ハンドリフトの選び方とおすすめ人気ランキング5選【作業効率が大幅にアップ】

オールジャンル趣味・サブカルチャーのスペシャリスト

陽芹孝介

インドアからアウトドアまで、オールジャンルの趣味・サブカルチャーを網羅!キャンプ・釣り・アクティブスポーツなどのアウトドア、インドアスポーツ・ゲーム・エンタメ・……

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1

工場や倉庫内での作業において物流の運搬などに役立つ、ハンドリフト。主に倉庫内での荷物の運搬などにはフォークリフトが使用されておりますが、フォークリフトは資格保有者しか扱えません。ハンドリフトは資格もなく、女性でも簡単に使用できるため、工場内、倉庫内での作業効率がアップします。

電動タイプや手動タイプ、対応する重量・サイズなどからの選び方やハンドリフトの特徴、使用するうえでの注意点、おすすめ商品などを紹介していきますので参考にして、目的にあったハンドリフトを見つけてくださいね。

この記事でおすすめする商品

ハンドリフトとは?

ハンドリフトとは、手動タイプの簡易的なフォークリフトのことで、荷物を載せるパレットを移動させるための器具です。ここではまず、ハンドリフトの概要や特徴などを解説していきます。

ハンドリフトの概要

出典:amazon.co.jp

ハンドリフトは基本的に人力を用いて重量のある荷物を移動させますが、キャスターとテコの原理を上手く活用することにより、少ない力でもある程度の荷物であれば移動させることができ、フォークリフトよりも荷物が載ったパレットを正確に配置することができます。

また、フォークリフトの免許保有者であっても、パレットの微調整などではフォークリフトではなくハンドリフトを使うほど倉庫業において重要視されているツールの一つだと言えます。

フォークリフトとは違い免許が不要

出典:amazon.co.jp

ハンドリフトの一番のメリットは、フォークリフトとは違い免許が不要で慣れれば誰でも使えることです。

ハンドリフトに対応したパレットにハンドリフトを挿し込み、あとはハンドルを上下に動かしてパレットを持ち上げれば、好きな場所へパレットを移動させることができます。

フォークリフトを導入するには免許保有者の確保と、フォークリフト自体を購入するかリースする必要があり初期費用が高くつきますが、ハンドリフトの場合は誰にでも使うことができ、価格帯も幅広いので初期費用を抑えることが可能です。

また、ハンドリフトはフォークリフトとは異なり小回りが非常にきくので、狭い場所での作業や、狭い倉庫などの管理にも適しています。

女性でも使えるので作業効率が大幅にアップ

出典:amazon.co.jp

ハンドリフトは慣れてしまえば誰にでも簡単に扱うことができます。荷物によっては力をあまり必要としないため、力の弱い女性でも使用可能です。

誰でも簡単に使用できるため、臨機応変に業務に対応することができ現場の作業効率が大幅に向上します。

ハンドリフトは便利だが注意も必要

出典:amazon.co.jp

メリットが多いハンドリフトではありますが、導入するにあたっては注意も必要です。ハンドリフトは基本的に人力を用いて使うため、重量のある荷物が載ったパレットの移動には向いていません。

例えば印刷物の場合、何百キロという重さの量の印刷物を直接パレットに載せるせるので、ハンドリフトをパレットに挿し込んだとしても移動させることはおろか、リフトアップすることも困難です。また無理やりリフトアップさせると、パレットやハンドリフト自体が破損してしまうことも。

また、ハンドリフトはフォークリフトよりも左右のツメの間が狭いため、パレットの荷物の重さが左右どちらからに偏った場合は、荷物が倒壊してしまう恐れもあるため、ハンドリフトを導入する場合は現場の状況や荷物の重さや形状、どれくらいのまでの重さなどに対応できるかなどを、事前に確認した上で選ぶことが大切です。

ハンドリフトの選び方

ここからは、ハンドリフトの選び方をポイント別に解説していきます。ハンドリフトは電動・手動などのタイプ別や、対応重量、メーカーなど選ぶポイントが複数あるので、購入の際には参考にしてみて下さい。

ハンドリフトのタイプで選ぶ

ハンドリフトはハンドルを上下に動かしてリフトアップする手動タイプと、電動式でリフトアップする電動タイプの2種類に分類されます。タイプによって特徴やメリット・デメリットが異なるので、それらを踏まえてハンドリフトのタイプを選びましょう。

電動タイプ

出典:amazon.co.jp

電力を用いてパレットのリフトアップを行うタイプで、移動は基本的に人力によるものが多いですが、中には自走できるタイプのものもあります。

一番のメリットは電動のため力を必要とせず、重量によって移動させるパレットを選ぶ必要がないことで、より幅広い種類の荷物を簡単に運ぶことができます。

幅広い荷物に対応できるメリットはありますが、充電式のため電力が必要になること、本体価格が高額であること、ものによっては余分なスペースが必要になったり小回りがきかないなどのデメリットもあるので、倉庫の規模や状況に応じて使い分ける必要があります。

メリット
●力を必要としない
●幅広い分野の荷物にも対応できる

デメリット
●電力を必要とするため電気代がかかる
●価格帯が高い
●小回りがきかないこともある

手動タイプ

出典:amazon.co.jp

最も一般的に使われているタイプで、シンプルな構造で使いやすいことが特徴としてあります。

大きなメリットとしては、誰にでも簡単に扱うことができ、小回りがきくことで、対応力が高いことが魅力です。また価格帯や性能の幅も広いため、用途や目的に応じて選ぶこともできます。

ただし、基本的には人力のため、重すぎる荷物には対応できず、取り扱う荷物のジャンルや規模を選定しなければなりません。また、傾斜のある場所での使用は荷物の重さに耐えきれず怪我をしてしまうこともあるので、取扱いには注意が必要です。

メリット
●誰にでも扱いやすい
●小回りがきき移動の制度が高い
●コスパに優れたものが多い

デメリット
●荷物を選定する必要がある
●傾斜のある場所では危険

対応重量やサイズで選ぶ

出典:amazon.co.jp

ハンドリフトにはどのくらいの重さに対応できるかの耐荷重が設定されています。ハンドリフトの耐荷重は1.5トン・2トンなどに設定されているので、取り扱う荷物の重さを事前に確認しておき、それに適した耐荷重が設定されたハンドリフトを選びましょう。

ハンドリフトの使い方

ハンドリフトは倉庫業や荷物の整理整頓などにおいて必要不可欠なツールですが、長く安全に使うために正しい使い方を知ることが必要です。

木製パレットは対応していない場合が多いので注意

出典:amazon.co.jp

ハンドリフトを扱うにおいて、荷物を載せるためのパレットは必要不可欠ですが、パレットの種類によってはハンドリフトが使えない場合があります。

パレットは基本的にプラスチック製と木製に大きく分類されますが、木製パレットの場合はハンドリフトが使えない場合が多く、非対応の木製パレットに無理やりハンドリフトを挿入してリフトアップを行うと、パレットやハンドリフトが壊れてしまう場合があります。

また、木製パレットの場合は破損した際、木くずや大きめのささぐれなどが発生し、最悪の場合は預かっている荷物が破損したり、それが原因で使用者が怪我をしてしまうこともあるので、ハンドリフトを使用する際は必ずパレットの対応・非対応を確認しましょう。

差し込み過ぎはパレットが破損することも

出典:amazon.co.jp

ハンドリフトをパレットに挿し込み過ぎると、リフトアップ時にパレットの隙間にツメが挟まってしまい、ハンドリフトがパレットから抜けなくなったり、ツメに圧迫されてパレットが破損してしまうことがあります。

荷物や人との接触など安全確認は必須

出典:amazon.co.jp

荷物が載ったパレットをハンドリフトで運搬する際は、押すのではなく必ず引いて運搬させましょう。パレットを押して運搬すると荷物が使用者の死角になってしまい、他の荷物や、他の従業員などに接触する恐れがあり、最悪の場合大きな事故につながることもあります。

安全面や事故を防止するためにも、ハンドリフトを使ったパレットの運搬時は、必ずハンドリフトを引いて運搬しましょう。

ハンドリフトのおすすめ人気ランキング5選

ここからは、おすすめしたいハンドリフトをいくつか紹介していきます。電動タイプや手動タイプ、コンパクトタイプまで、さまざまなハンドリフトが販売されているので、購入の際には参考にしてみて下さい。

1位 トラスコ ハンドパレットトラック 1.5t用 L1150×W540 低床式 THP-15-511

詳細情報
メーカー :トラスコ
タイプ :手動  
耐荷重:1500kg
リフトの高さ :75~190mm  
フォークの長さ:1050mm
フォークの幅 :150mm
ツメの間隔  :220mm
全幅 :54mm
重量 :50.0kg

使いやすい標準タイプ

シンプルなタイプの手動タイプハンドリフトです。耐荷重も標準タイプで、軽くて扱いやすく、パレットの移動もスムーズに行うことができます。軽量タイプなので誰にでも扱いやすいところが魅力的です。

2位 トラスコ ハンドパレットトラック 2t用 L1150XW540 THP20511

詳細情報
メーカー  :トラスコ
タイプ :手動
耐荷重 :2000kg
リフトの高さ :85~200mm  
フォークの長さ:1150mm  
フォークの幅:160mm
ツメの間隔 :220mm
全幅 :540mm
重量 :71.0kg

2トンにも対応したバランスタイプ

2トンに対応したトラスコの手動タイプハンドリフトで、ロードホイールにシングルローラーを採用したことによって、走行性が向上し高い耐荷重サイズのハンドリフトでありながらも、パレットの移動をスムーズに行うことができます。

3位 電動ハンドリフト 自走式ハンドリフト ele-lift-20h

詳細情報
メーカー  :インターナショナルトレーディング株式会社
タイプ :電動
耐荷重 :2000kg
リフトの高さ :85~200mm
フォークの長さ  :1150mm
フォークの幅 :545mm
ツメの間隔 :370mm
全幅  :540mm
重量 :520.0kg

フォークリフト並みの性能

2トンまでに対応した電動タイプハンドリフトで、リフトアップと走行を電動式で行ってくれるため、体への負担も軽く性別問わず楽に荷物の運搬が可能です。走行スピードの調整や、緊急ブレーキ機能、警笛ボタンなど、機能性・安全性も共に高い設計が施されています。

4位 自走式ハンドリフト ehandpp15w550

詳細情報
メーカー  :インターナショナルトレーディング株式会社
タイプ :電動
耐荷重 :1500kg
リフトの高さ :80~200mm
フォークの長さ :1155mm
フォークの幅 :550mm
ツメの間隔 :230mm
全幅 :550mm
重量 :118.0kg

使いやすい電動式

手動タイプのように小回りがきく電動タイプハンドリフトで、走行スピードは積載時で時速約3.5km、積載なし時で約4kmの速度が出る自走機能も搭載されています。リフトにはダブルローラーが採用されているので操作も簡単で、荷物リフトアップも電動で行ってくれるので、女性の方でも気軽に使うことができます。

5位 ITF ハンドパレット (ミニタイプ) 0.5t WF500S380

詳細情報
メーカー  :フィット
タイプ :手動
耐荷重 :500kg
リフトの高さ :60~170mm
フォークの長さ :800mm
全幅 :380mm
重量 :35.0kg

安全性に優れた超軽量タイプ

超小型タイプの手動タイプハンドリフトで、狭い所でも楽々と侵入ができるので、細かい作業や整理整頓、パレットの微調整などにおすすめです。対応している耐荷重の110%を超えると過負荷防止機能が働くなど、安全面でも優れています。

おすすめの商品一覧

製品最安値評価リンク

トラスコ ハンドパレットトラック ……

1

57,198円

トラスコ ハンドパレットトラック ……

2

50,609円

電動ハンドリフト ele-lift-20h

3

568,000円

自走式ハンドリフト ehandpp15w550

4

152,800円

ITF ハンドパレット ミニタイプ WF……

5

40,990円

4

メンテナンスは定期的に

出典:amazon.co.jp

ボルトのチェックや油さしなど、ハンドリフトは定期的にメンテナンスを行うことによって長く使うことができます。

基本鉄製品なので錆び防止などは必要になりますが、ハンドル下部にある油圧パーツなどは、ハンドリフトの生命線になるので、特にチェックが必要です。油圧パーツにゴミが詰まってしまうとパレットをリフトアップできないこともあるので、ゴミの除去と油さしなどは定期的に行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ハンドリフトは倉庫内での作業効率を格段に向上させることができる便利なツールですが、使用方法や操作を間違えれば、怪我をしてしまったり、事故にもつながります。

選び方の解説を参考に、運ぶ物の重さや大きさなどから最適なハンドリフトを導入し、作業効率のアップに役立ててみてください。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1
オールジャンル趣味・サブカルチャーのスペシャリスト

陽芹孝介

インドアからアウトドアまで、オールジャンルの趣味・サブカルチャーを網羅!キャンプ・釣り・アクティブスポーツなどのアウトドア、インドアスポーツ・ゲーム・エンタメ・……