【2022年11月】シーバスロッドのおすすめ人気ランキング10選

フリーライター

徳柴のぞみ

キャッチ&イートがモットーの釣り好き。好きな映画は何度も見るタイプです。お気に入りのアイテムが見つかるよう、読者の方に寄り添った記事を執筆します。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

高いゲーム性が魅力のシーバスフィッシング。釣果を左右するのが、シーバスを釣るために設計されたシーバスロッドです。ダイワやシマノなど多くの釣具メーカーから販売されていますが、長さや硬さなどさまざまで、何を選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、シーバスロッドの選び方とおすすめ人気ランキング10選をご紹介いたします。軽量ロッドから初心者おすすめのコスパ最強モデルまで、あなたのお気に入りの1本を見つけて、シーバスの力強い引きを味わいましょう。

この記事でおすすめする商品

シーバス以外にも◎シーバスロッドは初心者おすすめのコスパ最強ロッド

出典:amazon.co.jp

シーバスロッドはシーバスフィッシングにしか使えないと思われがちですが、適合ルアーウェイトがほかの専用ロッドよりも幅広いため、青物を狙うショアジギングやアオリイカをターゲットにしたエギング、サビキ釣りや穴釣りなどの餌釣りにも転用できます。

さまざまな種類の魚を狙いたい初心者の方は、最初の1本をシーバスロッドにすることで、コスパよく釣りに挑戦できるでしょう。

シーバスロッドの選び方

シーバスロッドを選ぶ際に重要な6つのポイントを見ていきましょう。

最初の1本は万能な9フィート台がおすすめ!メインフィールドに合わせて「長さ」を選ぼう

シーバスロッドの長さは6フィート~11フィートと幅広く、長さの違いで取り回しの良さや遠投性能などが大きく変わります。そのため、自分のメインフィールドに合わせてロッドの長さを選ぶことが重要です。

初心者の方におすすめするのが、9フィート台のロッド。適度な長さで取り回しもよく、漁港・サーフ・河川などあらゆるフィールドで活躍できます。

漁港からサーフまでどんな釣り場でも対応◎汎用性の高い「9フィート台」

出典:amazon.co.jp

初心者におすすめの長さが9フィート台です。この長さは取り回し、遠投性能ともにバランスに優れ、漁港や河川はもちろん、サーフや足場の低い荒磯でも活躍できます。

これから釣りを始める方で、まだメインフィールドが決まっていない方は、9フィート台のシーバスロッドを選んでおけば、あらゆるフィールドに対応できるでしょう。

狙った場所にピンポイントキャスト!小さな漁港や小規模河川では取り回しのよい「8フィート台」

出典:amazon.co.jp

8フィート台の短めのロッドは取り回しがよく、キャストコントロールに優れているので、小さな漁港や草木の生い茂った河川など、障害物の多いフィールドに適しています。

また、小型ルアーを繊細にアクションさせるのが得意なため、ストラクチャーの影に隠れたシーバスにも、効果的にアピールできるでしょう。

遠くのポイント目がけて豪快キャスト!サーフや荒磯で遠投できる「10フィート台」

出典:amazon.co.jp

10フィート台の長めのロッドはパワーがあり、遠投性能に優れているので、荒磯やサーフなど広大なフィールドを手返し良く探りたい人におすすめです。

とくに荒磯では岩場など不安定な場所で釣りをするため、岸の手前からキャストできる10フィート以上のロングレングスがいいでしょう。魚が掛かった際にも長さを活かして、海底の障害物をよけながら、安全に魚を取り込めます。

周囲への注意が必要な舟の上でも扱いやすく、ボートシーバスに特化した「7フィート台」

出典:amazon.co.jp

7フィート台のロッドはボートシーバスに特化した専用ロッドが多く、人が込み合う船の上でも、短さを活かし少しのバックスペースでキャストできます。

一方で漁港や河川など、おかっぱりで釣りをする際には、飛距離が足りない、短すぎて足場の悪いポイントには立ち入れないなど、汎用性が低い点に注意。他の釣りには転用せず、ボートシーバス専用ロッドとして購入するとよいでしょう。

初めての1本は10g~40g適合の硬さMを!ルアーの重さに合わせてロッドの「硬さ」を選ぼう

出典:amazon.co.jp

ルアーロッドには硬さの種類があり、UL(ウルトラライト)~H(ヘビー)まで幅があります。シーバスロッドの場合、比較的柔らかいLやMLだと5g~25gのルアーウェイトに適合。硬めのMHやHだと15g~50gのルアーウェイトに適合するロッドが多いです。

初心者の方やさまざまな種類のルアーを使いたい方には中間のMがおすすめ。ルアーウェイトが10g~40g適合と幅広く、小型のミノーから重めのメタルジグなど、天候やフィールドに合わせてルアーの使い分けを楽しめます。

「重さ」は時間の釣行にも対応できるよう150g以下の軽量ロッドがおすすめ

出典:amazon.co.jp

シーバスロッドはできるだけ軽いものを選びましょう。軽量ロッドには振動が伝わりやすく高感度、振り抜きやすい、キャストしても疲れにくいなどメリットが多数あります。

目安として150g以下が望ましいですが、ロッドの重量が軽くなるほど価格は高くなるので、価格と重量のバランスを比較しながら予算に合ったロッドを選びましょう。

青物やイカも狙える!シーバスだけじゃない「狙いたい魚種」で選ぼう

出典:amazon.co.jp

シーバスロッドはサゴシやワカシといった小型青物を狙ったライトショアジギング、アオリイカやコウイカを狙ったエギングにも転用できる万能ロッドです。なかでも青物を狙いたい方には、30g以上のルアーを遠投できる、9フィート以上、硬さM以上のロッドがおすすめ。

エギングをしたい方には、ロッドのしなやかさを活かしてルアーのアクションがつけやすい、8フィート台、硬さMLのロッドがいいでしょう。ライトショアジギング・エギングの両方に転用したい方もいるかもしれません。そんな方には9フィート台、硬さMLのロッドがおすすめです。

エギングする際には、ロッドが長いぶんアクションがつけにくく、腕が疲れやすいことに注意してください。

ロッドの「調子」は操作性・感度ともにバランスのよいレギュラーテーパーがおすすめ

出典:amazon.co.jp

ロッドの曲がり具合の違いを「テーパー」または「調子」といいます。ファーステーパーはティップから曲がり、レギュラーテーパーはベリーから、スローテーパーはバットから曲がります。

おすすめしたいのが中間のレギュラーテーパー。キャスト精度や感度、ルアーの操作性ともにバランスに優れており、初心者の方でも癖がなく扱いやすいでしょう。

水洗いOK。お手入れ簡単のEVAグリップが使いやすい。ロッドの「グリップ」で選ぼう

出典:amazon.co.jp

シーバスロッドのグリップはスポンジ製のEVAグリップとコルク製のコルクグリップの2つに分かれます。EVAグリップは耐久性に優れ、低価格がメリット。コルクグリップは価格が高めですが、操作感度が高く、シンプルなデザインに魅力があります。

初めて釣りをする方にはEVAグリップがおすすめです。グリップは海水を浴びたり、魚のぬめりが付着したりするなど、ロッドの中でも汚れやすいパーツ。EVAグリップなら水洗いをすれば大抵の汚れが落ちるので、簡単にお手入れができます。

シーバスロッドのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、シーバスロッドのおすすめ人気ランキング10選をご紹介します。人気メーカーのダイワやシマノ、格安モデルのロッドまで紹介しているので、ぜひ購入の際に参考にしてくださいね。

1位 ダイワ(DAIWA)LURENIST(ルアーニスト)96ML

詳細情報
全長:2.90m
仕舞寸:150cm
硬さ:96ML
重量:190g

万能な長さの9.6フィートでサーフも漁港も両対応

人気メーカー、ダイワのルアーフィッシング入門用ロッド。1万円以下の低価格ながら高品質のブランク、握りやすいリールシートが搭載されており、キャストしやすく安定して飛距離を伸ばせます。

また、9.6フィートはオールラウンドに使える長さ。取り回しよく、遠投性能もあるので漁港や河川に限らず、サーフや荒磯などあらゆるフィールドで活躍します。1本でさまざまなフィールドに対応したい方におすすめのロッドです。

2位 シマノ(SHIMANO) 21 ムーンショット S110M

詳細情報
全長:3.35m
仕舞寸:172.1cm
硬さ:S110M
重量:190g

ロングレングスで大遠投!磯やサーフでの大物狙いに

大手釣具メーカー、シマノから販売されているショアキャスティングロッドです。11フィートのロングレングスを活かし、ルアーの大遠投が可能。荒磯やサーフなど広大なフィールドでも手返し良く、広範囲を探れます。

デメリットとして移動に注意が必要です。11フィートの長さゆえに軽自動車には積載できない可能性があるので、購入前に所有している車に積載できるか、前もって確認しておくとよいでしょう。

3位 シマノ(SHIMANO)ルアーマチック S90ML

詳細情報
全長:2.74m
仕舞寸:73.7cm
硬さ:S90ML
重量:152g

安さと品質を両立したシマノのエントリーモデル

コストパフォーマンスに優れた、シマノのルアーフィッシング入門用ロッド。実売価格1万円を切りながらも、黒を基調とした高級感あるデザインで、リールシートのゴールドのメタルリングと相性抜群です。

ロッド性能は細くしなやかなため、繊細なルアーアクションが可能。シーバスフィッシング以外にロックフィッシュ狙いやエギングに挑戦したい方におすすめです。

4位 ダイワ(DAIWA) MOBILE PACK(モバイルパック)866TML・Q

詳細情報
全長:2.59m
仕舞寸:54cm
硬さ:866TML
重量:133g

エギングにも◎コンパクトな振出竿でラクラク車載

ダイワが販売する仕舞寸法54cmのコンパクトな振出竿。大きめのバックならすっぽりと納まるサイズで、車だけでなく電車移動の釣行も楽にできるでしょう。頻繁にポイントを移動するエギングにもぴったりです。

一般的に振出竿は性能が低くなりがちですが、このロッドはブランクス、リールシートともにカーボン素材で高性能。しなりがよく、きれいな弧を描きながらキャストできるので、ピンポイントキャストからロングキャストまで自在に操れます。

5位 ダイワ(DAIWA)ラテオ R 96ML

詳細情報
全長:2.90m
仕舞寸:149cm
硬さ:96ML
重量:129g

高感度・高性能でハイエンドに匹敵する中級者モデル

ダイワのミドルクラスのシーバスロッドです。ブランク、ガイド、リールシートすべてハイエンドに匹敵する高性能モデル。なかでも、ロッド重量は140gと軽量で、長時間キャストしても疲れにくいのが特徴です。

約2万円と初めてのシーバスロッドには少し高めの価格ですが、シーバスフィッシングを長く続けたい方、初心者向けのロッドからグレードアップしてみたい方におすすめの1本です。

6位 ダイワ(DAIWA)21 シーバスハンターX 96ML・R

詳細情報
全長:2.90m
仕舞寸:149cm
硬さ:96ML
重量:134g

糸がらみしにくいKガイドで初心者でも安心キャスト

ダイワのエントリークラスのシーバスロッド。硬さMLと柔らかめのロッドながら適合ルアーウェイトが7g~35gと幅広く、重めのメタルジグも使用できます。シーバスフィッシング以外に青物狙いのライトショアジギングも楽しみたい方におすすめです。

ガイドに糸絡みがしにくいKガイドが採用されているのもポイント。風に煽られてラインが絡み合う心配がなく、初心者でも安心してキャストできるでしょう。

7位 メジャークラフト ファーストキャスト シーバス FCS-962ML

詳細情報
全長:9'6"ft
仕舞寸:-
硬さ:962ML
重量:-

ジグを使った青物狙いも!遠投性能に優れた入門用

メジャークラフトのルアーフィッシング入門用ロッド。9.6フィートの長さは遠投性能に優れており、シーバス以外にサバやサゴシなどの小型の青物狙いにもぴったりのロッドです。

また、実売価格7000円を切りながら、ブランクスには高弾性カーボンを使用。魚とのファイトの際には、ブランクのしなやかさを活かして魚を楽に浮かせられます。

8位 シマノ(SHIMANO) エンカウンター S110M

詳細情報
全長:3.35m
仕舞寸:172cm
硬さ:S110M
重量:181g

飛距離抜群の11フィートでシンプルなデザインも魅力

シマノのミドルクラスのショアキャスティングロッド。11フィートのロングレングスで、荒磯やサーフなど足場が不安定なフィールドでも、魚のいるポイント目がけて大遠投できます。

黒を基調としたシンプルなデザインで、どんなリールとも合わせやすいのも魅力のひとつ。おしゃれなロッドとリールの組み合わせは、釣りに出かけるモチベーションをアップさせてくれます。

9位 アブガルシア(Abu Garcia) クロスフィールド XRFS-902ML

詳細情報
全長:2.74m
仕舞寸:141cm
硬さ:902ML
重量:131g

柔らかなティップでシーバスのアタリを逃さずキャッチ

あらゆるフィールドを横断して使えることをコンセプトに掲げたアブガルシアのロッド。柔らかなティップが特徴で、繊細なルアーコントロールに優れており、シーバスのアタリを乗せやすくヒット率も上がるでしょう。

実売価格は1万円を切りながら、トップガイドには摩耗に強い、SiCガイドを採用。初心者の方でもラインブレイクを心配せずに、安心して魚とのやりとりを楽しめます。

10位 シマノ(SHIMANO) 18 ディアルーナ S96ML

詳細情報
全長:2.9m
仕舞寸:148.6cm
硬さ:S96ML
重量:135g

重さ135gの軽量ロッドで長時間の釣行でも疲れなし

シマノのミドルクラスのシーバスロッドです。重さは、今回ご紹介するロッドの中でも最軽量の135g。軽い力でもロッドをしっかり振り切れるので、力の弱い女性でも安定して飛距離を伸ばせます。

また、軽量ながらロッドパワーも兼ね備えており、最小限の力でルアーアクションが可能。長時間の釣行でも腕の疲労が溜まりにくく、キャスト回数も増えるので、自然とシーバスに出会うチャンスも増えるでしょう。

釣ったシーバスはムニエルや刺身にしておいしく食べるのもおすすめ

出典:amazon.co.jp

漁港や湾奥で釣れたシーバスをおいしく食べるなら、ムニエルがおすすめ。調理前にしっかり塩振って余分な水分を逃がし、焼くときは皮目からじっくり焼く。この2点を守るだけで、臭みを消し、シーバス特有のホクホクとした食感と甘みを味わえます。

サーフや荒磯で釣れたシーバスは臭みがないので刺身がいいでしょう。透き通るような白身は、弾力のある歯ごたえがあり、噛めば噛むほど上品な甘さが広がります。醬油だけでなく、ポン酢をつけて食べるのもおすすめです。

シーバスは釣り味だけでなく、食味も抜群な白身魚。キャッチャ&リリースもよいですが、自分で釣り上げた魚を食べるとおいしさも倍増しますよ。

この記事でおすすめする商品

まとめ

シーバスロッドを選ぶときは、ロッドの長さ・硬さ・重さなど、あなたのメインフィールドに適したものを選びましょう。どれがいいか迷った際には長さ9フィート台、硬さMのロッドを選べばあらゆるフィールドに対応できます。

釣りに出かける前には天気予報のチェックを忘れずに。波は高くないか、風は強くないか確認し、安全第一で釣行しましょう。この記事があなたのフィッシングライフのお役に立てれば幸いです。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
フリーライター

徳柴のぞみ

キャッチ&イートがモットーの釣り好き。好きな映画は何度も見るタイプです。お気に入りのアイテムが見つかるよう、読者の方に寄り添った記事を執筆します。