春夏用サイクルウェアの選び方とおすすめ人気ランキング10選【熱中症と紫外線を防ぐ!】

enyライター17

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

自転車をより快適に楽しむためのサイクルウェア。春夏は日照時間も長くなり、自転車に乗る機会が増える方も多いのではないでしょうか。この季節は、熱中症や紫外線によるリスクも高くなるので、適したウェアで対策を行うことがおすすめです。

サイクルウェアは、プロ選手ご用達のパールイズミ、デザインが人気のカペルミュール、自転車界には欠かせないシマノなどの各ブランドから、カジュアルで使いやすいもの、レディース用、夏用長袖タイプなど様々な商品が販売されています。機能性やデザイン、予算もチェックして選んでいきましょう。

この記事でおすすめする商品

春夏用サイクルウェアの選び方

春夏用サイクルウェアは、インナー無しで着用することも多いため、ウェアの性能が快適さに直結します。熱中症
と紫外線対策の機能、ブランド、コーディネイトを考慮し、目的や環境に合わせた商品を選びましょう。

熱中症と紫外線対策で選ぶ

走行中、同じ姿勢を長時間取り続けることが多いサイクリングでは、熱中症のリスクも高くなります。吸汗速乾性に優れた素材を選んで、汗の蒸発を妨げないことが大切です。

また、気温が高くなると紫外線も強くなります。紫外線は肌の内部にまでダメージを与え、シミや老化の原因になります。化粧品や日焼け止めクリームを必要とするように、サイクルウェアにもUVカット機能を持つ素材を選びましょう。

吸汗速乾性に優れたサイクルウェア

出典:amazon.co.jp

衣料品の素材には綿のような自然由来の天然素材と、人工的に作られた化学繊維があります。春夏のサイクルウェアでは、吸汗速乾性に優れた化学繊維が基本です。

春夏用のサイクルウェアには、放熱効果が期待できる、通気性の高いメッシュ生地を採用しているものが多くあります。また、縫製技術の高いウェアなら地肌が透けて見えることもありません。

素材もメーカー独自の繊維を採用したものや、ウェアブランドが独自に開発したものがあります。品質表示に記されていますので、特徴を確認して購入するのがおすすめです。

日焼け防止に効果的な長袖サイクルウェア

出典:amazon.co.jp

サイクルウェアに限らず、春夏のウェアは半袖が基本ですが、日焼け防止の点では敢えて長袖という選択肢もあります。また、アームカバーを使用することで長袖にすることも可能です。

紫外線を防ぐ能力として、UPFが挙げられます。UPFは衣類の紫外線遮蔽率を表す単位で、この数字が高いほど、紫外線を防ぐ能力が高くなります。春夏用のサイクルウェアでは、UPF50+が一つの目安です。UPFは長袖ウェア以外にも採用されていますので、半袖派の人も参考にしてみてください。

効果を左右するカラー・白と黒

出典:amazon.co.jp

人間の目は、光の反射や吸収率の違いで色を判断しています。その最たる例が白と黒です。白は全ての光を反射し、逆に黒は全ての光を吸収する性質を持っています。紫外線も太陽光の一種ですから、色によって反射率や吸収率に差があります。

白は紫外線を反射して防ぎ、逆に黒色は紫外線を吸収して防ぐ効果があります。紫外線予防に効果的な色は黒ですが、同時に熱も吸収しやすくなります。白は熱を吸収しないものの、反射した紫外線が露出した肌にダメージを与えやすくなります。

どちらの色のウェアも紫外線に強い素材を選ぶことが大切ですが、見た目の印象や色の好みは人それぞれです。アームカバーは黒でウェアは白、露出する顔には日焼け止めクリームを塗るなど、工夫していくことがおすすめです。

ブランドで選ぶ

サイクルウェアには、スポーティーなデザインから街でも着れるおしゃれなデザインまで、様々な種類のウェアがあります。ひたすら走りを楽しみたい、自転車から降りてもお店に気兼ねなく入りたいなど、目的を考えると選びやすくなります。

プロも愛用のトップブランド・パールイズミ

出典:amazon.co.jp

1964年の東京オリンピックが開催されたときに、サイクルウェアの企画・製造販売を開始したサイクルウェア専門メーカーです。

プロの選手をサポートしていることでも有名で、自転車に適した立体裁断や新素材を積極的に取り入れるなど、一般ユーザーのウェアにもノウハウが活かされています。サイクルウェア専門メーカーとして間違いないブランドと言えるでしょう。

落ち着いたデザインが人気・カペルミュール

出典:amazon.co.jp

おしゃれに敏感な人から多くの支持を得ているのがカペルミュール。自転車を降りても違和感のない、デザイン性の高さが人気の理由です。

一般的なサイクルウェアは体にピッタリとフィットするタイプが主流ですが、その分体型が外見で分かってしまうもの。そうしたコンプレックスにも対応し、ゆったり目のウェアも多く展開しています。街乗り派や自転車通勤にもおすすめのブランドです。

世界の自転車を支えるブランド・シマノ

出典:amazon.co.jp

シマノは自転車の総合パーツメーカー。スポーツタイプだけでなく、ママチャリと呼ばれる一般車まで、世の中の自転車のパーツにひとつは使われているといっても過言ではありません。

基本的には部品メーカーですが、近年はアパレルも展開しています。ウェアとしては新興ブランドですが、カラフルでデザイン性に富んだものが多く、
比較的リーズナブルなものが目立つため予算重視の方におすすめです。

コーディネイトで選ぶ

春夏用サイクルウェアの基本はジャージとパンツのシンプルな組み合わせです。着るものが少なく済むのは気楽ですが、上下同じデザインをセットにしたウェアか、ジャージとパンツを別に選ぶなど、組合わせに案外悩んでしまうものです。

サイクルウェアの組合わせに正解はありません。熱中症や紫外線対策は忘れずに、楽しみながら自分に合う快適なウェアを探してみましょう。

基本となるサイクルジャージ

出典:amazon.co.jp

前ファスナーで、体に沿ったスリムなジャージです。体表面積が広く発汗の多い上半身は、特に吸汗速乾性や紫外線の遮蔽性が大切になってきます。まずは春夏用に適した素材かどうか、しっかり確認しましょう。

素材以外の機能では、背面のバックポケットもポイントです。バックポケットにはスマホや携帯工具のような小物以外に、ドリングボトルなども収納できます。身軽に走りたい人は、バックポケットの活用がおすすめです。

もう一つ大事な要素が、夜間の視認性を上げる蛍光・反射素材です。暗い時間に車が走る一般道を通るときは、ドライバーへのアピールも大切です。夜道に溶け込む黒系のウェアを着用する人は特に注意して下さい。

お尻の痛み軽減にも!サイクルパンツ

出典:amazon.co.jp

サイクルパンツは、丈の長さやフィット感など、ジャージ以上に種類があります。ベーシックなサイクルパンツとしては、レーサーパンツが一般的です。丈が短くフィット感強めのシルエットが特徴で、レーパンと呼ばれています。

サイクルパンツは内側にパッドが付いているものがおすすめです。硬いサドルに長時間座り続けるサイクリストにとって、お尻の痛みは共通の悩み。パッドの有り無しが快適さを左右すると言っても過言ではありません。

レディース用サイクルウェア

出典:amazon.co.jp

ファッションにレディースラインがあるように、サイクルウェアにもレディースウェアがあります。レディースウェアの特徴のひとつがシルエットです。レディース用のサイクルウェアは、女性の骨格を考えた美しいシルエットで作られています。

また、デザインも大切です。レディースウェアには、女性らしいカラーや柄も多いので、おしゃれでかわいいデザインを探すのもよいでしょう。

できるだけ肌の露出を避けたい人は、アームカバーやレッグカバー、タイツなどの併用がおすすめです。紫外線対策はもちろんですが、転倒時の擦過傷も和らげることができます。

こだわりの用途・機能で選ぶ

短時間のトレーニングから、1日走るロングツーリングなど、状況に応じてウェアに求められる要素も変わってきます。自転車を降りて街中を歩きたい人には、ファッション性との両立も大切です。

また、天候が心配な方は、非常用として携行できるウェアがあると安心です。

走り重視のレース向けサイクルウェア

出典:amazon.co.jp

レース向けに立体裁断されたタイプは、最も効率よく走るための姿勢を考えて縫製されています。一分一秒でも速く、長く走りたい人は、レース向けフィットのタイプがおすすめです。

また、ジャージとパンツが一体になったワンピースタイプや、ビブショーツと呼ばれるタイプもオススメです。ビブショーツはパンツとタンクトップを一体にしたようなデザインで、通常はジャージと合わせて着用します。

どちらもシームレスな着心地で、ウェストの締め付け感から開放されることでストレスのない走行に期待できます。

街乗り向け・カジュアルなサイクルウェア

出典:amazon.co.jp

体にピッタリフィットしたシルエットが多いサイクルウェア。自転車に乗っているときは気にならなくても、降りて街を歩くには抵抗を感じる方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、カジュアルなタイプのサイクルウェアです。街乗り向けのウェアは、ゆったりとした着心地が特徴で、落ち着いたデザインは街中でも違和感がありません。

自転車でお目当てのカフェまで走る、自転車から降りて名所を散策するなど、自転車に乗っている時間だけが楽しみではありません。カジュアルタイプなら、いつもの服を着るようにリラックスできるでしょう。

天気の急変に備える携行用サイクルウェア

出典:amazon.co.jp

春夏は気圧配置の影響で、天気が急変しやすくなります。特に夏場は、快晴でも急な雨雲の発達による雨の影響を受けることもあるでしょう。

また、長時間走る人は、帰宅予定時間が遅れることも考えられます。いずれの場合も気温の変化に備え、防寒のために携帯できるウェアを持っておくと安心です。明るい色であれば夜間の視認性も高く、安全に走ることができますよ。

【走り重視】春夏用サイクルウェアのおすすめ人気ランキング6選

走りにフォーカスしたサイクルウェアは、体にフィットしたラインが特徴。自転車で走ることだけを考えたといってもよい無駄のないデザインで、走りに集中したい人におすすめです。

購入の際は、サイズやカラーのチェックも忘れないようにしてくださいね。

1位 パールイズミ プリントジャージ

詳細情報
サイズ:S・M・L・XL
カラー:アスファルト/コーナーキューブ/ライト トレイル

サイクルウェア専門ブランドの定番ジャージ

サイクルウェアのトップブランド・パールイズミのサイクルジャージです。カラーも豊富で縫製にもこだわって作られています。

UPF50+UVカットと吸汗速乾性の他、抗菌防臭加工もされていて、気になる汗の臭いを抑える春夏に最適な1枚です。

2位 パールイズミ サイクリングパンツ

詳細情報
サイズ:S・M・L・XL
カラー:ブラック/ホワイト/レッド

スポーツサイクリングでは欠かせない

通称レーパンと呼ばれ、ロードバイクのサイクリングで着用率が非常に高いウェアです。パッドが内蔵されながら、ゴワつきにくく自然な履き心地が特徴。お尻の痛みに悩む人も、これから自転車を始める人にもおすすめです。

3位 シマノ クライマーズジャージ

詳細情報
サイズ:S・M・L
カラー:ホワイト/ネイビー/レッド

自転車パーツメーカーのシンプルなジャージ

自転車の総合パーツメーカーのシマノですが、アパレルにも力を入れています。こちらのジャージはスポーツ走行に適したスリムフィット。その他にも、シーンに合わせた最適なフィット感が得られるよう、タイプの異なるジャージを展開しています。

4位 ウェルクルズ サイクルロングタイツ

詳細情報
サイズ:S・M・L・XL・XXL
カラー:黒(ロゴ入り)/黒×赤/黒×青/黒×グレー/黒(ロゴなし)

意外と盲点・下半身の日焼け対策に

日焼けしやすい上半身に比べ、対策をおろそかにしがちな下半身。しかし紫外線のダメージは確実に蓄積します。タイツはパッドも内蔵しているため1枚で着用OK。下半身まで万全な日焼け対策を求める人にもおすすめです。

5位 パールイズミ コールドブラック アームカバー

詳細情報
サイズ:S・M・L・XL
カラー:ブラック/ホワイト

半袖の紫外線対策に

長袖を暑く感じる人におすすめしたのいが、アームカバーです。こちらは太陽光を反射する素材を採用し、装着するだけで温度を4〜5℃下げることができます。また、締め付け過ぎないフィット感で、汗による肌のかぶれや荒れも防ぐことができます。

6位 パールイズミ ロングスリーブジャージ レディース

詳細情報
サイズ:S・M・L・XL
カラー:アイスブルー/ブラック/ダスティーローズ

優しいカラーリングがポイントに

首元まで日焼けを防ぐスタンドカラーや、背中がずり上がりにくい裾のシリコン加工でなど、女性に嬉しい細かなデザインが魅力のジャージです。柔らかな色合いと美しいシルエットが目を引きます。

【街乗り向け】春夏用サイクルウェアのおすすめ人気ランキング4選

自転車で走ることは好きだけどレースライクな見た目は苦手、そんな方におすすめなのがカジュアルなサイクルウェアです。比較的ゆったりとしたラインは着心地がよく、街で着ても浮かないのもポイントです。

こちらも、購入の際はサイズやカラーのチェックも忘れないようにしてくださいね。

1位 Morethan サイクルジャージ 半袖カジュアル

詳細情報
サイズ:S・M・L・XL・XXL・XXXL
カラー:ブラック/グレー/蛍光グリーン

スポーツウェア感覚で着れる

目立つよう派手なデザインが多いサイクルウェアには珍しい、シンプルなデザインです。サイクルジャージというより、スポーツウェアのように着れます。価格もリーズナブルで、シンプルなデザインが好きな人におすすめです。

2位 カペルミュール レトロサイクルジャージ

詳細情報
サイズ:S・M・L・WL・XL・XXL
カラー:ブラック

落ち着いたデザインが人気に

名前の通り、レトロで落ち着いたデザインのジャージです。サイクルジャージとしての機能性は高く、刺繍ロゴや国内生産などディティールもこだわっています。ややゆったり目のシルエットで、街中でも違和感なく着用できます。

3位 カペルミュール サイクリング ストレッチクロップドパンツ

詳細情報
サイズ:XS・S・M・L・XL・XXL
カラー:ブラック

レーパンのシルエットが苦手な人に

ジャージ同様、カジュアルライドを意識したカペルミュールのパンツです。ストレッチ性の高い素材を採用し、パンツが引っ掛かるなど、ペダリング中のストレスもありません。短いパンツやぴったりとしたパンツが苦手という人にもおすすめです。

4位 パールイズミ フリージーサイクルジャージ

詳細情報
サイズ:M・L・XL
カラー:ブルー/ブラック

本格ブランドのカジュアルライン

パールイズミのカジュアルライド向けジャージが「フリージー」。レースのイメージが強いブランドですが、幅広いユーザーに向けたウェアもリリースしています。

太いボーダーがポイントのデザインは、パッと見普通のシャツのようにも見えます。もちろん機能性は抜群なので、デザインと機能の両立を求める方におすすめです。

おすすめの商品一覧

製品最安値評価リンク

パールイズミ プリントジャージ

1

9,332円

4.5

パールイズミ サイクリングパンツ

2

9,800円

4.5

シマノ クライマーズジャージ

3

4,646円

3.8

ウェルクルズ サイクルロングタイツ

4

3,280円

3.86

パールイズミ コールドブラック ア……

5

3,024円

4.17

パールイズミ ロングスリーブジャ……

6

9,684円

3

Morethan サイクルジャージ 半袖カ……

7

2,398円

4

カペルミュール レトロサイクルジ……

8

11,000円

4.63

カペルミュール サイクリング スト……

9

9,612円

4.2

パールイズミ フリージーサイクル……

10

7,513円

4.35

まとめ

シャツにパンツだけと言った軽装が中心の春夏用サイクルウェアですが、シンプルな中にも快適に走るための工夫が詰め込まれています。機能やカラー、プラスのアイテムなどにも注目して、熱中症と紫外線を防ぎ、楽しいサイクリングをしてください。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

enyライター17