バイク保険の選び方とおすすめ人気ランキング9選【任意保険でしっかり備えておこう】

蔭西優愛

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

バイクを購入した際に、バイク保険を検討する方が多いのではないでしょうか。自動車での事故とは異なり、バイクでの事故は自分への怪我のリスクが一気に上がります。バイク保険に加入しておくことで、相手への補償だけではなく、自分のための備えも可能です。

そこで今回はバイク保険の選び方や、おすすめバイク保険を紹介します。紹介するバイク保険の中には、三井住友海上火災保険チューリッヒ保険など、有名保険会社のバイク保険もあります。初めて加入する方や免許取り立ての方は、ぜひ参考にしてください。

バイク保険の選び方

バイク保険にはさまざまな選び方が存在します。加入方法や補償内容を重視して選ぶ方もいれば、保険料の安さを重視したい方もいるでしょう。それぞれの内容をよく把握し、自分に合った補償内容で、無理のない保険料のものを選んでいきましょう。

加入方法で選ぶ

バイク保険は、ダイレクト型と代理店型の2種類の加入方法から選べます。加入方法によって、記入すべき書類の数や、店舗への来店の有無などが異なることも。それぞれメリットも違うため、自分に合った加入方法で利用するといいでしょう。

24時間申し込みが可能「ダイレクト型」

出典:バイク保険.com

ダイレクト型を利用すると、スマホやパソコンでWEB完結することがほとんどです。契約するバイクや免許証の情報があれば、すぐに加入することができます。またWEB上ではわからないことがあれば、電話1本で加入を完了することも可能です。

補償内容を相談しながら加入できる「代理店型」

出典:ZURICH

代理店型を利用すると、店舗を通してスタッフと相談しながら加入手続きを進められます。自分に合う補償内容の提案や、免許証のコピーや書類の準備などのお任せが可能です。スマホやパソコンを操作することが苦手な方は、店舗型のバイク保険をおすすめします。

相手への補償内容で選ぶ

バイク保険には、対人賠償補償・対物賠償補償・対物超過修理費用補償といった、相手への補償重視の補償内容があります。相手への補償をしっかり備えておくことで、賠償金などを支払えなくなる状況を避けることが可能です。

相手を怪我させてしまったときに必要「対人賠償補償」

出典:ソニー損保

対人賠償補償は、相手を死傷させてしまったときに必要な補償です。加入時に保険金を設定する必要があり、最大無制限まで設定できます。交通事故では相手を死傷させてしまうケースがほとんどです。

また対人賠償補償を使用した場合、ノンフリート等級が下がり、次の年の保険料は上がります。家族を支障させてしまっても補償対象にはならず、相手は他人であることが条件です。

相手のバイクや所有物を壊してしまったときに必要「対物賠償補償」

出典:ソニー損保

対物賠償補償は、交通事故が原因で相手の車バイクなどを壊してしまったときに必要な補償です。損害賠償責任を負うこともあるため、保険金を無制限で設定しておくことをおすすめします。また対物賠償補償を利用した場合、次の年の保険料は上がることもあります。

相手のバイクの修理代が高価になってしまったときには「対物超過修理費用補償」

出典:ソニー損保

対物超過修理費用補償は、故障した相手の車やバイクが時価額を超えた場合に必要な補償です。時価を超えた修理費用は、対物賠償補償ではカバーできません。そのためもしもの時のために、対物超過修理費用補償があるバイク保険に加入しておくといいでしょう。

自分への補償内容で選ぶ

バイク保険には、搭乗者傷害補償・自損事故補償・人身傷害補償・無保険車傷害補償といった、自分への補償が充実した補償内容があります。バイクは自動車とは異なり、外気と触れる体の面積が広いため、事故を起こしたときには大怪我をしてしまう可能性が大きいです。

運転手を含め搭乗者が怪我したときには「搭乗者傷害補償」

出典:ソニー損保

搭乗者傷害補償は、自分が乗っているバイクの同乗者が死傷したときに必要な補償です。自分自身が死傷したときにも補償されるため、交通事故が原因で入院するようなことがある場合には必須となります。バイク保険の基本保証として取り扱われることもあります。

単独事故への備えに必要な「自損事故補償」

出典:SBI損保

自損事故補償は、相手がいない交通事故を起こした場合に必要な補償です。自分や同乗者が死傷したときに、保険金が支払われます。また人身傷害補償に加入しているのであれば、自損事故補償への加入は必要ありません。

同乗するすべての人が補償対象である「人身傷害補償」

出典:ZURICH

人身傷害補償は、自分や同乗者が死傷したときだけではなく、家族の歩行中の自動車事故も対象になる補償です。先ほど紹介した自損事故補償と同じく、単独事故での死傷も対象になります。

人身傷害補償か自損事故補償のどちらかに加入するのであれば、人身傷害補償をおすすめします。

相手が任意保険に加入していなかった場合に必要「無保険車傷害補償」

出典:ZURICH

無保険車傷害補償は、交通事故を起こした相手が任意保険へ加入していなかった場合に必要な補償です。相手が任意保険に入っていないことは、相手にとってもリスクだけではなく、交通事故の相手である自分自身にとってもリスクがあります。

車両保険の付帯で選ぶ

バイク保険には、車両保険を付けることが可能です。車両保険があることで、事故が原因で故障したバイクの修理を保険金で行えます。故障具合によって、車両保険で受け取った保険金のみで修理が行えることもあります。

中古バイクであれば「付帯しない」方がお得な場合も

出典:KAWASAKI公式サイト

中古のバイクを乗っている方は、車両保険を付帯しない方がお得である場合があります。車両保険は、交通事故によってバイクが故障した際に、修理代として保険金を利用できるものです。

しかし中古のバイクが故障してしまったとき、バイクを新しく買い替える方がお得である場合も。そのため始めから車両保険を付帯せずに、保険料を節約する方が多いです。

新車や免許証を取り立ての方は「付帯する」ことをおすすめ

出典:SUZUKI公式サイト

車両保険の付帯は、新車を購入した方や免許証を取ったばかりの方などにおすすめです。新車を購入したばかりの方は、もし交通事故でバイクが故障したときに、買い替えではなく修理する選択を取る方が多いのではないでしょうか。

また免許証を取り立ての方は、バイクの操縦に十分に慣れているとは言えないため、交通事故を起こす確率は高いといえます。車両保険を付帯すればもちろん保険料は上がりますが、その分リスクに備えることが可能です。

特約で選ぶ

バイク保険の特約には、他車運転特約・車両積載動産特約・弁護士費用特約などがあります。特約は基本的に追加料金で加入するものではありますが、保険会社によってはサービスとして補償内容に含まれている場合もあります。

他人のバイクを借りる方に必須「他車運転特約」

出典:SUZUKI公式サイト

他車運転特約は、契約者やその家族が他人のバイクを借りて交通事故を起こしたときに必要な特約です。他人のバイクを運転する機会が多い方は、契約に追加することをおすすめします。また家族も補償対象となるため、加入した際には家族にも伝えておくといいでしょう。

バイクが盗まれた時に補償される「車両積載動産特約」

出典:損保ジャパン

車両積載動産特約は、交通事故によってトランク内に乗せていた動産が破損したとき、またはバイク本体が盗まれたときに必要な特約です。交通事故の際に破損したものは、動産である必要があります。またバイクのトランク内のものが盗まれたときは、補償対象外です。

相手との示談が不安である方におすすめ「 弁護士費用特約」

出典:ZURICH

弁護士費用特約は、交通事故後に相手と交渉するために弁護士を利用するときに必要な特約です。弁護士を仲介人とすることで、安心してやりとりができるのではないでしょうか。弁護士を利用する際には費用が必要ですが、弁護士費用特約を付帯することで保険金でカバーできます。

自動車保険に付帯する際に必要「ファミリーバイク特約」

出典:HONDA公式サイト

ファミリーバイク特約は、125cc以下のミニバイク、または50cc以下の三輪以上の自動車が補償対象となる特約です。自動車保険に付帯する特約であり。ミニバイクは何台でも対象となります。また通常のバイク保険よりも保険料を抑えられる場合もあります。

会社によってはパーツ盗難も対象に「バイクの盗難保険」

出典:ZURICH

バイクの盗難保険は、バイク本体またはバイクのパーツが盗まれたときに必要な特約です。バイクはパーツだけでも十分に高額で売れることもあり、盗難事件が相次いでいます。バイク専用の車庫などがない方は、バイクの盗難保険で十分に備えておくといいでしょう。

ロードサービスの内容で選ぶ

バイク保険では、事故を起こした際にロードサービスを利用できます。ロードサービスの内容には、レッカーサービス・レンタカーサポート・ペットケアサポートなどがあり、保険会社によって内容が異なる場合が。

何度も利用できるサービスもあれば、1回きりしか利用できないサービスもあります。

バイクを動かせなくなったときに必要「レッカーサービス」

出典:三井ダイレクト損保

レッカーサービスは、交通事故によってバイクが動かなくなったときや、側溝などにタイヤが脱輪してしまったときに必要です。周りに人がいない道で事故を起こした場合には、バイクの移動を1人で行わなくてはいけないことも。

そのようなもしもの時のために、レッカーサービスが利用できる保険会社での加入をおすすめします。保険会社の中には、何度もレッカーサービスを利用できるロードサービス内容である場合もあります。

移動手段がない方におすすめ「修理後の搬送費用の負担」

出典:ソニー損保

修理後の搬送費用の負担は、バイクを修理工場などで修理してもらった後に、バイクを取りに行く移動手段がない方におすすめです。修理後の搬送費用の負担を利用することで、家までバイクを運んでもらえます。オプションとして取り扱っている保険会社もあります。

運転不可能になってしまったときに必要「レンタカーサポート」

出典:ZURICH

レンタカーサポートは、交通事故によって移動手段がなくなったときに必要なサービスです。バイクで通勤・通学をしている方は、レンタカーサポートがあるバイク保険に加入しておくといいでしょう。

レンタカーサポートを利用する可能性がある方は、借りたバイクを返す拠点なども一緒に確認しておくことをおすすめします。

夜間に事故を起こしてしまっても安心「帰宅・宿泊費用のサポート」

出典:ソニー損保

帰宅・宿泊費用のサポートは、夜間に交通事故を起こしてしまったときに活用できるサービスです。見知らぬ場所での交通事故や、バイクで遠出した際での交通事故の場合は、帰宅する移動手段などに困ることでしょう。

帰宅・宿泊費用のサポートを活用することで、交通事故後でも焦らずゆっくり対応できます。

ペットと一緒に移動することが多い方におすすめ「ペットケアサポート」

出典:ZURICH

ペットケアサポートは、ペットと一緒にツーリングする機会が多い方におすすめです。ペットを連れてのツーリングの際にもし交通事故に遭ってしまっても、ペットへのサポートも十分に受けられます。ペットの宿泊費用など、補償される内容は保険会社によって異なることも。

事故対応・保険金の支払いスピードで選ぶ

万が一のことが起きてしまったとき、実際の事故対応や保険金の支払いスピードが気になるのではないでしょうか。バイク保険を加入する際には、もしものことが起きた場合を想定しながら、保険会社を選ぶことをおすすめします。

いつ・どこで事故に遭っても対応できる「24時間365日対応」

出典:アクサダイレクト

バイク保険を検討している方のほとんどが、万が一事故が起きてしまったときに備えるためです。しかしいつ事故が起こるかわからないため、保険会社の事故対応が気になるところでしょう。最低限24時間365日対応してくれる保険会社を利用することをおすすめします。

また事故対応できる時間帯だけではなく、事故対応方法なども一緒に確かめておきましょう。中にはドライブレコーダーの映像がサポートセンターまで送られるサービスもあります。

保険金の支払いスピードを重視するなら「30日以内に保険金が支払われる」

出典:amazon.co.jp

もし交通事故を起こしてしまったとき、保険金はいつ支払われるのかと疑問に思う方が多いことでしょう。保険金の支払いスピードの目安は、30日以内に支払いが完了するのかです。ただし示談が長引いてしまうと、その分保険金の支払いは遅れてしまいます。

保険料で選ぶ

バイク保険へ加入する際、補償内容だけではなく保険料にも注目する方がほとんどです。できるだけ充実した補償内容で加入したくても、その分保険料が上がってしまいます。そこで保険料を少しでも抑えられる方法を紹介するため、参考にしてみてください。

「年齢条件」を設定してできるだけ保険料を抑える

出典:ZURICH

バイク保険でも、自動車保険と同じく運転者の年齢条件を設定することが可能です。バイク保険の年齢条件は、年齢問わず補償・21歳以上補償・26歳以上補償の3つに分かれていることがほとんどです。

また契約者だけではなく、配偶者などの家族が運転する機会もあることでしょう。その場合は、最年少者の年齢で年齢条件を設定する必要があります。

各保険会社の「割引制度」を確認しよう

出典:ZURICH

バイク保険の保険会社によって、割引サービスやキャンペーンなどを行っていることも。割引制度の中には、「インターネット割引」「新車割引」などがあります。またノンフリート等級に応じて、保険料の割引が適用され、最大等級は20等級です。

月払いよりも「年払い」の方が少しお得な場合も

出典:ZURICH

バイク保険の保険料は、月払いか年払いかの2種類の支払い方法から選べます。年払いで保険料を支払うと、数%保険料が割引されることも。また年払いの場合、クレジットカード・口座振替・コンビニ払いなど支払い方法の幅が広がります

改造したバイクはバイク保険に加入できる?

出典:SUZUKI公式サイト

違法でバイクを改造した場合は、車検が通らず車検証が切れていることから、バイク保険への加入はできません。しかし合法での改造であれば、車検証には「改」と記されるだけで、車検を通過することが可能です。

すなわち合法で改造したバイクは、バイク保険への加入が可能。そのため改造したバイクでバイク保険を検討している方は、合法での改造である必要があります。

いくつかの保険会社で一括見積もりしてみよう

出典:ZURICH

バイク保険へ新規加入、または乗り換えを考えている方は、まずは保険会社をいくつか見積もりしてみることをおすすめします。WEBでは簡単に一括見積もりを依頼でき、保険料などを比較しやすくも。

ただし保険会社から電話がかかってくることもあるため、メールでのやりとり希望の方はそのような旨も伝えておきましょう。中には電話が一切かかってこない一括見積もりができるサイトもあります。

バイク保険のおすすめ人気ランキング9選

バイク保険の選び方を参考に、自分にぴったり合う内容のバイク保険を探しましょう。そこでこれから紹介するおすすめバイク保険を紹介します。中には三井住友海上火災保険やアクサ損害保険といった、信頼されている有名保険会社も。

1位 三井住友海上 自動車保険・一般用 自賠責保険

出典:三井住友海上

充実した事故対応サービスで安心できる

三井住友海上では、任意保険と自賠責保険のどちらも取り扱われています。任意保険としてバイク保険に加入する場合は、自動車保険にバイク補償を追加する形で加入することに。24時間365事故対応が可能であり、約8230名の専門スタッフがサポートしてくれます。

また相手への補償や自分自身への補償が充実しており、初めてバイク保険へ加入する方にもおすすめです。他車運転特約が自動セットであるため、他人のバイクで交通事故を起こしても補償対象になります。

2位 チューリッヒ保険 スーパーバイク保険

出典:チューリッヒ保険

充実したロードサービスを求めている方におすすめ

チューリッヒ保険のバイク保険は、業界最高レベルのロードサービスが注目されています。24時間365日対応しており、それぞれのサービスを1回まで無料で利用可能です。レッカーサービスは100kmまで無料で、帰宅・宿泊費用は限度額なしで支給されます。

またレンタカーは、24時間いつでも利用可能です。またバッテリーが上がってしまったときや、パンク・ガス欠などの交通事故以外のトラブルにも対応してくれます。

3位 アクサ損害保険 AXAプレミアムロードサービス付きバイク保険

出典:アクサ損害保険

ツーリングがメインである場合は保険は安くなる

アクサ損害保険のバイク保険は、バイクの用途・予想走行距離・運転免許証の色で自分に見合った保険料で加入が可能です。バイクの用途は通勤用とレジャー用のどちらかから選ぶことができ、レジャーを目的とした場合は少し保険料は安くなります。

また予想走行距離は短いほど保険料は安くなり、運転免許証はグリーン・ブルー・ゴールドの順番に保険料がお得に。また新規でインターネット契約する方は、年間保険料から最大10000円割引されます。

4位 AIG損害保険 個人用 バイク保険

出典:AIG損害保険

24時間いつでも見積もりが可能

AIG損害保険のバイク保険は、インターネット契約であれば24時間365日いつでも申し込みが可能です。見積もりもできるため、スマホやパソコンで気軽に保険料を算出できます。ただし20歳以上の方しか加入できません。その場合は20歳以上の家族が契約者になる必要があります。

5位 三井ダイレクト損害保険 バイク保険

出典:三井ダイレクト損保

事故対応満足度は94.8%

三井ダイレクト損害保険のバイク保険は、24時間365日専門スタッフによる対応で、事故対応満足度94.8%です。ロードサービスネットワーク・損害サポートネットワーク・弁護士ネットワークを生かし、最後までしっかりサポートしてくれます。

6位 東京海上日動 オートバイの保険

出典:東京海上日動

充実した特約内容でしっかり備えられる

東京海上日動では、「オートバイ保険」への加入、または自動車保険に「ファミリーバイク特約」を付帯することで補償が受けられます。車両保険が自動セットになっており、9つの特約から必要なものを追加し、より補償内容を充実させることが可能です。

7位 損保ジャパン バイク保険(任意)

出典:損保ジャパン

示談交渉サービスで事故後の対応もおまかせ

損保ジャパンのバイク保険は、交通事故後の対応を保険会社に任せられます。示談交渉サービスを無料で利用できるため、万が一交通事故に遭っても焦らないことが大切です。自賠責保険は相手への補償しかカバーできないため、自分への補償のためにも加入をおすすめします。

8位 あいおいニッセイ同和損害保険  ファミリーバイク特約

出典:あいおいニッセイ同和損害補償

スピーディーに見舞金を支払ってくれる

あいおいニッセイ同和損害保険のバイク保険は、交通事故後の見舞金の支払いスピードが早いと好評です。見舞金や保険金の支払いスピードが早ければ、安心してリハビリや治療にも専念できることでしょう。

また保険金の支払いスピードだけではなく、ロードサービスでの対応も抜群です。相手への交渉も仲介となって行ってくれるため、自分1人で抱える心配もなくなります。

9位 日新火災海上保険 大人のためのバイク保険 盗難保証付き

出典:日新火災海上保険

バイク盗難に関する補償は基本補償に含まれる

日新火災海上保険のバイク保険は、バイクが盗まれた場合の補償が基本保証に含まれています。バイクの盗難に遭った後にバイクが見つかり、そのとき破損部分があった場合も補償対象です。ただしパーツのみの盗難や、盗難未遂による破損は対象外となるため要注意。

まとめ

自分に合うバイク保険を見つけるためには、まずは知識を深める必要があります。保険料や補償内容から選ぶ方が多い中、特約やロードサービスにも注目してみましょう。まずはどのような保険会社がバイク保険を取り扱っているのかを知ることをおすすめします。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

蔭西優愛