【2022年】菜切り包丁の選び方とおすすめ人気ランキング10選【ステンレスからダマスカス鋼まで】

フリーライター

徳柴のぞみ

キャッチ&イートがモットーの釣り好き。好きな映画は何度も見るタイプです。お気に入りのアイテムが見つかるよう、読者の方に寄り添った記事を執筆します。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

野菜を切ることに特化した菜切り包丁。かぼちゃなどの硬い野菜を切るときや、千切りをするときなど幅広く活躍します。貝印や藤次郎など多くのメーカーから販売されていますが、素材や刃の長さなどさまざまなので、選ぶ際に迷ってしまう方も多いでしょう。

そこでこの記事では、菜切り包丁の選び方とおすすめ人気ランキング10選をご紹介します。ステンレスや鋼などの素材の特徴、包丁の研ぎ方まで解説するので、しっかりとチェックして、おうちでの料理時間を快適にしましょう。

この記事でおすすめする商品

料理好きには必携の1本!先端が鋭利でないぶん、少ない力で食材を切れる菜切り包丁

出典:amazon.co.jp

菜切り包丁は通常の包丁と異なり、長方形の独特な形をしています。刃の先端が鋭利でないぶん、均等に力を加えられるので、少ない力でカット可能。かぼちゃや大根など、硬い野菜もスムーズに切れて、腕の疲労を軽減できます。

また、刃の幅が広いこともポイント。キャベツや白菜など、大きな野菜も一気に切れるので、千切りなど手間のかかる作業を効率化できるでしょう。

一方で、肉や魚を切るのには向いていません。刃の先端が丸いので、食材に刃がうまく入らず、無理に力を入れると食材を潰してしまい、食感を損ねてしまいます。万能包丁としてではなく、あくまで野菜専用として使用するのがおすすめです。

菜切り包丁の選び方

菜切り包丁を選ぶ際に重要な5つのポイントを見ていきましょう。

刃渡り16cm前後がおすすめ、扱う食材にあわせて「刃の長さ」を選ぼう

出典:amazon.co.jp

家庭用の菜切り包丁の長さは、15cm~20cmが一般的です。刃渡りが短いものは、小回りが利き、小さな野菜の皮むきや飾り切りに最適。刃渡りが長いものは、一度に切れる面積が多いので、硬い野菜やカサが多い葉物を切るのに向いています。

おすすめは16cm前後の長さです。家庭用の菜切り包丁としては、もっとも使い勝手のいいサイズであり、どんな種類の野菜でも対応可能。各メーカーのラインナップも豊富なので、自分にあった菜切り包丁を見つけやすいのもポイントです。

お手入れのしやすさや、切れ味に関わる「刃の素材」で選ぼう

菜切り包丁の刃の素材は、ステンレス製・鋼製・セラミック製の3つにわかれます。素材の違いによって、お手入れのしやすさ、切れ味などが異なるので、使い勝手にあわせて刃の素材を選びましょう。

お手入れ簡単で錆びにくい、簡単メンテナンスの「ステンレス製」

出典:amazon.co.jp

菜切り包丁に限らず、家庭用包丁に一番多い素材がステンレス製です。錆びにくく、こまめに刃を研がなくても、切れ味が長続きするため、お手入れが簡単なのが大きな魅力。家事の時間を減らしたい方や、包丁を研ぎ慣れていない方におすすめです。

耐久性に優れていることも見逃せないポイント。洗うときにぶつけたり、落としたりしても刃が欠けにくいので、破損を心配をせずに使用できるでしょう。

こまめなお手入れが必要だが、切れ味は抜群!長持ち重視の人には「鋼製」

出典:amazon.co.jp

鋼製の菜切り包丁は鋭い切れ味が特徴。硬い野菜だけでなく、トマトなどの柔らかい食材も形を崩すことなく、きれいにカットできます。柔らかく研ぎやすい素材なので、自分好みの切れ味に調整したい方にもおすすめです。

一方で、鋼は錆びやすいので、こまめなお手入れが必須。水をつけたまま放置することは厳禁なので、調理中でも頻繁に水をふき取るようにしましょう。手間をかけるほど、自分に馴染んで使いやすさも向上するので、長く愛用したい方にぴったりです。

ぶつけると破損しやすいが、お手入れ簡単!軽量だから疲れにくい「セラミック製」

出典:amazon.co.jp

セラミック製の菜切り包丁は非金属なので、錆びないことが特徴です。摩耗に強く、刃がすり減りづらいので、包丁を研ぐのも最低限で充分。お手入れに手間がかからず、鋭い切れ味を求める人におすすめです。

ほかの金属よりも軽いので、疲れにくいこともメリット。大量の皮むきする際など、長時間使用するときに活躍するでしょう。一方で、デメリットは衝撃に弱いことです。ぶつけたり、落としたりすると刃こぼれしやすいので、取り扱いには注意してください。

手の馴染みやすさや衛生面に関わる「柄の素材」で選ぼう

菜切り包丁の柄の素材は、木製・ステンレス製・樹脂製の3つにわかれます。素材の違いによって、手の馴染みやすさや洗いやすさなどが異なるので、それぞれの長所と短所をしっかりと把握しましょう。

使っていくほど手に馴染んでいく、握りやすさを重視するなら「木製」

出典:amazon.co.jp

手に馴染みやすく、握りやすいのが木製の柄の特徴です。天然木素材の柄は吸水性に優れているので、滑りにくく、グリップ力が高め。使用するほど手にしっくりと馴染んで、握りやすくなります。使用後は雑菌繁殖を防ぐため、しっかりと乾燥させましょう。

合板木材の柄は握りやすく設計されており、使い始めから手に馴染みやすいことが特徴。耐水加工されているので、乾きやすく、お手入れに時間がかかりません。

食洗器対応可能で耐久性抜群!お手入れのしやすさを重視するなら「ステンレス製」

出典:amazon.co.jp

お手入れのしやすさを重視する方には、ステンレス製の柄がおすすめです。耐久性が高く、食洗器対応モデルが多いので、お手入れの時間を短縮可能。オールステンレスのモデルでは、柄と刃のつなぎ目がなく、きれいに洗浄できるので、衛生的に使えます。

また、スタイリッシュなデザインが多いのもポイント。魅力的なデザインは、料理に対するモチベーションを自然にアップさせてくれます。

汚れが落としやすく、水に強い!衛生面を重視するなら「樹脂製」

出典:amazon.co.jp

樹脂製の柄は水に強く、汚れが落としやすいことが特徴。抗菌成分が含まれた樹脂製だと、より衛生的なので、赤ちゃんがいる家庭でも安心して使用できます。

樹脂製の柄なかには、ポリアセタールなどの耐熱樹脂を使用した、食洗器・乾燥機対応モデルもあり、家事の時間短縮をしたい方にもおすすめです。

食材の切りやすさ、疲れにくさに関わる「重さ」もチェックしておこう

出典:amazon.co.jp

包丁の重さの違いによって、食材の切りやすさ、疲れにくさが変わります。100g前後の軽量モデルは、取り回しがよく、長時間使っても疲れにくいのが特徴。しかし、包丁の重さが食材に伝わりにくく、かぼちゃなどの硬い野菜が切りづらい欠点があります。

300g前後の重量モデルは包丁の重さが食材に乗りやすいので、硬い野菜・大きな野菜でも少ない力で切れます。一方で、千切りなどの手間のかかる作業をしたり、長時間使ったりすると、疲れやすい点に注意が必要です。

なにを使っていいのか迷ってしまう方は、現在使用している包丁の重さを参考にするのがおすすめ。同じ重さを使用すれば、使用感に大きな違いがないので、ミスマッチを防げるでしょう。

「同じシリーズ」で取りそろえると、使い勝手や統一感がアップする

出典:amazon.co.jp

現在使用している包丁と同じシリーズの菜切り包丁を購入するのもおすすめです。手の馴染みやすさや、切り心地に大きな差が生まれにくいので、違和感なく使用できます。

また、デザインが共通しているのもポイント。ほかのキッチンアイテムを選ぶ際にもデザインをあわせやすく、キッチン周りに統一感が生まれるので、より料理の時間を楽しめるでしょう。

菜切り包丁のおすすめ人気ランキング10選

ここからは、菜切り包丁のおすすめ人気ランキング10選をご紹介します。人気メーカーの貝印やコスパのよいダマスカス製まで紹介しているので、ぜひ購入の際に参考にしてくださいね。

1位 貝印 関孫六 ダマスカス 菜切り包丁 165mm AE5206

詳細情報
サイズ:全長29.5×刃幅4.6×柄の高さ2.3cm/刃渡り16.5cm
重量:183g
刃の素材:ステンレス製
柄の素材:木製

高品質のダマスカス鋼ながら1万円を切る価格が魅力

人気メーカー貝印、ダマスカスシリーズの菜切り包丁です。1万円を切る価格でありながら、33層の美しいダマスカス模様が魅力的。高品質のダマスカス製は切れ味が鋭く、摩耗に強いので、お手入れに手間がかからず、家事の時間を短縮できます。

柄の素材は、天然木に特殊加工を施したものを使用。手の馴染みやすさはもちろんのこと、耐水性も抜群なので、雑菌繫殖の心配もなく、衛生的に使用できるでしょう。

2位 青木刃物製作所 堺孝行 33層槌目ダマスカス 菜切 160mm 07393

詳細情報
サイズ:刃渡り16cm
重量:-
刃の素材:鋼製
柄の素材:木製

VG-10を芯材に使用し、切れ味鋭く錆びに強い

青木刃物製作所、堺孝行シリーズの菜切り包丁です。芯材に最高峰のステンレス刃物鋼のひとつ、VG-10を使用しており、鋼とステンレスの長所を両立。切れ味と錆びにくさ、どちらも重視する方におすすめの1本です。

柄の素材は天然木を使用しており、グリップ力に優れています。手の小さな方でも、しっくりと手に馴染み、包丁の重さを乗せながらラクに食材を切れるでしょう。

3位 貝印 関孫六 わかたけ 菜切り165mm AB5424

詳細情報
サイズ:全長29.3×刃幅4.8×柄の高さ1.7cm/刃渡り16.5cm
重量:123g
刃の素材:ステンレス製
柄の素材:樹脂製

低価格で初めての1本にぴったり、食洗器にも対応

貝印、わかたけシリーズの菜切り包丁です。実売価格2000円前後と低価格が魅力。予算をかけずに菜切り包丁を試してみたい方におすすめです。

耐熱性があり、食洗器に対応している点も見逃せません。サビに強いハイカーボンステンレス製も相まって、お手入れ時間を大幅に短縮できます。

4位 山本打刃物 越前打刃物 安来鋼青紙2号 菜切り包丁 165mm

詳細情報
サイズ:全長31.5cm/刃渡り16.5cm
重量:154g
刃の素材:鋼製
柄の素材:木製

職人が手打ちで作り上げる逸品、抜群の切れ味が魅力

山本打刃物の菜切り包丁は、職人がひとつずつ手打ちで作り上げる逸品です。「二枚広げ」という越前に伝わる伝統技法を使い、耐久性がありながらも薄い刃を実現。食材を切るときの抵抗が少なく、サクサクと食材に切れ込む感触を味わえます。

刃の素材は錆びやすい鋼なので、お手入れは欠かさずに。使用後はこまめに水をふき取り、しっかりと乾燥させましょう。とにかく切れ味を重視する方、お手入れに時間をかけて、長く愛用したい方におすすめです。

5位 佐竹産業 パイシーズ 菜切り包丁 160mm オールステンレス PC004

詳細情報
サイズ:全長28cm/刃渡り16cm
重量:140g
刃の素材:ステンレス製
柄の素材:ステンレス製

つなぎ目のないオールステンレスで手洗い簡単、衛生的

佐竹産業、パイシーズシリーズの菜切り包丁です。刃と柄のつなぎ目がないオールステンレス製なので、溝に汚れがたまることがなく、手洗いが簡単なので、衛生的に使用できます。

140gと使い勝手のいい重さもポイントです。皮むきや飾り切りなどの細かい作業から、硬い野菜をカットする力がいる作業まで、オールラウンドにこなせるでしょう。

6位 ‎Utaki 菜切包丁 ダマスカス 67層 V金10号 170mm

詳細情報
サイズ:全長31cm/刃渡り17cm
重量:293g
刃の素材:ステンレス製
柄の素材:木製

槌目で食材離れが良く、調理時間の短縮が可能

Utakiのダマスカス鋼製の菜切包丁です。鍛造によってできた槌目模様が特徴的。食材を切る際には、槌目模様の凸凹が食材の包丁離れをよくして、スムーズに調理できます。キャベツの千切りや、キュウリの輪切りをするときに活躍するでしょう。

刃と柄のつなぎ目がない一体構造をしているので、耐水性が高く、食洗器に対応しているのもメリット。できるだけお手入れに時間を割きたくない、子育て世帯におすすめの菜切り包丁です。

7位 山慎商会 菜切包丁 土佐うぐいす 165mm

詳細情報
サイズ:全長31cm/刃渡り16.5cm
重量:141g
刃の素材:鋼製
柄の素材:木製

使うほど手に馴染む逸品、長く愛用したい人におすすめ

伝統的な土佐の技法を使った、手打ちの菜切包丁です。使うほど手に馴染みやすい木製の柄が特徴。刃も柔らかく研ぎやすい鋼製なので、長く愛用して自分好みの包丁に仕上げたい方にぴったりです。

メンテナンスが必要な鋼製なので、使用後はしっかりと水気を取り、乾燥させることを忘れずに。料理好きな方への贈答品としてもおすすめです。

8位 貝印 関孫六 安土 菜切り包丁165mm AE5145

詳細情報
サイズ:全長29.3×刃幅4.7×柄の高さ1.8cm/刃渡り:16.5cm
重量:137g
刃の素材:ステンレス製
柄の素材:樹脂製

鋼とステンレスの混合素材で切れ味と錆びにくさを両立

貝印、安土シリーズの菜切り包丁です。鋼とステンレスを混合した複合三層鋼で、鋭い切れ味と錆びにくさの両立を実現。硬い野菜はもちろんのこと、トマトなどの柔らかい野菜でも、身を崩すことなく、きれいにカットできます。

柄の素材は耐熱性に優れた樹脂製なので、熱湯消毒可能。衛生的に使い方にもぴったりの1本です。錆びにくいとはいえ、刃に鋼素材が含まれるので、使用後は水気をふき取り、しっかりと乾燥させましょう。

9位 片岡製作所 TAMAHAGANE 粲 菜切り包丁 160mm SN-1116

詳細情報
サイズ:刃渡り:16cm
重量:-
刃の素材:ステンレス製
柄の素材:樹脂製

プロ御用達ブランド、3層鋼で使い始めから切れ味抜群

片岡製作所、TAMAHAGANEシリーズの菜切り包丁です。錆びにくい13クロームステンレスに、刃物鋼のなかでも最高級のモリブデン・バナジウム鋼を刃部に割込んだ、3層鋼構造が特徴。使い始めから切れ味抜群で、プロも好んで使用する逸品です。

また、研ぎ直しがしやすいように刃が加工されており、自分好みの切れ味に調整しやすいのもポイント。鋼素材の菜切り包丁に挑戦したい、お料理中級者以上の方にぴったりの1本でしょう。

10位 吉田金属工業 グローバル(GLOBAL) 菜切り GS-5

詳細情報
サイズ:全長26cm/刃渡り14cm
重量:120g
刃の素材:ステンレス製
柄の素材:ステンレス製

野菜の皮むきに最適なサイズ感、手が小さな人にも◎

グローバルの菜切り包丁です。14cmのコンパクトなサイズは取り回しがよく、野菜の皮むきや突き切りなど細かな作業に最適。柄のドット柄は見た目のよさだけでなく、グリップ力にも優れているので、手の小さな方でも、安心して包丁をあつかえます。

また、グローバルの包丁には研ぎ直しサービスがあるのもメリットです。料金はかかりますが、プロによる確実な研ぎ直しで、新品同様もしくはそれ以上の切れ味を取り戻せます。

おすすめの商品一覧

製品最安値評価リンク

貝印 関孫六 ダマスカス 菜切り包……

1

8,258円

4.67

青木刃物製作所 堺孝行 33層槌目ダ……

2

14,770円

貝印 関孫六 わかたけ 菜切り165mm……

3

904円

4.64

山本打刃物 越前打刃物 安来鋼青紙……

4

13,500円

4.75

佐竹産業 パイシーズ 菜切り包丁 1……

5

1,700円

4.24

Utaki 菜切包丁 ダマスカス 67層 V……

6

10,000円

2.8

山慎商会 菜切包丁 土佐うぐいす ……

7

1,895円

貝印 関孫六 安土 菜切り包丁165mm……

8

2,213円

4.23

片岡製作所 TAMAHAGANE 粲 菜切り……

9

13,493円

吉田金属工業 グローバル(GLOBAL……

10

7,700円

4.74

意外に簡単!研ぎ方をおさえて、菜切り包丁を長く愛用しよう

出典:amazon.co.jp

包丁の切れ味を維持するために、月に1回は砥石で研ぐことをおすすめします。菜切り包丁の刃はまっすぐなので、はじめての方でも砥石研ぎに挑戦しやすいです。

まず、#800~#2000くらいの粗さがある中砥石を準備して、10分程度水に漬けておきましょう。次に、研ぎ台もしくは濡れタオルを砥石の下に敷いて滑り止めにし、包丁を研いでいきます。刃を砥石に対して45度で立て、一定のリズムで刃を滑らせましょう。

菜切り包丁は両刃なので、両側を研ぐことを忘れずに。片側10分ほど研げば、切れ味が回復します。研ぎ終わったら、洗剤で汚れを落として、乾燥させたら完了です。研いだ包丁をすぐに使うと、食材に金属臭がうつるので、半日ほど経ってから使用しましょう

まとめ

菜切り包丁を選ぶ際には、お手入れのしやすさや切れ味などを基準にして、刃の素材・刃の長さ・柄の素材を選びましょう。お手入れのしやすさを重視する方にはステンレス製、切れ味を重視する方には鋼製の菜切り包丁がおすすめです。

なにを選べばいいか迷ってしまう方は、手持ちの包丁を参考にしてください。使用感に差がないので、ミスマッチなく利用できるでしょう。この記事の選び方を参考に、ぜひあなたにぴったりの菜切り包丁を見つけてくださいね。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
フリーライター

徳柴のぞみ

キャッチ&イートがモットーの釣り好き。好きな映画は何度も見るタイプです。お気に入りのアイテムが見つかるよう、読者の方に寄り添った記事を執筆します。