自動車保険の選び方とおすすめ人気ランキング10選【年齢にあった保健内容を!】

蔭西優愛

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

自動車保険を新規で契約する方や、自動車保険を乗り換えたい方などがいることでしょう。自分に合った自動車保険を選んで、万が一のときのために備えておく必要があります。そこで自動車保険を選ぶ上で、どのようなことを重視すべきかや、おすすめな自動車保険などを紹介します。

また自動車保険の乗り換えを考えている方は、自動車保険の保険料を少しでも安くするための条件を参考にしてみましょう。

任意保険と自賠責保険の違い

出典:ZURICH

自動車保険といっても、「任意保険」と「自賠責保険」の2種類に分けられます。今回紹介する自動車保険は、任意保険に該当します。

任意保険は、その名の通り必ずしも契約しなくてはいけないわけではありません。しかし補償内容が充実しており、自分自身や同乗者、車本体が補償対象である場合もあります。また自賠責保険は別名「強制保険」とも言われており、強制的に入らなくてはいけない保険です。自賠責保険に入るタイミングは、車を購入するときや車検に出すときなどです。

自動車保険の選び方

自動車保険を契約する前に、どのような選び方があるのかを知る必要があります。そこで自動車保険の選び方を、さまざまな観点から紹介します。何を重視したいのかをイメージするといいでしょう。

自動車保険は、「加入方法」・「保険内容」・「加入期間」・「特約」などで選べられます。自動車保険の会社によって、取り扱われている内容も異なります。会社を選ぶ前に、まず自分に合った自動車保険がないかをチェックしましょう。

加入方法で選ぶ

自動車保険の加入方法を大きく分けると、「代理店」と「ダイレクト」の2種類があります。この2種類の加入方法の大きな違いは、仲介人の有無です。

「代理店」で自動車保険を契約すると、自身と保険会社との間に仲介人がいます。自動車保険を契約する際に、仲介人要らずで今すぐに自動車保険の契約を進められるのが「ダイレクト」です。

対人で手続きを進めたい方におすすめな「代理店」

出典:グーネット買取ラボ

代理店は、自動車保険の保険内容を相談しながら契約したい方におすすめです。自動車保険の契約ができる代理店は、ディーラーや中古車販売店などがあります。中には自動車保険の契約の代理のみを行っているところも。

また車を購入するタイミングで、そのままディーラーや中古車販売店などで契約を進められることもあります。面倒な契約手続きを任せられるため、自身で契約する負担も減ります。

手軽にネット上で手続きができる「ダイレクト」

出典:CarMe自動車保険

ダイレクトでの契約は、スマホやパソコンを使って手軽に自動車保険を組めます。WEB上で契約手続きを進めていくため、仲介人なしで自身のペースで必要事項を記入していくことが可能です。

またダイレクト型の自動車保険は、仲介人いらずであるため保険料を少しでも安く抑えられます。特に初めて自動車保険を契約する方は、ダイレクト型の自動車保険の方が大幅に保険料を下げられます。

保険内容の有無で選ぶ

自動車保険は、保険内容で選ぶことも大切です。自動車保険として契約できる保険内容はさまざまあり、自身の年齢や運転する頻度などから保険内容を絞ることもおすすめです。

保険内容には、「車両保険」・「対人補償保険」・「対物賠償保険」・「人身障害補償保険」などがあります。車本体が補償対象であったり、自身や同乗者が補償対象であったりする保険がほとんどです。自賠責保険は相手に対する補償がメインですが、任意保険では自身などのためになる補償ばかりがあります。

自身の車の修理に必要な「車両保険」

出典:ソニー損保

車両保険は、自身の車を修理するために必要な保険です。小さい傷がついてしまった場合から、修理できないぐらい大きな破損の場合まで、保険金が支払われます。

また車の修理が不可能である場合は、車を買い換えるときに保険金を利用することも可能です。保険会社によっては、台風や洪水などの水害が原因で車が故障してしまっても、保険金が支払われる対象になることもあります。

相手を怪我させてしまった場合のための「対人補償保険」

出典:ZURICH

対人補償保険は、怪我をさせてしまった相手へ治療費や慰謝料などを補償する保険です。交通事故が原因で相手が亡くなった場合でも補償対象です。同じく運転中の方や歩行者、怪我をさせてしまうリスクは所々にあります。

また対人補償保険は、「対人賠償保険」と言われていることもあります。ほとんどの保険会社では、自動車保険の基本的な保険として加入必須であることも。

他人の物を壊してしまった場合には「対物賠償保険」

出典:ソニー損保

対物賠償保険は、相手の車・電柱・外壁などのものを破壊してしまったときに補償する保険です。交通事故が原因で、法律上の損害賠償責任が生じてしまうこともあります。

また交通事故をしてしまったときに、相手側の車が高級車である場合も。自身の負担する割合が低い場合でも、支払う金額が大きいこともあります。万が一のために、対物賠償保険を充実させておくこともおすすめです。

契約者またはその家族が怪我をした場合には「人身傷害補償保険」

出典:SBI損保

人身障害補償保険は、交通事故が原因で自身が怪我をしたり、亡くなったりしたときに補償する保険です。入院や手術をする必要がある場合や、仕事を休み収入が減った場合も保険金が支払われます。

また同乗者が補償対象であるため、助手席に乗っていた配偶者が怪我した場合も補償対象です。夫婦でのお出かけ頻度が多い方は、人身障害補償保険の有無を確認するといいでしょう。

搭乗者を怪我させてしまった場合には「搭乗者傷害保険」

出典:ZURICH

搭乗者傷害保険は、運転手を含む搭乗者が交通事故によって怪我をしてしまったときに補償する保険です。上記で紹介した人身障害補償保険と、補償内容が似ています。そのため搭乗者傷害保険と人身障害補償保険のどちらかに加入するといいでしょう。

また搭乗者傷害保険は、運転手や配偶者だけが補償対象ではなく、他人を車に乗せた場合も対象です。単独事故をした場合でも、保険金を受け取れます。

相手が自動車保険に未加入である場合に備えた「無保険車傷害保険」

出典:ZURICH

無保険車傷害保険は、交通事故をした相手が自動車保険に入っていない場合に補償される保険です。相手が自動車保険を契約していない場合は、自身に支払われる保険金もその分少なくなります。

また任意自動車保険の加入率は7割と言われているため、無保険車と事故をする可能性は誰にでもあると言えるでしょう。無保険車傷害保険に加入しておくことで、自身の自動車保険のみで十分に補償を受けられます。

加入期間で選ぶ

自動車保険は、保険会社によって加入期間が異なります。自動車保険の加入期間は、1日・1年・3年単位が基本的です。特に1年単位で加入する場合がほとんどであるため、自動車保険は乗り換えやすいイメージを持たれている方もいることでしょう。そこで各加入期間ごとにメリットやデメリットを紹介します。

マイカーを持っていない方でも加入できる1日契約

出典:ZURICH

1日契約の自動車保険は、マイカーを持っていない方におすすめです。レンタカーやカーシェアなどで自動車保険の加入が必要である場合に、手軽に契約できます。レンタカー屋の中には、自動車保険の契約を取り扱っているところも。

しかし有効期限がきっちり24時間であるため、計画的に契約する必要があります。有効期限が過ぎてしまうかもしれない方は、1日契約の自動車保険を数日分契約するといいでしょう。

1年ごとに更新が必要な1年契約

出典:Motor -fan.jp

ほとんどの保険会社では、1年契約の自動車保険が取り扱われています。1年更新であるため、自動車保険の乗り換えもしやすいです。1年間お試しで自動車保険に加入し、1年後に契約内容の変更を検討することもおすすめ。

しかし1年契約の自動車保険は、1年ごとに更新手続きを行う必要があります。保険会社によっては、電話対応のみで更新手続きを済ませることも可能です。

更新頻度が少なく手間が省ける3年契約

出典:ZURICH

3年契約の自動車保険は、長期契約に分類されます。3年間で自動車保険を契約することで、3年間の1年ごとの保険料を固定することが可能です。さらに3年契約で手続きを行うため、1年ごとに更新手続きを行う必要はありません

3年契約の自動車保険でも、途中で解約することは可能です。一括で保険料を支払った場合は、残りの加入期間分の保険料を返済してくれるところもメリットの1つ。

特約で選ぶ

自動車保険を選ぶとき、自身にあった特約がないのかを確認するといいでしょう。特約は保険会社によって、さまざまな種類が取り扱われています。主な特約は、「弁護士費用特約」・「ファミリーバイク特約」・「車内の身の回り特約」・「個人賠償責任特約」・「ドラレコ特約」の5種類です。中には自動車の運転中以外のトラブルのために備える特約もあります。

交通事故後の対応に不安な方におすすめな「弁護士費用特約」

出典:カービックタウン

弁護士費用特約は、交通事故を起こした際に相手との仲介人として、弁護士に任せるときに補償される特約です。弁護士への相談費用も、補償対象になります。また自動車での交通事故のみならず、それ以外のトラブルで弁護士を利用した場合も対象です。

原付バイクも運転する方におすすめな「ファミリーバイク特約」

出典:ZURICH

ファミリーバイク特約は、125cc以下のミニバイクで交通事故などを起こした場合に補償される特約です。総排気量50cc以下の3輪以上の自動車で交通事故を起こした場合も、保険金が支払われます。また1つの特約で、複数台分のミニバイクが補償対象に。他人に怪我をさせてしまったときや、相手の所有物を壊してしまったときに補償されます。

車にいろいろな物を乗せている方におすすめな「車内身の回り品特約」

出典:ソニー損保

車内身の回り品特約は、交通事故によって車内やキャリアに固定したものが破損したときに補償される特約です。車両保険とセットで付けられることが多く、補償を手厚くしたい方におすすめ。また交通事故だけではなく、車上荒らしによって車内のものが盗まれた時にも補償されます。

自動車を運転中以外のために備えた「個人賠償責任特約」

出典:ZURICH

個人賠償責任特約は、自動車での交通事故以外のトラブル時に補償する特約です。家族のうち1人でも加入しておくことで、家族みんなが補償対象になります。

また自転車を運転中に人に怪我をさせてしまった場合や、お店で商品を壊してしまった場合などが事例です。散歩中に飼い犬が他人に噛み付いてしまった場合にも、保険金が支払われます。

ドライブレコーダーを借りられる「ドラレコ特約」

出典:東洋経済online

ドラレコ特約は、ドライブレコーダーを保険会社が貸してくれる特約です。ドライブレコーダーを設置することで、交通事故の一部始終を記録できます。自身の言葉で説明しづらい場合に、ドライブレコーダーが役に立ち便利です。

またドラレコ特約を自動車保険に追加することで、保険料は約1000円ほど高くなります。ドライブレコーダーがもともと付いていない車を購入する際、ドラレコ特約に加入するといいでしょう。

ロードサービスで選ぶ

自動車保険の中には、「ロードサービス」が利用できる補償内容の保険もあります。ロードサービスの補償内容には、ジャンピングスタート・スペアタイヤ交換・1m以内の引き上げなどに対応している場合も。交通事故が原因で帰宅が困難なときのための、宿泊費や帰宅費用を補償してくれるロードサービスもあります。

またガス欠・鍵の閉じ込み・オイル漏れに対応しているなど、充実したロードサービスを取り扱っている保険会社もおすすめです。

バッテリーが上がってしまった時に備えた「ジャンピングスタート」

出典:ごんざ家の日々

ジャンピングスタートは、バッテリーが上がってしまった車にバッテリー供給をするサービスです。ヘッドライトや室内灯をつけっぱなしにしておくと、バッテリーが上がりやすくなります。ヘッドライトの場合、一晩中つけっぱなしにしておかないようにしましょう。室内灯の場合は、約40時間つけっぱなしにするとバッテリーが上がってしまいます。

また車を運転する頻度が少ない場合や、外気温が低い冬の場合もバッテリーが上がりやすいため要注意です。外気温が低い時は、バッテリーが冷え過ぎないようにする必要があります。

タイヤがパンクしてしまっても安心「スペアタイヤ交換」

出典:K’SPEC NOW

万が一タイヤがパンクしてしまったときのために、スペアタイヤの交換に対応しているロードサービスへの加入がおすすめです。スペアタイヤの交換は、自身で行うこともできますが、頻繁に行うものではありません。自身でスペアタイヤの交換ができない方は、プロに任せることをおすすめします。

脱輪しても焦らずプロにお任せできる「1m以内の引き上げ」

出典:ZURICH

側溝などに車が脱輪してしまった場合には、引き上げが対応しているロードサービスが便利です。保険会社の中には、高さ1m以内の引き上げを無料で利用できる場合もあります。ロードサービスを自動車保険につけるときは、脱輪した場合の対応にも注目するといいでしょう。

急なトラブルで帰宅困難な場合におすすめ「宿泊・帰宅費用補償」

出典:ソニー損保

交通事故に遭ったとき、宿泊・帰宅費用補償がロードサービスに含まれていると便利です。事故が原因で車が運転できない状態だと、移動手段に困ってしまいます。宿泊費用が補償されるサービスであれば、一晩宿泊してからゆっくり帰宅することも可能です。

「ガス欠・鍵の閉じ込み・オイル漏れ」に対応

出典:ZURICH

ロードサービスの補償内容の中には、ガス欠・鍵の閉じ込み・オイル漏れに対応できるサービスもあります。交通事故以外のトラブルに対応できるため、念のためロードサービスを充実させたい方におすすめです。保険会社によってロードサービスの内容も異なるため、交通事故以外のトラブルに対応できるのかを確認するといいでしょう。

事故対応力で選ぶ

自動車保険に加入する方のほとんどが、万が一交通事故に遭ってしまった場合に備えるために加入します。交通事故を起こしてしまった後のことを考えると、保険会社の事故対応力が重要です。そこで事故対応力で選ぶ上で、どのようなサービスがあるのかを紹介します。

また事故対応に関する主なサービスには、示談交渉サービス・現場かけつけサービス・24時間対応の3種類があります。各サービスの特徴を参考に、自動車保険会社を選ぶといいでしょう。

自身と相手との仲介をしてくれる「示談交渉サービス」

出典:ZURICH

交通事故を起こしてしまったとき、相手と事故について示談を進める必要がある場合も。そのようなときには、示談交渉を行っている保険会社への加入がおすすめです。相手と直接話を進める必要もないため、トラブルを未然に防げます。

プロが現場までかけつけてくれる「現場かけつけサービス」

出典:ソニー損保

交通事故を起こしてしまったとき、1人で事故対応することに対して不安になります。1人で事故対応をしたくない方は、現場かけつけサービスがあるのかをチェックしましょう。プロが現場まで駆けつけてくれるため、少しでも不安な気持ちを緩和できます。

いつでも安心できる初回対応や受付は「24時間対応」

出典:TAKEDA AUTO SERVICE

いつどこで事故を起こすかかわからないため、24時間対応の保険会社の自動車保険への加入をおすすめします。しかしほとんどの保険会社が24時間対応です。そのため24時間対応ではないか、念のためチェックしておくといいでしょう。また365日対応であることも必須項目です。

乗っている車にあわせて車両保険で選ぶ

自動車保険で加入しておきたい保険が、車両保険であるという方が多いのではないでしょうか。車両保険には、一般型とエコノミー型の2種類があります。乗っている車に合わせて車両保険を選ぶといいでしょう。そこで各車両保険の特徴を紹介します。

新車や新古車を購入した方におすすめな「一般型」

出典:ZURICH

一般型の車両保険は、補償範囲が広く車を新しく乗り換えた方などにおすすめです。車は新しいほど修理にかかる費用も膨れてしまいます。そのためトラブルが原因で車が故障してしまった場合のために、車両保険を充実させておくといいでしょう。

また補償内容には、相手を特定できない当て逃げや、単独事故なども補償対象です。エコノミー型よりも補償内容が充実しているため、その分保険料も高くなります。

車を購入してから年数が経っている方におすすめな「エコノミー型」

出典:車選

エコノミー型の車両保険は、一般型の車両保険より補償される範囲が狭くなります。補償内容は最低限といったところですが、その分保険料を安く抑えられるため、あえてエコノミー型を選ぶ方も。

また古い車を乗っている方は、万が一車を故障させてしまった場合、このタイミングで車の乗り換えをする方もいます。今の車をずっと乗り続けるのであれば、エコノミー型よりも一般型の方がいいでしょう。

自動車保険のおすすめ人気ランキング10選

自動車保険の選び方を知った上で、どのような自動車保険がおすすめであるのかを紹介します。自動車保険を取り扱っている保険会社は数多くあるため、迷われる方が多いことでしょう。保険会社によって特徴やこだわりも異なるため、自身に合う保険会社を見つけることをおすすめします。

1位 ソニー損害保険

無料でロードサービスを付けられる

出典:ソニー損保

ソニー損害保険の自動車保険は、無料でロードサービスを付けることができます。ロードサービスの補償内容は、レッカーサポートやレンタカー費用サポートはもちろん、宿泊費用や帰宅費用のサポートまで充実。さらに宿泊費用サポートでは、帰れなくなったペットの宿泊費用も補償してくれます。

ソニー損害保険は24時間年中無休で対応しています。設置されている約1万箇所のサービス拠点で、全国各地をカバー。10人のうち9人が満足したと答えるほど、実績もあります。

ソニー損害保険

2位 楽天損保

保険料も補償内容も満足度が高い

出典:楽天損保

楽天損保の自動車保険は、インターネットで契約を行うことで、保険料が25%割引されるサービスがあります。新規でも継続でも割引対象であり、保険料の安さで楽天損保に乗り換える方も多いです。前年に走った距離で保険料を算出されるため、保険料を最低限に抑えられます。

また楽天損保は、事故対応満足度も高いです。土日に事故を起こしてしまった場合でも、すぐ対応してくれます。保険会社から相手への連絡も、その日のうちに行われるため、スムーズに解決できるところも魅力の1つです。

楽天損保

3位 イーデザイン損害保険

簡単に見積もりができそのまま加入可能

出典:イーデザイン損保

イーデザイン損害保険の自動車保険は、ネット上で無料見積もりを行うことができます。見積もりに納得した場合は、そのまま自動車保険を契約することも可能です。最大11000円の割引を受けることができ、保険料を少しでも安くしたい方におすすめ。

また専用スマホアプリを活用することで、事故時でも焦らずロードサービスを呼び出せます。GPS機能が付いているため、場所を上手に説明できない場合でも問題ありません。もしもの時のために、専用スマホアプリをダウンロードしておくといいでしょう。

イーデザイン損害保険

4位 SBI損害保険

カーライフに合わせて補償内容を検討できる

出典:SBI損保

SBI損害保険の自動車保険は、年齢・等級・走行距離・免許証の色などを参考に、自分に合った保険料を算出できます。乗っている車にも合わせられるため、98.6%の方々が保険料に満足しているという実績も。

またインターネット割引によって、最大12500円も保険料が割引されるためお得です。もちろん補償内容も充実しており、24時間365日事故対応受付が行われています。全ての自動車保険にロードサービスが付いているため、初めて自動車保険を契約する方も安心です。

SBI損害保険

5位 アクサ損害保険

インターネット割引で安い保険料で手厚い補償を

出典:アクサダイレクト

アクサ損害保険の自動車保険は、インターネット割引によって最大20000円もお得になります。さらに子育て家庭の方は、最大3%の割引適用も。充実した補償内容で保険料を安く抑えたい方は、アクサ損害保険の自動車保険がおすすめです。

また対人賠償保険・対物賠償保険から・自損事故保険・無保険車傷害保険は、基本的な保険内容としてセットになっています。車両保険ではカバーできない、自然災害による故障も特約でカバーすることも可能です。

アクサ損害保険

6位 三井住友海上火災保険

24時間365日間スムーズな事故対応

出典:三井住友海上

三井住友海上火災保険では、通常の自動車保険から1DAYの自動車保険も取り扱っています。自賠責保険の取り扱いもあるため、代理店で契約できることが多いです。24時間365日専門スタッフが受付してくれるため、いつでも安心して運転できます。

また三井住友海上火災保険ならではである、ドライブレコーダーの支給サービスも。交通事故などのトラブル時には、受付までドライブレーダーに記録された映像が送信されます。そのため事故現場の説明もしやすいです。

三井住友海上火災保険

7位 AIG損保

自動車だけではなく自転車などの乗り物の補償も満載

出典:AIG損保

AIG損保の自動車保険は、大きく分けると「一般用総合自動車保険」と「家庭用総合自動車保険」の2種類があります。自身にあった保険内容で契約したい方は、一般用総合自動車保険の契約をおすすめします。

また家庭用総合自走車保険は、自動車だけではなく自転車による損害に対しても補償が可能です。歩行中のトラブルも補償対象となるため、自動車以外の方法での外出頻度が多い方におすすめ。

AIG損保

8位 三井ダイレクト保険

専用スマホアプリの活用でより便利に

出典:三井ダイレクト損保

三井ダイレクト保険の自動車保険は、専用アプリを活用することで、保険証券の確認や事故連絡がすぐにできます。契約変更手続きや継続手続きもアプリ内で済ませることができ、対人での対応が必要ありません。

また三井ダイレクト保険のロードサービスは、バッテリーが上がってしまったときや、鍵の閉じ込みなどにも対応しています。交通事故によるトラブル以外の対応が充実していることも特徴の1つです。オリジナル特典も豊富にあり、自動車保険とは思えないほどサービスが充実しています。

三井ダイレクト保険

9位 セゾン自動車火災保険

40代と50代におすすめなおとなの自動車保険が大人気

出典:おとなの自動車保険

セゾン自動車火災保険の自動車保険は、40代や50代に人気のあるおとなの自動車保険を取り扱っています。40代や50代になると運転歴も長いことから、事故を起こす可能性も低下。そのような事故率が低い世代にぴったりな補償内容が満載です。

またロードアシスト拠点が13000箇所もあり、GPS機能を活用することも可能。そのため知らない場所でのトラブルもスムーズに解決できます。事故後の対応では、LINEでのやりとりも可能です。

セゾン自動車火災保険

10位 チューリッヒ保険会社

基本補償が充実しており簡単にプランが組める

出典:ZURICH

チューリッヒ保険会社の自動車保険は、インターネット割引や新車割引など合計で8種類の割引サービスを取り扱っています。そのため新規で初めて自動車保険を契約する方でも、無理のない範囲で保険料の支払いをしていくことも可能です。

また基本補償が充実しているため、契約する際に難しく考える必要もありません。ロードサービス内容は、レンタカーサポートや宿泊費用サポートなど、交通事故時に備えたサポートが満載です。他にもガス欠やパンクなどの、交通事故以外のトラブルにも対応しています。

チューリッヒ保険会社

保険料を安くする条件

出典:ネクステージ

自動車保険を安くするための主な条件として、年齢と免許証の色などが関係します。自動車保険を契約する際には、年齢条件を設定することが多いです。ほとんどの保険会社では、35歳以上に設定することで保険料を1番安く抑えることができます。免許証の色であれば、グリーン・ブルー・ゴールドの順に保険料が安くなります。

また誰でも保険料を安くできる方法の一つに、ダイレクト型の自動車保険への加入があります。こちらの保険は仲介なしで契約を行うため、仲介料がかかりません。保険会社によっては、年払いを選ぶことで割引対象である場合もあります。インターネット割引や保険証券の未発行割引など、さまざまな割引を活用して保険料を節約しましょう。

まとめ

任意自動車保険を紹介しましたが、今となっては自賠責保険のみではカバーできないことがたくさんあります。紹介したおすすめな自動車保険から、自身にあった補償内容または保険料の自動車保険を見つけましょう。また自動車保険は1年契約が基本であるため、乗り換えもしやすく加入してから自身にあっているのかを確かめることもおすすめです。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

蔭西優愛