から背中を守るシートタイプ

出典:amazon.co.jp

自転車に取り付けているチャイルドシートは、座った瞬間はとても冷たいため、中には嫌がるお子さんもいます。そんなときには、中綿が詰め込まれているシートタイプの防寒グッズがおすすめ。防寒性はもちろん、座り心地も抜群です。

シートタイプを選ぶ際には、固定用のベルトが装備されているか、しっかりと自転車に固定できるかをチェックしましょう。走行中にシートがずれてしまうと落下の危険性があるので注意してください。

また、走行中の振動でシートがずれてしまう可能性もあります。こちらは、シートの裏面に滑り止め加工がされているものを選ぶことで予防できます。

雨天時に活躍するレインカバータイプ

出典:amazon.co.jp

一般的にレインカバーは雨の日に使用するものですが、中には防寒性を備えているものもあります。水を通さない素材で作られているため、冬の冷たい風をシャットアウトすることが可能です。

ただ、レインカバータイプの製品は自転車にしっかりと固定する必要があるため、自転車の寸法や形状をチェックして、使用できるかどうかを購入前によく確認しておきましょう。

また、レインカバーは屋根があるので子供が大きくなると使えなくなってしまいます。なので、長い期間使いたい場合は高さ調節ができる製品を選びましょう。

集中的に暖める部分防寒のクッション・ハンドルカバータイプ

出典:amazon.co.jp

チャイルドシートの座面や、ハンドルに装着できる防寒グッズも販売されています。こちらのタイプの製品は、前述したブランケットタイプやポンチョタイプの製品との併用も可能です。

チャイルドシートに直接敷いて使うクッションタイプの防寒グッズは、おしりの部分が冷たくなるのを防ぐほか、座り心地もよくなります。自転車用に作られたものであればベルトなどでしっかりと固定できるので、ズレてしまうこともありません。

ハンドルカバータイプの防寒具は、手袋の代わりに手軽に使用できる便利なアイテム。朝の忙しい時間に子供が手袋をつけさせる手間を省くことができます。また、手袋のように片方だけ落としてしまうような心配もありません。

お家で丸洗いできるものが便利

出典:rakuten.co.jp

子供乗せ自転車防寒グッズは屋外で使用するため、汚れることも多いでしょう。そのため、家庭で丸洗いできるかどうかも重要なポイントになります。ブランケットやポンチョタイプの製品は薄手の製品が多いので、家で洗える製品が多いです。

しかし、中に中綿がつまったシートタイプやクッションタイプの製品は厚手のため洗えないタイプも。購入前に洗濯可能な商品かどうか確認しましょう。中には汚れがつきにくい撥水素材で作られたものやドライクリーニングが可能なものもあります。

急な雨にも安心な撥水加工タイプも

出典:amazon.co.jp

撥水加工が施されている素材で作られた製品であれば、急な雨にも慌てずに済みます。フードがついているタイプのポンチョであれば、簡単な雨合羽のように使うことも可能。また、撥水加工によって汚れがつきにくくなるメリットもあります。

シートタイプやクッションタイプの製品も撥水加工されていると便利。お手入れを簡単に済ませたい場合は、撥水加工されている製品がおすすめです。

ただし、雨水を完全にシャットアウトするためには「防水加工」が必要です。大雨の日に防寒グッズを使用する場合は、屋根のあるレインカバーやレインポンチョなどと併用しましょう。

前乗せ用・後ろ乗せ用の確認は必須

出典:amazon.co.jp

自転車に取り付けるチャイルドシートは、前に取り付けるタイプと後ろに取り付けるタイプの2種類があります。それぞれ作りが異なるので、間違えた選び方をすると防寒グッズの固定が甘くなり、落下事故につながる危険性があります。

前に取り付けるシートの場合は、子供に冷たい風が直接当たってしまうことを考慮しましょう。レインカバータイプの製品であれば、冷たい風をシャットアウトすることが可能です。

後ろに取り付けるシートは、シートと車輪の距離が近いので、防寒グッズを車輪に巻き込んでしまわないよう注意が必要です。特にブランケットタイプやポンチョタイプの製品を購入する場合は、しっかりと裾を調節できるタイプの製品を選んでください。

子供乗せ自転車防寒グッズのおすすめ人気ランキング10選

ここからは子供乗せ自転車防寒グッズのおすすめ人気ランキング10選をご紹介します。商品を購入するにあたって、さまざまなアイテム情報を事前に入手して自分に最適なものを選ぶ眼を鍛えておきましょう。

1位 Kamiojapan(カミオジャパン) 自転車専用防寒ポンチョ 75573

詳細情報
タイプ:ブランケット
サイズ:着丈70cm
素材:ポリエステル

前乗せ・後ろ乗せ両方使用可能!利便性の高いアイテム

ドット柄がかわいいカミオジャパンの防寒ポンチョは、装着する自転車の車種を選びません。シンプルな作りで、自転車の前乗せ、後ろ乗せの両方に対応しています。装着も簡単で、ヘルメットやシートベルトをしたまま上からスポッとかぶせるだけでOKです。

手洗いが可能なので、汚れても洗いながら長く使えます。前乗せ・後ろ乗せ両方に対応した商品をお求めの方には、手洗いもできる本商品をぜひチェックしてください。

2位 OGK技研 うしろ子供のせ用ブランケット BKR-001

詳細情報
タイプ:ブランケット
サイズ:-
素材:ナイロン/ポリエステル

家庭で洗濯可能なのでいつでも清潔!

こちらは自転車の後ろに装着する、着る毛布タイプの防寒グッズです。OGK製の後ろ用のチャイルドチェアーに使用できます。内側がフリース素材になっているために保温性が高く、外側は防水性のあるナイロン素材なので多少の雨風は通しません。

また、洗濯機が使用可能でお手入れ簡単。清潔な状態を維持したい方やすぐに汚れてしまう恐れがある方は、ぜひチェックしましょう。

3位 YAMAHA(ヤマハ) OGK技研 リヤチャイルドシートブランケット QQ1OGGY02F48

詳細情報
タイプ:ブランケット
サイズ:-(首元まで包む)
素材:-

首元までしっかり保温!防寒性の高いアイテム

こちらは子供の首元までしっかりと包んでくれる保温性の高いブラケット。チャイルドシートごと包むつくりなので、非常に防寒性が高くなっています。

また、ファスナーが大きく開くので子供を乗せたり降ろしたりするのも簡単。お手入れもとても簡単で、ご家庭で洗濯可能です。

4位 DORACO(ドラコ) ブランケット Blanket-m

詳細情報
タイプ:ブランケット
サイズ:丈72~74cm
素材:ナイロン100%/ポリエステル100%/綿57%/レーヨン35%/ナイロン100%

コンパクトに収納可能!持ち運びも簡単

手軽に使えるポンチョタイプの防寒グッズ。首元に大きめのマジックテープが使われていて、ワンタッチで簡単に着脱できます。内側にはボア素材が使われているので、保温性も抜群。表地はナイロン素材で、暴風、軽撥水機能が備わっています。

また男女ともに使えるユニセックスデザインや、1〜6歳まで使えるサイズ設計など、長く使えるデザインも魅力です。男女のお子さんに使用を検討しているまたはなるべく長期間使えるアイテムをお探しの方におすすめです。

5位 stallion(スタリオン) 自転車専用防寒ポンチョ 95cm

詳細情報
タイプ:ブランケット
サイズ:95cm
素材:-(内側はボア素材)

撥水加工で子どもたちを雨風から守る!

シートベルトをしたままスポッと被せるだけで着用させられるポンチョタイプ。なるべく手間・時間を省きたい方におすすめです。

フードの顔周りには調整ゴムが付いているので、しっかりと密着させることが可能。生地は撥水加工されているので、多少の雨や風であれば守ってくれます。

6位 OGK技研 まえ幼児座席用ブランケット BKF-001

詳細情報
タイプ:ブランケット
サイズ:-
素材:ナイロン/ポリエステル

大きく開くファスナーで着脱も簡単

自転車の前に装着する、着る毛布タイプの防寒グッズです。OGK製のフロント用チャイルドシートに使用できます。チャイルドシートごと首元まですっぽりと覆う作りなので、とても保温性が高く窮屈さも感じません。

内側の生地は、保温性の高い厚手のフリース生地なので暖かさは申し分なし。暖かさを最重視する方や前用・後ろ用で商品購入を検討中の方は、ぜひチェックしてください。

7位 YAMAHA(ヤマハ) チャイルドシート防寒カバー QQ1RMTY00003

詳細情報
タイプ:カバー
サイズ:-
素材:マイクロフリース/撥水加工ポリエステル

カラーバリエーションが豊富!おしゃれ+防寒を実現

自転車の前に子供を乗せるタイプのチャイルドシートに装着可能な防寒カバーです。子供の首元まで包み、寒さをしっかり防いでくれます。

外側の生地は撥水加工されたポリエステルで、内側は暖かいマイクロフリース生地。普段の服装に合わせやすい3色展開となっています。飽きのこないシンプルなデザインのものを探している方におすすめです。

8位 HelooAngel(ハローエンジェル) フロントチャイルドシートレインカバー SPORTS前用 39×23cm

詳細情報
タイプ:カバー
サイズ:39×23cm(収納時)
素材:ビニール/(3層生地)

反射板付きで暗い時間帯にも安全を確保

こちらは自転車の前側に装着する、レインカバータイプの製品です。雨風をシャットアウトしてくれるのはもちろん、寒い時期に使える防寒性も備えています。

取り付けはとても簡単で、コンパクトにたためる上、重量も約600グラムと軽量なので持ち運んでも疲れません。レインカバーの前面に反射板がついているので、暗い時間帯でも安心です。

9位 Sorayu(ソラユ) キュートなアニマルフェイスガード 20×30cm

詳細情報
タイプ:部分防寒
サイズ:縦約20cm/幅約30cm
素材:綿100%

手袋にも枕にもなる利便性抜群のアイテム

ライオンやパンダなど、かわいい動物の顔がデザインされている部分用の防寒グッズです。急ブレーキなどの衝撃から子供の頭部を守るためのアイテムですが、内部に手を入れてハンドルカバーとして使用することができます。

自転車に乗るのを嫌がるお子さんでも、好きな動物と一緒であれば楽しくなるかもしれません。夏はフェイスガードとして、冬はフェイスガード兼ハンドルカバーとして使い、眠いときには枕にもなるので、持っておくと重宝するアイテムです。

10位 サテンマーメイドshop アームカバー yui-15

詳細情報
タイプ:部分防寒
サイズ:フリーサイズ
素材:撥水加工/ボア素材

ボア素材で冷えから手を守る!

チャイルドシートのハンドル部分に装着する、ハンドルカバータイプの防寒グッズ。ベビーカーにも使えて、赤ちゃんから幼児、低学年まで長い期間使用可能です。マジックテープで止めるだけなので着脱も簡単です。

また、表地は撥水加工されているので雨に強く、裏地は暖かいボア素材になっています。パッと手を入れて使えるので、手袋が嫌いな子にも挑戦しやすくおすすめです。

子供乗せ自転車防寒グッズは手作りすることもできる

出典:amazon.co.jp

ブランケットやポンチョタイプの防寒具であれば、手作りすることも可能です。既製品のブランケットをスナップボタンやゴム、マジックテープなどで子供の体格にフィットするように縫い合わせてあげてください。

ただし、防寒具の裾の長さには注意が必要しましょう。余った裾が車輪やチェーンに絡まってしまうと転倒や落下などの事故につながる危険性があります。防寒グッズを手作りする場合は、スナップボタンやマジックテープなどを用いて裾を短く調節しましょう。

なお、スナップボタンやマジックテープはダイソーやセリアなどの100均でも取り扱われています。裁縫が得意な方は、手作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの商品一覧

製品最安値評価リンク

Kamiojapan(カミオジャパン) 自……

1

2,980円

3.9

OGK技研 うしろ子供のせ用ブランケ……

2

6,299円

4.03

YAMAHA(ヤマハ) OGK技研 リヤチ……

3

9,982円

DORACO(ドラコ) ブランケット Bl……

4

6,600円

4.59

stallion(スタリオン) 自転車専……

5

3,980円

3.4

OGK技研 まえ幼児座席用ブランケッ……

6

4,799円

4

YAMAHA(ヤマハ) チャイルドシー……

7

7,480円

5

HelloAngel(ハローエンジェル) ……

8

4,950円

4.21

Sorayu(ソラーユ) キュートなア……

9

2,750円

4.26

サテンマーメイドshop アームカバ……

10

1,630円

4.63

まとめ

子供乗せ自転車防寒グッズを選ぶ際は、ブランケットタイプやレインカバータイプなどのタイプや自宅でも洗濯ができるか、撥水加工がされているかや取り付ける場所に注目することが大切なポイントです。

子供乗せ自転車用防寒グッズは通販でも購入できますが、自転車との相性が心配であれば直接自転車専門店に行って選ぶことがおすすめです。ぜひ、本記事を参考にして大切な我が子を安全に寒さから守れるような防寒グッズを見つけてくださいね。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

p.writer