ランタンスタンド

ランタンスタンドの選び方とおすすめ人気ランキング10選【メーカーから卓上にも】

ono.h

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

ランタンを好きな場所に吊るせる「ランタンスタンド」は、1つ持っていると夜のキャンプが非常に過ごしやすくなります。ランタンは持っているから、次はランタンスタンドを検討している。という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ランタンスタンドの選び方とおすすめ人気ランキング10選をご紹介します。機能や使い方をしっかりとおさえて、ぜひご自身にぴったりなランタンスタンドを見つけてみてください。

この記事でおすすめする商品

ランタンスタンドの魅力

ランタンスタンドは、ランタンを吊るすだけではなく物を干せたり、虫除け対策になるなど多くの魅力があります。ご購入前にしっかりと魅力をおさえて、ご自身に最適なランタンスタンドを見つけてみてください。

キャンプサイト全体を照らせる

ランタンスタンド
出典:amazon.co.jp

ランタンスタンドは、地上高200cm程の位置にランタンをセットできるため、キャンプサイト全体に灯りが広がりやすいという魅力があります。夜のキャンプでも快適に過ごせるのは嬉しいですね。

また、熱くなってしまったランタンは上部にあるので、火傷の心配も軽減できます。子供の手の届かないところであれば、転倒や火傷も防止できるので、より安全にキャンプを過ごすことができますね。

虫除け対策としても使える

ランタンスタンド
出典:amazon.co.jp

虫は光に集まってきます。テントから離れたところにランタンスタンドを設営すると、そちらの光に虫が誘き寄せられるので、テントに虫が寄り付きにくくなる効果があります。

特に、キャンプ場には蚊やハエ、羽虫などさまざまな種類の虫がいますから、虫が苦手な方には嬉しいポイントですね。

ランタンスタンドの選び方

ここでは、足の形状別や機能別などから、ランタンスタンドの選び方をご紹介します。ぜひご自身にぴったりなランタンスタンドを選ぶ参考にしてください。

足の形状と設置方式で選ぶ

足の形状は「一脚タイプ」「三脚タイプ」「クランプタイプ」の3種類あります。それぞれ特徴や設置方式が異なるので、ご自身が使用するシーンを想像して選んでみてください。

設置場所を選ばない簡単設営の一脚タイプ

ランタンスタンド
出典:amazon.co.jp

一脚タイプは、打ち込み式とも呼ばれ、地面に直接打ち込んで固定する設営方式のスタンドです。面の傾斜や多少の凸凹なら、気にせず簡単に設営できるのが特徴となっています。

初めていくキャンプ場で、足場の状態がわからなくても気軽に設営できます。また、比較的コンパクトに収納できるタイプが多く、持ち運びしやすいのも嬉しいポイントですね。

高い安定感を誇る三脚タイプ

ランタンスタンド
出典:amazon.co.jp

三脚タイプは、一本のスタンドを三脚で支える設営方式のスタンドです。平地にしか設営できないという難点はあるものの、高い安定感を誇るのが特徴となっています。

また、三脚部分にペグダウンできる商品なら、強風に強くなるためおすすめです。地面に打ち込む必要がないので、子供や女性でもらくらく設営が可能。地面が硬い場所や、コンクリート上にも設営できるのが嬉しいポイントです。

卓上に設置するならクランプタイプ

ランタンスタンド
出典:amazon.co.jp

クランプタイプは、テーブルに挟み込んでボルトで固定する設営方式のスタンドです。食事中の灯りを灯したり、地面に設営するスペースがないときなどに、気軽に設営できるのが特徴となっています。

また、比較的コンパクトに収納できるのもポイント。一脚式とクランプ式のハイブリッドな商品も販売されているので、シーンに合わせて使い分けるのもおすすめです。

機能や扱いやすさで選ぶ

ここでは、高さの調整方法や素材の持つ機能面から、扱いやすさを考慮した選び方をご紹介します。ぜひご自身のキャンプシーンにあった機能を持つ、ランタンスタンドを選ぶ参考にしてください。

伸縮サイズと長さの調整方式をチェック

ランタンスタンド
出典:amazon.co.jp

ランタンスタンドは高さを自由に調整できますが、その調整方法はさまざまです。分割したポールを継ぎ足すことで高さを調節する延長タイプから、好きな高さで固定できるスライド式やねじ式があります。

初めて購入される方は、細かく高さを調節できるスライド式、ねじ式がおすすめです。自分の好きな高さに調節できるので、灯りの加減が簡単に調節できますよ。また、伸縮サイズはできるだけ大きいものが良いでしょう。高さの可動域が広いと、使い方の幅が広がりますよ。

収納サイズと携帯性は持ち運びに影響する

ランタンスタンド
出典:amazon.co.jp

キャンプは、何かと荷物が嵩張るので、できるだけ小さく収納できるものがおすすめです。折り畳み式や組み立て式なら、比較的コンパクトに収納できますよ。

また、収納ケースが付属していると持ち運びに便利です。フックやペグを紛失するリスクも軽減されるので、ご購入前にチェックすると良いでしょう。

耐久性やお手入れのしやすさから素材を選ぶ

ランタンスタンド
出典:amazon.co.jp

ランタンスタンドは、主にステンレス・アルミ・スチールの3種類の素材が使用されています。基本的に屋外で使用するものなので、汚れの落としやすさや、お手入れのしやすい素材かなど、購入前にチェックすると良いでしょう。

どの素材も錆びにくく扱いやすいですが、特にステンレス素材は耐久性に優れています。アルミ素材であれば、軽量化されている商品が多いので持ち運びに便利なのがポイントになります。

安全性で選ぶ

ランタンは、火を取り扱う場合があるので、スタンドが転倒すると火傷や怪我をする恐れがあります。転倒しにくい重さや重量を、購入前にチェックすることが大切です。ぜひご自身が使用するランタンと照らし合わせて選んでみてください。

ランタンの重さと対荷重をチェック

ランタンスタンド
出典:amazon.co.jp

ランタンスタンドは、使用するランタンの重さにあった耐荷重のある商品を選ぶことが大切です。特に、一脚タイプは三脚タイプよりも転倒しやすいので、購入前にはしっかり確認しましょう。

お手持ちのランタンがガス式・オイル式・ガソリン式なら2Kg、LED式なら1Kgを目安に選ぶと良いでしょう。さらに他のものを干したりする場合は、より耐荷重が必要なので注意しましょう。

ランタンスタンドは重量があると倒れにくい

ランタンスタンド
出典:amazon.co.jp

一般的に、キャンプアイテムは軽いものが重宝されます。しかし、ランタンスタンドにおいては重量があるタイプの方が倒れにくく、安全性が高まる傾向にあります。

軽い商品であれば、持ち運びには便利ですが、強風で倒れやすいという欠点も。怪我につながる恐れもあるので、ランタンスタンドの重量は2Kgを目安に選ぶと、ある程度安全性が担保されるのでおすすめです。

メーカーで選ぶ

ランタンスタンドは、スノーピークやコールマンなど、さまざまなアウトドアメーカーから販売されています。メーカーによって特徴やデザインが異なるので、ぜひご自身にあったメーカーを選ぶ参考にしてください。

高品質で高級感のある「スノーピーク」

ランタンスタンド
出典:amazon.co.jp

スノーピークは、ハイクオリティで高級感のあるラインナップが特徴のメーカーです。本社に併設されたこだわりのキャンプ場で、独自のプロダクト開発が行われていることで知られています。

国内外を問わず、洗練されたデザインが高い評価を受けています。耐久性も高い商品が多いので、長く使いたいという方にはおすすめのメーカーです。

個性的なデザインと機能性が魅力の「ロゴス」

ランタンスタンド
出典:amazon.co.jp

ロゴスは、幅広い製品を取り扱っているアウトドアの総合ブランドです。機能的でおしゃれなラインナップが、世界中で人気を集めている魅力のあるメーカーです。

価格は、安価なものから高価なものまであります。幅広い選択肢から、自分にぴったりなランタンスタンドを選びたい、という方におすすめです。

ラインナップが豊富でおしゃれな「コールマン」

ランタンスタンド
出典:amazon.co.jp

日本でも馴染みのある、アメリカで創業されたアウトドアメーカーです。取り扱っている製品は多岐に渡り、高い品質とおしゃれなデザインが高評価を受けています。

ランタンスタンドも、おしゃれで機能的な商品が多いのが特徴です。アフターサービスにも定評があるので、安心して購入したい方におすすめのメーカーとなっています。

ランタンスタンドのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、ランタンスタンドのおすすめ人気ランキング10選をご紹介します。さまざまな機能やデザインから、コールマンやスノーピークなどの人気メーカーもランクインしています。ぜひご自身に最適なランタンスタンドを選ぶ参考にしてください。

1位 YaeiWorkers (ヤエイワーカーズ) ランタンスタンド 

詳細情報
重量:(収納時)550g
素材:ポールは高強度アルミ製(アルミ合金7075)、ランタンハンガーはステンレス、ペグはスチール
セット内容:ポール、ランタンハンガー、ペグ

一脚式でもクランプ式でも使えるハイブリッドスタンド

組み立て式のランタンスタンドで、コンパクトに収納できるのが特徴。本体重量は550gと軽量化されており、持ち運びに便利なのも嬉しいポイントです。

また、一脚式でもクランプ式でも使えるハイブリッド構造が魅力。軽いので、テーブルが倒れる心配なく使用できます。地面には鍛造ペグで固定できるので、軽さと安定性を兼ね備えた商品でおすすめです。

2位 キャプテンスタッグ ‎アルミスライドランタンスタンド UF-4

詳細情報
重量 :約1.2kg
素材 :ポール、開脚バー/アルミニウム(アルマイト加工)、アーム/鉄(クロムめっき)、スタンド/鉄(エポキシ樹脂塗装)、アーム部樹脂/ナイロン、ジョイント部、ロックネジ、キャップ/ポリプロピレン、ポール差し込み部、開脚部/ABS樹脂
セット内容:-

アルミ素材で軽量な自立式三脚スタンド

安定感のある三脚式で、場所を選ばず簡単に設置できるランタンスタンド。ポールを回すだけで最大約2mまで高さを調整することができます。

アルミ素材でできているので、総重量1.2kg、折りたたむと約100cmと持ち運びやすいサイズなのも魅力です。

3位 Shine Trip ランタンスタンド

詳細情報
重量:-
素材:ポール:高強度アルミ合金製、ランタンハンガー:ステンレス、ペグ:スチール(鋼材S45C)
セット内容:-

安価な2WAY式で1本目の購入や初心者におすすめ!

地面とテーブルに設置できる2WAY使用で、比較的安価なのが魅力。連結式の組み立てで、初心者でも簡単に設営できるのが嬉しいポイントですね。

しかし、本体重量が約180gと軽いので、地面に設営する際にはスタンドの転倒や、ランタンの落下などには注意が必要です。高さも1.2mと比較的低いので、テーブル上の設営をメインに検討していてる方におすすめの商品です。

4位 コールマン ランタンスタンド4

詳細情報
重量:約1.4kg
素材:アルミニウム、スチール、ナイロン、他
セット内容:付属品:アルミ製ピンペグ×3本、収納ケース

10段階の高さ調節と足を引っかけにくい安全構造が魅力

三脚式のランタンスタンドで、安定感が魅力のスタンドです。足を引っ掛けにくい構造になっているので、子供がいるファミリーや、扱いに慣れていない初心者におすすめな商品です。

ランタンフックの高さは10段階から調節できるのもポイント。スライド式なので、余計な力をかけることなくスムーズに調節できるのも嬉しいですね。

5位 Ribitek ランタンスタンド

詳細情報
重量:820g
素材:S45Cスチール、アルミ合金、スチール
セット内容:ペグ、ランタンポール、ランタンハンガー、210Tポリエステル袋、日本語の取扱説明書

コンパクト収納でポールにも使える多機能スタンド!

アルミ製の一脚式ランタンスタンドです。折り畳み式で軽量化されているので、持ち運びのしやすさと扱いやすさを兼ね備えているのが魅力になっています。

付属のスチールペグは打ち込みやすく、抜きやすい構造なので簡単に設営可能。折り畳み式のポールは、テントやタープのポールとしても使えるので、1本持っているとさまざまなシーンで活躍してくれるでしょう。

6位 ERDEX ランタンスタンド

詳細情報
重量:ー
素材:本体→アルミ製(アルミ合金7075),ランタンハンガー→ステンレス製,ペグ→ステンレス製
セット内容:本体,ランタンハンガー,ペグ

一脚式とクランプ式の2way使用で高い耐久性を誇る

一脚式のランタンスタンドで、クランプも付属しているため2WAYで使用できるのが魅力です。足を引っ掛ける心配がないので、お子様連れのキャンプや初心者におすすめとなっています。

高強度のアルミとステンレス製のスタンドなので、錆びにくく耐久性もバッチリ。珍しいブロンズとゴールドの2色展開で、他の方とは違った色を検討している方はぜひチェックしてみてください。

7位 Kcmell ランタンスタンド

詳細情報
重量:約320g
素材:ランタンスタンド本体、ペグ(1本)とグランプ(1個)は高強度アルミ製、ランタンハンガー(1個)とフック(2個搭載)はステンレス製
セット内容:ポール4本(フック2個搭載)ペグ1本/グランプ1個 /ランタンハンガー1個/ナイロン収納袋付き

2つのフックとランタンハンガー付きで利便性が高い

高強度アルミ製のランタンスタンドで、軽さと取り扱いやすさが特徴です。コンパクトな収納が可能で、汚れの掃除も容易にできるため、非常に扱いやすいのが魅力の商品となっています。

また、4段階調節が可能な2つのフックに加え、好きな高さに取り付け可能なランタンハンガーが付属しています。ランタンと一緒に調理器具や虫除けアイテムも吊るせて、利便性の高いのも嬉しいポイントです。

8位 スノーピーク パイルドライバー

詳細情報
重量:1700g
素材:スチール
セット内容:先端保護キャップ付

ハンマー不要の設営でスタイリッシュさが魅力!

硬い地面に対しても、ハンマーを一切使用せずに設営できるスタイリッシュさが魅力のランタンスタンドです。地面の凹凸を気にせず打ち込めるので、非常に利便性の高い商品になっています。

先端には保護キャップが付属しているので、安全性が高いのもポイント。ステンレス製のおしゃれなデザインは多くの方を虜にするランタンスタンドでしょう。

9位 Hilander アイアンランタンスタンド

詳細情報
重量:約2.4kg
素材:鉄
セット内容:専用の収納袋つき

2つに分かれる2way使用でロースタイルにも対応

2本に分かれる一脚式のランタンスタンドで、その2本ともが地面に設営可能。そのため、低い高さにランタンが設置でき、ロースタイルのキャンプに向いている商品です。

もちろん、2本を接続すれば高さ2mからキャンプサイトを照らすことも可能。収納袋は付属していますが、2本をそのまま収納するので幅1.1mとやや長いです。持ち運びには注意しましょう。

10位 BUNDOK(バンドック) ランタンスタンド

詳細情報
重量:1.5kg
素材:アルミニウム・スチール
セット内容:付属品/ペグ3本・収納袋

三脚式とペグの設営で高い安定性が魅力的!

三脚式のスタンドでペグ付きなので、高い安定感が魅力の商品です。ハンマーがなくても打ち込みやすい、工夫されたペグで簡単に設営が可能。最初の1本目や初心者におすすめとなっています。

また、耐荷重2kgなので、大抵のランタンに使用できるのも魅力的です。全長70cmのコンパクトな収納で持ち運びしやすいのも嬉しいポイントですね。

おすすめの商品一覧

製品最安値評価リンク

YaeiWorkers (ヤエイワーカーズ) ……

1

3,383円

4.3

キャプテンスタッグ ‎アルミスライ……

2

2,445円

4

Shine Trip ランタンスタンド

3

2,480円

4.22

コールマン ランタンスタンド4

4

4,345円

4.55

Ribitek ランタンスタンド

5

2,344円

4.8

ERDEX ランタンスタンド

6

2,380円

4.36

Kcmell ランタンスタンド

7

1,599円

3.5

スノーピーク パイルドライバー

8

5,830円

4.61

Hilander アイアンランタンスタンド

9

3,980円

4.18

BUNDOK(バンドック) ランタンスタ……

10

3,618円

4.03

まとめ

ランタンスタンドを選ぶときは、足の形状や機能、重量などの取り扱いやすさを検討し、使用する環境に適した商品を選ぶことが大切です。特に重量や耐荷重は、転倒や怪我につながるので購入前にしっかりチェックしましょう。

快適なキャンプを楽しむためにも、ぜひご自身に最適なランタンスタンドを選んでみてくださいね。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

ono.h