インソールの選び方とおすすめ人気ランキング10選【衝撃吸収してくれる最強中敷き】

ryotaro_0814

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

靴を履くときに、みなさんはインソールはどうしているでしょうか?もしかすると、靴を買ったときに元々付いていたものをそのまま使用している人の方が多いのではないでしょうか。実は、用途に合わせてインソールを変えることで足の様々な悩みを解決してくれる優れものなのです。

この記事では、インソールを選ぶポイントを紹介するとともに、人気なインソール10選をご紹介します。ドクターショールをはじめとしたさまざまなメーカーも、ランキング形式でご紹介します。

この記事でおすすめする商品

インソールが必要な理由

出典:Amazon.co.jp

オーダーメイドなら別かもしれませんが、市販で売っている靴が誰にでもジャストフィットするとは限りません。気に入っているブランドだから、お気に入りの一足だからと思っていても合わない靴を履き続けるのは辛いですし、諦めるのも難しいと思います。

そんな時に助けてくれるのがインソールです。歩行が辛いと、足の痛みだけでなく腰や体のあちこちに別の悩みが発生してしまうかもしれません。今一度、自分の足と向き合ってインソールを検討してみてはいかがでしょうか?

インソールの選び方

インソールを選ぶポイントとして、まず自分にはどんな悩みがあるかを考えてみましょう。
汗をかきやすい、外反母趾や浮足などピンポイントな問題がある、よくヒールを履くのでつま先が痛いなどみなさんの生活環境によって悩みも様々でしょう。

自分にとってはどれが一番必要なサポートなのか考えながら、これからご紹介する選ぶポイントを見てみてください。

用途で選ぶ

サイズが合っていない靴はもちろんですが、普段愛用している靴の悩みを解決する意味でもインソールを利用することは間違いではありません。サイズ調整だけではなく、現状の靴の不満を思い出しながら見てみましょう。

好みのサイズにカットすることもできる

出典:ヤマダモール

サイズ選びに困った時、ハサミなどでカットして微調整できるインソールもあります。少し大きめのものを選ぶことで失敗も減ると思います。

抗菌や消臭などの機能で選ぶ

出典:rakuten.co.jp

一日のうち靴を履いて過ごす時間というのはとても長いです。特に夏場は靴の蒸れが気になってしまう方も多いのではないでしょうか。

特に足の裏というのは体の中でも汗をかきやすい部分ですので、その対策は必須と言えます。防臭・防湿・速乾などの機能があるものを選べば解決できるでしょう。

年中快適に過ごせるように防寒効果のあるもので選ぶ

出典:栄幸産業株式会社

夏場は、汗の臭いや汗自体の対策が必要になることを述べましたが、冬場は足先が冷える季節です。一年を通して足先のトラブルは絶えませんが、これもインソールで解決することができます。

ウール(羊毛)などを使用したものであれば、足先の対応を逃さない高い保温性があるので冷え性の女性にはおすすめのインソールです。

スポーツなどで怪我をしないように衝撃吸収力で選ぶ

出典:yahoo.co.jp

日頃から部活や趣味などでスポーツをする方はもちろん、運動不足解消のためにランニングをしたりする方も多いでしょう。そんな時に気をつけたいのが怪我です。

インソールを入れることで地面とのクッション役になってくれて、足先だけでなく膝や腰へのダメージも軽減してくれます。

足指の矯正などをしてくれる医療用途で選ぶ

出典:rakuten.co.jp

ヒールなど幅が狭い靴を履くことで外反母趾など様々な足の病気が起きてしまいます。治したいと思っていても履くのをやめられないという方もいるでしょう。そんな時は、医療用に矯正をしてくれるインソールがおすすめです。

入れておくだけで足先のトラブルの軽減や未然に防ぐことにもつながります。

インソールの形状で選ぶ

ただ中敷として使用するだけがインソールではありません。形状によってサポートしてくれる部分も変わってくるので自分が悩んでいる用途によって選んでください。

足全体をカバーしてくれるフルインソール

出典:rakuten.co.jp

足全体をカバーするように靴のつま先からかかとまで入れるタイプです。とりあえずインソールを入れておきたい方におすすめのタイプです。通販や靴屋でも簡単に手に入りやすいです。

つま先やかかとをピンポイントでカバーしてくれるハーフインソール

出典:Amazon.co.jp

ピンポイントな悩みをカバーしてくれるのがこのタイプです。つま先に入れるものとかかとに入れるものの大きく2つに分かれます。

衝撃や痛みを軽減してくれるのはもちろん、靴底を上げることで身長を高くみせてくれるものもあります。身長が低くて悩んでいるという方は検討してみましょう。

靴の種類別で選ぶ

靴と一口に言っても、材質や形状は様々。種類によって足先に起きる悩みを変わってきます。履く靴によって入れるインソールは変えた方が良いでしょう。

スニーカーにはクッション性のあるインソール

出典:Amazon.co.jp

普段使いから、スポーツの際にも履くことができる汎用性が高いスニーカー。使用する機会が多いからこそ、疲れにくくすることが最優先。クッション性や衝撃吸収してくれるタイプを選びましょう。

革靴はムレにくいインソール

出典:Amazon.co.jp

ビジネスマンだけでなく、冠婚葬祭でも履くことの多い革靴。そもそもの素材が空気を通しづらいので、蒸れや汗の速乾性などを重視した方が良いでしょう。長時間履くことも多いので、足の中の環境を整えると履いてて楽になります。

ヒールには靴擦れを防ぐインソール

出典:Amazon.co.jp

女性であれば、履く機会が多いヒール。登場する機会は多いのにとても履いてて辛い靴だと思います。なので痛みを軽減してくれるハーフインソールをつま先に入れることで改善されるでしょう。

インソールのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、上記の選び方のポイントを押さえた上でおすすめしたいインソールを紹介していきます。

必ずしもみなさんの悩みにピンポイントで働いてくれる訳ではありませんが、総合力という点でどれもおすすめできるインソールなので購入する際の判断材料にしてみてください。

1位 ドクターショール ジェルアクティブ

詳細情報
インソールタイプ:クッション入り
サイズ:M(25.5cm-29.5cm)
素材:-
重量:-

新品状態と同じ衝撃吸収力を1日キープしてくれるインソール

足底の圧力データを元にフットケアの専門家と共同開発したインソールです。1日、16時間使用した後と新品状態が同じという驚異の衝撃吸収性。消臭効果のあるフレッシュドライ生地で、蒸れる心配もありません。靴のサイズに合わせてカットすることも可能です。

2位 足ラクラク 散歩やスポーツにも快適 インソール

詳細情報
インソールタイプ:様々
サイズ:XS,S,M,L
素材:-
重量:-

通気性に優れたクッション素材でサイズに合わせてカットも可能

かかとを包み込むフルインソールでしっかり足裏をサポートします。土踏まずにもぴったりとフィットすることで、ランニングやウォーキングにも最適です。カットする際のガイドラインも付いているので、自分の足のサイズに調節する際も便利。

3位 スペンコ・RXコンフォート インソール

詳細情報
インソールタイプ:-
サイズ:様々
素材:spencore,spencore softPU,spencore fomed PU EVA
重量:17g,36g,49g

窒素を封入したことで長続きするクッション性を実現

Spen-core®という窒素を内蔵したエアクッション・クッション材を使用したインソール。表面のグリーン色の生地には抗菌効果の高いSilpure®(銀イオンテクノロジー)で加工されているので臭い対策もばっちり。極薄フラットタイプなので靴の中が圧迫される心配もありません。

4位 コパ Gゼロクッションインソール

詳細情報
インソールタイプ:パンプスや運動
サイズ:M:22~25cm L:25~28cm
素材:ポリエステル
重量:M:約105g/L:約140g

衝撃吸収に特化したGゼロジェルを使用したインソール

「Gゼロジェル」というインソール用に開発された素材を使用したインソール。重心バランスがとりやすくなるため、長時間歩行しても疲れにくくつまずきにくくなります。

足先とかかとはジェルが直接肌に接触する構造になっていて、吸盤のようなつぶつぶがマッサージ効果と滑り止め機能を発揮してくれます。

5位 HYH HAOYIHAO インソール

詳細情報
インソールタイプ:アーチサポート
サイズ:24~27.5CM
素材:ウレタン, ポリウレタン, スポンジ
重量:120 g

高弾性高密度のポリウレタンを採用した衝撃吸収

人間工学に基づいて、科学的にデザインされたインソールです。高弾性スポンジ素材に作られており、非常に柔らかく履き心地が抜群。かかと突起部に平面滑り防止設計を採用しているためズレを防いでくれます。靴のサイズに合わせてカットすることも可能です。

6位 withBambi アーチサポートインソール

詳細情報
インソールタイプ:アーチサポート
サイズ:20~29.5cm
素材:-
重量:-

圧倒的口コミ数、売れ筋ランキング1位の中敷き

包み込むようなデザインがかかとをサポートし、土踏まずのところには足裏のアーチにぴったりとフィット。足裏の全体のバランスを整え、運動、歩行、などを快適にサポートしてくれます。ハサミでカットしてサイズ調整も可能。4色展開で見えないオシャレも楽しめます。

7位 BMZ キュボイドバランス アスリート3.5

詳細情報
インソールタイプ:スポーツ全般
サイズ:22.0-23.0/23.5-24.5/25.0-26.0/26.5-27.5/28.0-29.0cm
素材:表面:ニットメッシュ、底面:特殊高反発弾性体
重量:約20g

足の骨格バランスを考え抜かれた特許取得インソール

足の骨格バランスを整える考え方で特許を取得した効果お墨付きのインソール。履くだけで、より自然に、より快適に、より力強くをコンセプトに、スポーツをする方に様々なサポート機能を提供してくれます。プロスポーツ選手も愛用しているインソールです。

8位 asics WINJOB 3D SOKLINKER 1273A008

詳細情報
インソールタイプ:スニーカー 安全靴 作業用靴用
サイズ:4S(22.5cm) 3S(23.0~23.5cm) SS(24.0~24.5cm) S(25.0~25.5cm) M(26.0~26.5cm) L(27.0~27.5cm) LL(28.0cm) 3L(29.0cm) 4L(30.0cm)
素材:ポリエステル、EVA
重量:約51g~約77g

臭い成分の吸着・吸水・速乾・ムレ軽減と多機能

言わずと知れた有名シューズメーカー「アシックス」のインソールです。足への負担を立体構造で、シャインアップという臭い成分吸着機能や、ウォーターマジックという吸水・速乾性に優れた機能で蒸れも防ぎます。

9位 JINN TOKYO インソール

詳細情報
インソールタイプ:スポーツ、登山、ランニングなど
サイズ:M(23.5~25.5)
素材:ウレタン, エチレン酢酸ビニル, ウレタンフォーム
重量:110 g

人間工学に基づいた5層構造による快足を実現

凸凹生地 + EVA樹脂 + ヒールカップ + ジェル パット + Poronウレタンパットという驚異の5層構造。衝撃吸収に特化しており、足をしっかり守ってくれます。

10位 スーパーフィート インソール トリムフィット

詳細情報
インソールタイプ:ランニング ウォーキング
サイズ:21~23,23~25,25~27,27~30
素材:-
重量:-

100万人の足のデータから開発された中敷

足医学の基礎知識をもとに設計されたインソール。かかと部分の足のゆがみを矯正し、ひざ・腰・上体をサポートしてくれます。ガイドラインに沿ってカットも可能です。

普段使いはもちろんですが、スポーツやリハビリなど幅広いラインナップを展開しています。

おすすめの商品一覧

製品最安値評価リンク

ドクターショール ジェルアクティブ

1

737円

4.24

足ラクラク 散歩やスポーツにも快……

2

380円

3.5

スペンコ・RXコンフォート インソ……

3

725円

4.55

コパ Gゼロクッションインソール

4

1,540円

3.55

HYH HAOYIHAO インソール

5

5,461円

3.6

withBambi アーチサポートインソール

6

1,000円

4.27

BMZ インソール 黒

7

1,980円

3.71

asics WINJOB 3D SOKLINKER 1273A008

8

741円

4.6

JINN TOKYO インソール

9

890円

4

スーパーフィート インソール トリ……

10

4,599円

4.57

まとめ

インソールの選び方、参考になったでしょうか?今まで靴の中に中敷をする発想がなかった方は是非導入を検討してみてください。なんとなく買っていたという方は自分の足の悩みと向き合ってみて最適なインソールを選んでみてください。

普段の生活から、趣味、ビジネスシーンまで靴を履かないことの方が少ないですよね?そんな時間を少しでも快適に過ごせるように改めてインソールに注目してみてください!

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

ryotaro_0814