【2022年11月】陣痛アプリのおすすめ人気ランキング10選 | eny by auPAYマーケット

地方在住フリーライター

K.Wakikawa

フィルム会社の元営業で、現在は地方に住む30代フリーライターです。趣味は洋楽カラオケで、ボン・ジョヴィが定番。みなさまの暮らしを快適にする『モノ選び』のお手伝い……

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

陣痛が来た際、痛みに耐えながら時間をメモするのは非常に辛い。そんなとき、陣痛の間隔をタイマーのようにワンタップで記録できるのが「陣痛アプリ」です。iPhoneやAndroidなどスマホごとにアプリが豊富で、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

この記事では、陣痛アプリの選び方とおすすめ人気ランキング10選をご紹介します。無料で使えるシンプルなものから、出産ブログで話題の多機能なものまで紹介しますので、アプリを選ぶ際の参考にしてくださいね。

スマートフォンをタップするだけ!陣痛の間隔をカウントして計測・記録できる「陣痛アプリ」

出典:カラダノート公式サイト

陣痛アプリとは、陣痛の間隔をタイマーのように計測・記録できるアプリです。陣痛の間隔は、出産までにかかる時間を見積もるために大切な情報。病院から「陣痛が〇分間隔になったら来院してください」などと指示されることもあります。

激しい痛みを感じながらメモするのは難しいですが、陣痛アプリでの記録は簡単です。アプリ内のボタンをタップするだけで正確な間隔・回数を記録できます。緊急連絡先が登録できるアプリを選べば、いざというとき家族と素早く連絡が取れて安心です。

陣痛アプリの選び方

陣痛アプリを選ぶ際に重要な4つのポイントを見ていきましょう。

陣痛の痛みに耐えながら記録することを想定して「ワンタップで測定できる」アプリを選ぼう

出典:陣痛ポン公式サイト

陣痛中は痛みで精神的な余裕がなくなるため、シンプルな操作で時間を計測できるアプリを選びましょう。陣痛の始まり・終わりをワンタップで記録するものがおすすめです。ボタンの押し間違えや押し忘れを編集できるものを選べば、より正確な測定ができます。

陣痛の間隔が狭くなっても高精度なログが記録できるよう、ボタンを押せばすぐにカウントを始める仕様が理想です。事前にアプリの使い方をシミュレーションして、出産に集中できる環境を整えておきましょう。

陣痛が来たとき、ひと目で陣痛の間隔・平均時間がわかる「シンプルな表示」をチェックしよう

出典:Simple Beep公式サイト

陣痛の痛みに耐えながらスマートフォンを操作するため、シンプルな表示であることも重要です。ひと目で「陣痛の間隔・平均時間・履歴」がわかると、家族・病院に連絡するタイミングを予測しやすくなります。

少しでも楽に操作できるよう、文字が大きく表示され、記録・表示の画面切替が不要なアプリがおすすめ。陣痛が始まったのにスリープ画面でボタンが押せない、という事態を避けるため、起動中はスリープモードにならない仕様だと安心です。

正確なログを記録するために「アプリの立ち上げ時間・広告表示の位置」を事前にチェックしよう

出典:陣痛/お腹の張りカウンター公式サイト

いざ陣痛が始まったとき、さっと起動して記録できるアプリであることが重要です。激しい痛みに耐えていると、たった数秒の待ち時間でも非常に辛く感じます。アプリの起動にかかる時間は事前にチェックして、心づもりをしておきましょう。

現在リリースされている陣痛アプリの多くは、広告掲載のある無料版です。そのため、広告の表示位置やタイミングなどを把握しておけば、いざというときの操作ミスを防げます。正確な計測のためにも、臨月を迎える前に本番環境を再現しておきましょう。

家族・病院に自分の状態を伝えられる!妊娠・陣痛時の不安を和らげる「便利機能」に注目しよう

陣痛アプリには、妊婦さんの不安な気持ちをサポートする便利な機能があります。とくに「緊急連絡先の登録」・「陣痛・胎動の記録共有」・「アドバイス」機能の3つは重要なので、詳しくチェックしていきましょう。

痛みで冷静な判断ができなくても、スムーズに病院へ連絡できる「緊急連絡先の登録」機能

出典:EVER SENSE公式サイト

長い間隔で始まった陣痛も、出産が近づくにつれて徐々に間隔が狭まります。病院に連絡する間隔になっても、気持ちに余裕が持てずスマホの操作もやっとです。そんな状態でも「緊急連絡先の登録」機能があれば、アプリを起動したままスムーズに病院へ電話できます。

事前に「〇分間隔」と登録しておけば、その間隔になった際に緊急連絡先を表示してくれるアプリもおすすめ。あわせて住所の登録ができれば、陣痛タクシーに乗車した際にスマホの画面を見せるだけで行き先を伝えられます

離れた家族に自分の状況を伝えられる!出産の思い出にもなる「陣痛・胎動の記録共有」機能

出典:ぴよログ公式サイト

なにかと不安な妊娠中、自分の状況を家族に共有できる「陣痛・胎動の記録共有」機能があると安心です。胎児が成長する感覚や陣痛の痛みなど、妊婦さんが感じている身体の変化を家族に知らせることで、サポートを受けやすくなります。

記録したデータは印刷して母子手帳と一緒に保管すれば、出産の思い出として残るのも嬉しいポイント。なかにはメールに添付できる機能もあるので、アプリを連動していない親族・友人とも出産までの大切な時間を共有できますよ。

陣痛時はもちろん、妊娠・育児中に先輩ママや助産師さんに相談できる「アドバイス」機能

出典:ninaru公式サイト

陣痛時だけでなく、妊娠〜育児中まで同じアプリを使い続けたいなら「アドバイス」機能があると便利です。妊娠週数にあったトピックが表示されたり、先輩ママにお悩み相談できたりなど、不安だらけな出産・育児を温かくサポートしてくれます。

日々の体調の変化や入院準備など、ささいなことでも気軽に相談できる相手がいると安心です。1人で抱え込まず、あらゆる人と繋がることで出産、子育ての日々をストレスなく過ごしましょう。

陣痛アプリのおすすめ人気ランキング10選

ここからはApp StoreやGoogle Playでインストールできる、人気の高いおすすめアプリをランキング形式で10選ご紹介します。測定画面のデザインや、搭載された便利機能の違いについて詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

1位 カラダノート 陣痛きたかも

出典:カラダノート公式
詳細情報
iOS対応
アンドロイド対応
料金無料
緊急連絡先の登録
陣痛・胎動の記録共有
先輩ママ・助産師のアドバイス

陣痛の波が来るたびボタンを押すだけのシンプル操作で正確な記録

「陣痛かも?」でボタンをタップ、「おさまったかも?」で再度タップするだけのシンプル操作です。アプリが間隔を自動計算して表示、病院に着いたら画面を見せるだけでスタッフの方に状況が伝わります

陣痛のタイミングは、離れた家族にプッシュ通知でお知らせ。画面には陣痛中のママをサポートするアドバイスが表示されます。緊急連絡先が登録できるほか、先輩ママたちの出産前後の体験談が読めたりと優秀なアプリです。

2位 Aine 胎動〜陣痛時計

出典:Aine公式
詳細情報
iOS対応
アンドロイド対応
料金無料
緊急連絡先の登録×
陣痛・胎動の記録共有
先輩ママ・助産師のアドバイス×

水彩画風のやさしいイラストで苦しい気持ちがほんのり癒される

陣痛の間隔を記録するほか、妊娠32〜34週頃からの胎動カウントができるアプリです。胎動を感じたときにボタンを押すだけで、赤ちゃんが10回動くのに何分かかったか記録されます。

記録データは最新10件分がスマホ内に保存され、編集できるのが嬉しいポイント。ほかのアプリにはない水彩画風の可愛いイラストは、大変な妊娠生活をほんのり癒してくれます。

3位 ぴよログ 陣痛タイマー by ぴよログ

出典:ぴよログ公式
詳細情報
iOS対応
アンドロイド対応
料金無料
緊急連絡先の登録×
陣痛・胎動の記録共有
先輩ママ・助産師のアドバイス×

陣痛のタイミングをプッシュ通知で家族にお知らせできる

「陣痛きた」をタップして陣痛を記録、「おさまった」をタップするまでの時間をアプリが自動計算。次の「陣痛がきた」が押されるまで、自動で陣痛間隔をカウントします。

陣痛の状況を家族と共有できますが、見られたくない相手には個別で制限をかけることが可能です。押し間違えた計測データを削除する「ログの編集機能」もあり、ママのストレスを最小限にするアプリです。

4位 EVER SENSE 陣痛・胎動カウンター

出典:EVER SENSE公式
詳細情報
iOS対応
アンドロイド対応×
料金無料
緊急連絡先の登録
陣痛・胎動の記録共有
先輩ママ・助産師のアドバイス

妊娠週数に応じたメッセージで胎動を計測するママをサポート

「陣痛開始時間」・「妊娠週数」・「直近の陣痛間隔」がひと目でわかるシンプルな画面。アプリを開くだけで、病院のスタッフに必要な情報を伝えてくれます。

陣痛の間隔を記録するほか、胎動の回数カウンターとしても活躍。妊娠34週以降は週数に応じたメッセージが毎日届き、なにかと不安な生産期を落ち着いた気持ちで迎えられます。

5位 magnummilkboy 陣痛/お腹の張りカウンター

出典:magnummilkboy公式
詳細情報
iOS対応×
アンドロイド対応
料金無料
緊急連絡先の登録×
陣痛・胎動の記録共有
先輩ママ・助産師のアドバイス×

表情豊かなイラストで過去のお腹の張り具合を一目で把握できる

陣痛・お腹が張る回数を測定するカウンター機能に特化したシンプルなデザイン。スマホ上部の通知領域から測定を始められる「クイックスタート機能」搭載で、記録のたびにアプリを立ち上げるストレスがありません。

お好みで間隔や継続時間を事前にセットでき、その時間を超えると赤字表示されます。ママの具合がひと目でわかる表情イラスト付きとあわせ、直感的に使える仕様です。

6位 Recstu 陣痛ナビ

出典:Recstu公式
詳細情報
iOS対応
アンドロイド対応
料金無料
緊急連絡先の登録×
陣痛・胎動の記録共有
先輩ママ・助産師のアドバイス

助産師からのアドバイスや出産予定日カウンターなど機能が豊富

現役の助産師による監修で、妊娠中のママへのアドバイスも豊富な頼もしいアプリ。陣痛の記録ができるほか、姉妹アプリ「赤ちゃん名付け」と連動させると、出産日までのカウント機能などが使えます。

陣痛の間隔が狭まるとアラートが出るので、痛みで苦しいときでも病院に連絡するタイミングを逃しません。「安産の御守」として、日本各地のパワースポットの生写真を購入できるユニークな機能も安心感につながります。

7位 Med ART Studios 妊娠アプリ簡易版・Sprout

出典:Sprout公式
詳細情報
iOS対応
アンドロイド対応
料金無料
緊急連絡先の登録×
陣痛・胎動の記録共有
先輩ママ・助産師のアドバイス

精巧な3Dのイラストで成長している胎児のイメージを見られる

アメリカの妊婦さんから高い支持を受けているアプリの日本語版です。陣痛・胎動を測定するベーシックな機能はもちろん、記録したデータをメール添付・SNS共有する機能が搭載されています。

出産予定日などの情報をもとに、精巧な3Dで再現される胎児のイメージが特徴。画像付きのカレンダーで、まだお腹にいる我が子の成長を実際に見ているかのように体験できます。

8位 Karupyon 陣痛ポン

出典:Karupyon公式
詳細情報
iOS対応×
アンドロイド対応
料金無料
緊急連絡先の登録×
陣痛・胎動の記録共有
先輩ママ・助産師のアドバイス×

冷静な対応が難しい陣痛中でも直感的に押しやすい赤色と水色のボタン

痛くなった時、痛みが引いたときに同じボタンをタップするだけで「開始日時」・「持続時間」・「陣痛間隔」が計測されます。同じ画面からワンタップで記録データをメール添付できるので、こまめに家族と共有したい人におすすめです。

押すたびに赤色・水色に変わるボタンは、直感的に操作しやすいデザイン。赤色は痛みがある状態、水色は痛みがない状態を示すため、気持ちに余裕が持てないときでも誤って記録することを防ぎます。

9位 Simple Beep 陣痛時計

出典:Simple Beep公式
詳細情報
iOS対応
アンドロイド対応×
料金無料
緊急連絡先の登録×
陣痛・胎動の記録共有
先輩ママ・助産師のアドバイス×

余裕がない陣痛時でも安心して使える「操作中に画面が消えない設定」

スマホ画面の下部に大きく表示されるボタンと、過去の履歴がひと目でわかるシンプルなデザインが特徴。誤データはスワイプするだけで削除でき、痛みに耐えながらスマホを操作するストレスを最小限に抑えます

操作中にスリープ画面に移行しない設定にすれば、痛みを感じたタイミングでボタンをタップ、即座に計測をスタートできます。気持ちに余裕が持てない陣痛時も、少ない操作で計測できて安心です。

10位 EVER SENSE ninaru

出典:ninaru公式
詳細情報
iOS対応
アンドロイド対応
料金無料
緊急連絡先の登録×
陣痛・胎動の記録共有
先輩ママ・助産師のアドバイス

パパ・祖父母用の別アプリと連携して妊娠中〜育児中まで記録を共有できる

妊娠初期から産後まで、長期間にわたって育児をサポートしてくれるアプリです。妊娠週数に応じて届く「先輩ママの体験談」で、初産や親元から離れて暮らすママも安心して出産準備を進められます。

ワンタップすれば陣痛の間隔を記録できる安心のシンプル操作。カウンター機能はもちろん、体重管理・名付け・出産準備品リストなど、あらゆる情報がひとつのアプリで網羅できるのも嬉しいポイントです。

正確な記録を残すためにも、本陣痛とよく似た「前駆陣痛」について知っておこう

出典:ninaru公式サイト

陣痛とは規則的に起こる子宮収縮で、間隔が10分〜5分になると分娩が始まります。それに備え、陣痛の練習として身体に起きるのが「前駆陣痛」です。不規則なお腹の張りを感じますが、数時間経つと引くため、陣痛との違いが分かりにくいことがあります。

とくに初産の場合は本陣痛との区別が難しいため、いつから記録をつけるべきか迷うかもしれません。臨月を迎えた妊婦さんは、少しでもお腹の張りや痛みを感じたら「本陣痛」と捉えて記録を残しておきましょう。

まとめ

陣痛アプリを選ぶときは、ワンタップで記録が残せて画面表示がシンプルなものを選びましょう。緊急連絡先の登録や、自分の身体の状況を家族と共有できる機能があれば、不安な陣痛・出産を安心して迎えられますよ。

陣痛アプリを通して先輩ママや助産師さんのサポートを受けながら、心身とも健やかな妊婦ライフを過ごしましょう。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
地方在住フリーライター

K.Wakikawa

フィルム会社の元営業で、現在は地方に住む30代フリーライターです。趣味は洋楽カラオケで、ボン・ジョヴィが定番。みなさまの暮らしを快適にする『モノ選び』のお手伝い……