青汁の選び方とおすすめ人気ランキング10選【野菜摂取だけではない効果も】

津々樹 唯

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1

スーパーやテレビショッピングでも定期的に紹介される青汁。健康面でも青汁を飲み始めたいと思っている人は多いと思いますが、一体どんな青汁が自分に合っているのでしょうか

青汁には原材料や製造法など、様々な選び方があるので紹介していきます。あなたに合った青汁を見つけ、健康生活を贈りましょう!

この記事でおすすめする商品

青汁に含まれる栄養素とは?

出典元:Amazon

「そもそも青汁ってどんな栄養素が含まれているの?」「本当に体に良いの?」など、青汁を飲み始めようとすると、このような疑問を持つ人は多いでしょう。

販売している青汁にはある栄養素に特化したものも存在しますが、多くの青汁に含まれる栄養素は食物繊維 •ビタミン・ミネラル と大きく分けて3つです。

この3つの栄養素はほとんどの青汁に含まれいます。なかには乳酸菌やキトサンなどが含まれている場合もあり、食物アレルギーがある人の栄養補給としても注目されています。保健機能商品表示の青汁にはコレステロールの吸収を抑え、血清コレステロール・悪玉コレステロールを低下させる効果も期待できる商品も販売しているのでその点も注目して探してみましょう。

青汁を飲んでいれば野菜は食べなくてもいい?

出典元:Amazon

青汁は緑黄色野菜を加工し作られているため、手軽な野菜を摂取するための手段として青汁を選ぶ人もいるでしょう。では、青汁さえしっかりと飲んでいれば野菜は一切食べなくても良いのか…実はそんなことはありません。厚生労働省が推奨している1日に必要な野菜摂取目安量は350gです。しかし、日本人の多くはこの目安量に達しておらず、野菜不足と言われています。

家庭で生の緑黄色野菜を絞って青汁を作るのであれば野菜を食べる代わりになるかもしれません。ただ、多くの人は購入した青汁を飲むと思いますが、販売されている青汁は製造工程で加熱などをされているため、熱に弱い栄養などは壊れてしまい、実際に摂取できる栄養は生野菜の10分の1と言われています。

そのため、350g分の野菜を使った青汁を飲んでも350g分の栄養は摂取できません。それでも、350g分の栄養を摂取できるほど青汁を飲めば良いのかというと、それは違います。青汁やメーカーごとに、それぞれ1日に飲んで良い量が4決まっています。飲みすぎるとお腹がゆるくなってしまったり、持病があり薬を飲んでいる人には思わぬ悪影響が出る場合もあります。

なので青汁は野菜摂取を目的とするのではなく、日々の野菜摂取の手助けのつもりで飲むようにして飲みすぎには十分に注意してください。

青汁の選び方

それではいよいよ、青汁の選び方について紹介していきます。自分の求めている効果を見つけて、用途にあった青汁を見つけてくださいね。

青汁をのむ目的で決める

まず、「なぜ青汁を飲もうと思っているのか」を知っておきましょう。今青汁は多くの種類が販売されています。それぞれの青汁には特徴があるので、その特徴と青汁を目的に合ったものを選びましょう。

野菜不足の改善

出典元:Amazon

先程も触れましたが、厚生労働省が定めている1日の野菜摂取量は350gであり、日本人の多くは野菜不足として過ごしています。しかし、日々の野菜を食べる量を増やすのは毎日となると簡単なことではないでしょう。青汁の中には栄養素が詳しく記載されているものや、野菜の栄養素をできるだけ壊さない製造方法を行っているものがあります。

野菜不足の改善のために青汁を飲むのであればできるだけ、栄養素の多い製造方法などで作られている物を選ぶことがおすすめです。

健康が気になる

出典元:Amazon

健康診断などの結果が良くなく、健康が気になって青汁を始める方もいるでしょう。青汁の中にはコレステロールや血糖値、血圧の改善をサポートしてくれる物があります。より効果を実感したいのであれば、普通の青汁ではなく保健機能食品と記載されている青汁を選ぶと良いでしょう。

ダイエットをする時の栄養サポート

出典元:Amazon

ここで注意してほしいことは青汁を飲む=痩せるということではありません。しかし、商品広告のなかには「飲むだけで誰でもすぐに痩せる」と謳っているものもあります。そのような商品は不正表示に該当しますので避けるようにしてください。

ダイエットとして青汁を飲む場合は低糖質・低カロリーで食物繊維が多く含まれているものを選ぶと減量サポートに一役買ってくれるでしょう。

お肌や美容のため

出典元:Amazon

肌荒れには日々の食事や睡眠が深く関わっており、特にバランスの取れた食事は肌の状態に深く影響します。青汁の中にも美容をサポートするための成分が含まれた青汁も販売されています。食物繊維が多く含まれ、毎日規則的な排便があると、毒素も定期的に排泄でき。肌荒れ改善にも繋がります。

青汁の製造方法

青汁を購入する際に、ついつい「〇〇成分配合・〇〇効果あり」という表記に目が行ってしまいがちですが、青汁の製造方法はとても大切です。栄養素がどれほど残っているか、飲み心地、味、性質などさまざまな面で大きく影響があります。

素材の成分そのまま活性保存製法

出典元:Amazon

活性保存製法は野菜に熱を加えず、生に近い状態で粉末にします。そのため熱に弱い栄養素も摂取することが出来る青汁が出来上がります。

また、私達の消化器官では繊維質を分解、吸収する力はありません。活性保存製法ではこの繊維質を取り除くため青汁の豊富な栄養素を十分に吸収することができます。

冷凍タイプで使われる低酸素 新鮮クリア製法

出典元:Amazon

青汁の中でもケールを使った冷凍タイプの青汁でよく使われるのがこの低酸素 新鮮クリア製法です。ケールには独特な苦味や渋みがあり苦手とされる事が多くあります。製造途中で酸化してしまうのをできるだけ防ぐために外軌から密封、低酸素状態で加工を行うため高い鮮度を保ちパックに充填した後は-40度で急速冷凍を行います。

そうすることで、苦手とされることの多いケールの苦味や渋味を抑え多くの栄養素を摂取することができることが魅力です。

多くの青汁で使用されている乾燥粉末

出典元:Amazon

熱を加え粉砕する乾燥粉末は製造が簡単です。そのため、青汁の多くは簡単で安く販売できるためこの製法を採用しています。

ただこの製法は加熱処理が行われているため、野菜に含まれている酵素やビタミンの中には失われてしまう事があります。繊維は多く含まれているため、排便を促したいといった理由で食物繊維を多く取りたい、毎日飲む青汁は低コストで抑えたいという方におすすめです。

繊維を取り除いたエキス末

出典元:Amazon

野菜を絞り、取り出したエキスのことを”エキス末”であり、このエキス末を乾燥し販売しています。加熱されないため、ビタミン・ミネラル・酵素・フラボノイドといった加熱すると壊れてしまう栄養素も壊れず摂取できる魅力があります。また、エキス末は水に溶けやすいため舌触りやのどごしにも粉っぽさを感じません。

エキス末には低温粉末化しているものがあり、そちらを選べばより生野菜に近い酵素や栄養を摂取出来ます。

飲むだけではない青汁のタイプ

青汁といえば水に粉を溶かして飲むスタイルがもっとも一般的でよく知る形でしょう。しかし、現在の青汁は粉末以外にも様々なタイプの青汁が販売されています。

いろいろなアレンジが出来る粉末タイプ

出典元:Amazon

一番多く販売されているのがこの粉末タイプの青汁です。水に溶かすことが一般的ですが、毎日飲んでいると飽きてしまうこともあるでしょう。

粉末タイプの青汁では、水に溶かす以外の飲み方もおすすめされています。例えば、お湯や豆乳に溶かしたり、ヨーグルトにトッピングするなど、アレンジは様々で、お菓子に混ぜ込む人もいるようです。毎日飲むのであれば様々なアレンジが出来ると飽きることはなく、軽く小分けにされているので持ち運びも楽々です。

野菜本来の栄養素をギュッと詰め込んだ冷凍タイプ

出典元:Amazon

青汁の粉っぽさが苦手、より新鮮な野菜を摂取したいという人におすすめなのが冷凍タイプの青汁です。製造途中で熱を加えないため熱に弱い野菜の栄養素も壊れること無く、野菜本来の栄養素が詰まっています。

ただし、野菜本来の栄養素が取れる反面で野菜特有の風味が強い事、持ち運びが難しく飲むまでに手間がかかるといいう難点も存在します。

簡単に飲めるストレートタイプ

出典元:Amazon

コンビニやスーパーでよく販売されいるのがこのストレートタイプです。粉を溶かすといった作業が必要なく、直接飲むことが出来ます。このタイプは手軽にランチ+1本すれば日々の野菜不足改善の第1歩になります。

ただ、品質を保つために添加物や飲みやすくするために甘味料が多く含まれているもありますので、気になる方はストレートタイプを購入する際には原材料を注意深く見てみてくださいね。

持ち運び便利でさっと飲めるサプリタイプ

出典元:Amazon

どうしても青汁の味が苦手、外に持ち歩いても飲むタイミングがない」そういう方にはサプリタイプの青汁がおすすめです。普通のサプリと同じように水と一緒に飲むものと、水は飲まず噛み砕く大きく2種類があります。他の青汁と比べコスパもよく、さっと飲めるので最近選ばれる事が多くなっているのがこのサプリタイプです。

食べやすいペースト、ジュレタイプ

出典元:Amazon

ペーストタイプと呼ぶかジュレタイプと呼ぶかはメーカーによって違いがありますが、ほぼ同じ物と思って間違いありません。このタイプは何も用意せずおやつとしてツルンと食べることが出来るので「食べやすい」と現在人気が出てきています。

コラーゲンやコエンザイム、プラセンタといった美容成分が多く含まれていることもあり、美容目的として青汁を摂取するのであればペースト、ジュレタイプがおすすめです。

原材料で選ぶ

青汁を選ぶ上で原材料はとても大切です。原材料によって味、飲みやすさ、栄養素などが異なってきますので、目的に合わせて選んでいきましょう。ここからは、青汁で使用されている4つの野菜について紹介します。

青汁といえば大麦若葉

出典元:Amazon

青汁といえばといえば大麦若葉を思い浮かべる人が多いでしょう。青汁が苦手と言う人が多く上げる苦味や野菜特有の癖が少ないため多くの青汁で使用されています。

食物繊維・亜鉛・カリウム・マグネシウム・βカロテン・カルシウム・ビタミンCなど、多くの栄養素がバランスよく含まれていることも多くの青汁で使用されている理由の一つです。

スーパーフードとも言われているケール

出典元:Amazon

アブラナ科の野菜で、苦味や野菜特有の癖が多く嫌がられることも多い野菜です。ただ、最近はこの苦味や野菜特有癖を抑える製造方法も確立しておりあまり心配することはないでしょう。

ケールはスーパーフードや野菜の王様とも言われており、ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・カリウム・βカロテン・食物繊維などが多く含まれています。飲み方としては牛乳で青汁を溶かして飲むことがおすすめで、よりカルシウムを摂取できます。

飲みやすい明日葉

出典元:Amazon

強い生命力を持つ明日菜は青汁の中では飲みやすいと言われています。栄養もβカロテン・ビタミンC・ビタミンE・カルコンなど多く含まれています。現代の人が不足しているという栄養素が詰まっているため現在注目特に注目されている野菜です。

鉄分とカルシウムが豊富な桑の葉

出典元:Amazon

苦味や野菜特有の癖は無く、とても飲みやすいです。DNJ(デオキシノジリマイシン)・鉄・亜鉛・カルシウム・マグネシウムが多く含まれています。

その中でもDNJ(デオキシノジリマイシン)は生活習慣が乱れている人にはおすすめです。食後の血糖値の上昇を抑制してくれるので血糖値が気になる方は桑の葉が含まれている青汁を飲むと良いでしょう。

健康効果が認められている保健機能商品表示を確認

青汁の中には国などが健康効果を認めている物があり、そういったものには保険期間商品表示がされています。有名なものではトクホ(特定保健用食品)があります。

特定の栄養を取りたい時には栄養機能食品

出典元:Amazon

ビタミン不足が不安、ミネラル不足が不安と言った特定の栄養素を取りたいときには栄養機能食品表示がついている物を選ぶようにしてください。栄養機能食品表示がされている青汁は科学的根拠が確認されている栄養成分が一定基準含まれていることが保証されています。

科学的根拠がある機能性表示食品

出典元:Amazon

企業が責任をもって健康につながる効果があるものには機能性表示食品が表示されています。健康サポートや生活習慣の乱れが気になる人はこちらの表示がされているものを選ぶといいでしょう。

ただし、機能性表示食品は消費者庁に届けをだして、事業責任者が責任を持っている食品ということです。特定保健用食品とは違い、消費者庁の個別許可を得たものではありません。

消費者庁が認めた特定保健用食品

出典元:Amazon

トクホとして有名なのがこの特定保健用食品です。健康の維持や増進に役に立つことが科学的根拠に基づいて効果や安全性を国が審査、食品ごとに消費者庁が許可したもののみに表示が許されています。

青汁のおすすめ10選

それではいよいよ、青汁のおすすめ10選を紹介していきます。あなたの求めているものやライフスタイルに合った青汁を見つけましょう。

1位 大麦若葉粉末100%

匂いや味に癖がなく子どもも飲みやすい

詳細情報
ブランド:山本漢方製薬
容量:3g×44包
商品の形状:粉末

匂いや味に青汁特有の癖がなく、抹茶のような風味で子どもも飲みやすくなっています。水に溶かすだけではなく、牛乳や豆乳、ヨーグルトにきなこ・はちみつなども合わせて混ぜたり、アイスクリームやホットケーキに混ぜるなど、ただ飲むだけではなくいろいろなアレンジが出来るので飽きが来ないという魅力があります。

青汁を飲みたいけど、飽きそうという人におすすめです。

2位 輝きの青汁プラセンタ入り

詳細情報
ブランド:シードコムス
容量:3g×60包
商品の形状:粉末

4種類の大地の恵みと5種類の美容・健康成分配合

この輝きの青汁には、青汁に多く使用されている大麦若葉とケール以外に抹茶とゴーヤを贅沢に使用しただけではなく、プラセンタエキス、乳酸球菌、イソマルトオリゴ糖、水溶性食物繊維、21種類のアミノ酸という美容と健康に効果的な成分が多く含まれています。

野菜不足の解消だけではなく美容トラブルにも効果が期待できます。

3位 国産フルーツ青汁

詳細情報
ブランド:DearEat
容量:3g×30包
商品の形状:粉末

43種類の野菜・16種類の雑穀・28種類の果実を1杯に

青汁に多く使用されている大麦若葉やケールなどだけではなくよもぎ、パセリなどのハーブ類の野菜が43種類、発芽玄米や丸麦、胚芽押麦などの穀物が16種類、りんごやグレープフルーツなど果物が28種類は1杯の青汁に凝縮されています。

フルーツが多く含まれているので青汁とは思えないほどの飲みやすいです。フルーツの美味しさと栄養だけが含まれているので糖分を気にしている人でも安心して飲んでもらうことができます。

4位 キトサン明日葉青汁

詳細情報
ブランド:小林製薬の栄養補助食品
容量:3g×30包
商品の形状:粉末

栄養補助食品 コレステロールの低下が目指せる

キトサンとはコレステロールの吸収を抑え、血中のコレステロールを低下させる動きがあります。その成分が多く含まれ、栄養補助食品の表示がついているので一定量が含まれているという保証もされているので、コレステロール値が気になる方にはおすすめです。

抹茶風味の味付けがされており、水にとかす飲み方が一番美味しいそうです。

5位 青ジュレ

詳細情報
ブランド:シードコムス
容量:4g×31包
商品の形状:ペースト状

1日1回3秒の毎日習慣

水もコップも必要なく、パッケージからそのままチュルンとおやつ感覚で食べることが出来るペースト状の青汁です。時間がなく今まで青汁を飲む習慣がなかなか付かなかった人でも持ち運び自由で1回3秒ですっと食べることができて、洗い物も一切でない青ジュレであればめんどくさがりな人でも毎日の習慣にすることが出来るでしょう。

6位 するっと黒汁

詳細情報
ブランド:シードコムス
容量:3g×30包
商品の形状:粉末

フルーティーな黒い青汁でデトックスに特化

青汁なのに真っ黒な見た目をしていてかなりインパクトがありますが、234種類の植物発酵エキスと4つの炭あ含まれているので黒い色をしています。4つの炭にはヤシ殻活性炭末、伊那赤松妙炭末、紀州備長炭活性炭、竹炭粉末が使われており、どの炭もデトックスに特化しており美容やダイエットサポートとして青汁を飲みたい方にはおすすめです。

7位 健康道場 美味しい青汁

詳細情報
ブランド:健康道場
容量:900g×6本
商品の形状:ドリンク

コップに注ぐだけですぐに飲める

ブロッコリー、セロリ、ほうれん草等の選びぬかれた9種類の野菜をたっぷりと使いりんごを加え飲みやすくした青汁です。砂糖や食塩は使わず、独自のフレッシュピューレ製法を使っているためビタミンやミネラルと言った栄養バランスも整っています。

ペットボトルに入ったストレートタイプなので、青汁を作る手間は必要なくコップに注げばすぐに飲むことができます。

8位 キューサイ青汁

詳細情報
ブランド:キューサイ
容量:630g(90g×7パック)×4セット
商品の形状:冷凍青汁

新鮮な国産ケールを約-40度で急速冷凍

スーパーフード、野菜の王様とも言われているケールを100%使用しています。ケールの栽培方法にもこだわり、農家と直接契約を行い、種を育てるところから農薬や化学肥料を一切使っていません

冷凍タイプの青汁なので、加熱に弱い栄養素もしっかりと取ることができ、はちみつや牛乳に混ぜてアレンジを加えて楽しむこともできます。

9位 ごくごく飲める 毎日1杯の青汁

詳細情報
ブランド:毎日1杯の青汁
容量:350g×24本
商品の形状:飲料

小さいペットボトルで持ち運び便利

無糖、カロリーゼロ、糖質ゼロのため毎日飲んでも太る心配はありません。ペットボトルに入ったストレートタイプなので簡単に飲むことができ、350ml入りの小さなペットボトルサイズも販売されているので毎日かばんに入れてどこでも飲むことができます。

スーパーやコンビニなどでよく見かけるものなので、手軽に購入できます。

10位 有機桑葉つぶ

詳細情報
ブランド:桜江町桑茶生産組合
容量:200㎎×300粒
商品の形状:粒

簡単に桑の葉の栄養をまるごと摂取

つなぎは一切使わず、桑の葉100%のタブレットです。有機栽培で丁寧に育てた桑の葉をこだわりの製法でパウダーにしてタブレット状に固めています。1日に3~4錠を飲むだけなので毎日青汁を飲むのが難しい人、どうしても青汁の味が苦手な人でも簡単に桑の葉の栄養素を摂取することができます。

青汁をおすすめ飲むタイミング

おすすめの青汁や選び方を紹介してきましたが、せっかく飲むのであれば、より効率的に栄養の吸収を行いたいと思うのは当然でしょう。青汁はどのタイミングで飲むのが一番効率的に栄養が吸収できるのでしょうか?

最も栄養が吸収される朝

出典元:Amazon

朝というのは1日の中で最も栄養が吸収される時間帯です。朝ごはんを食べている余裕がない!という人もいるでしょう。そんなときに朝ごはんとしてせめて青汁だけでも飲んでいくことがおすすめです。

特にいろいろな栄養が入った物を選ぶとよく、胃腸がまだ活発に動き出していないため常温や温かい青汁を飲むとより良いです。

食べ過ぎを抑えられる食事の前後

出典元:Amazon

ダイエット効果などを期待したいのであれば食事の前後です。コップ1杯の青汁を飲むためその分空腹感を抑えて食べすぎ防止に繋がります。

食前でも食後でも一気に飲むのではなく、ゆっくりと飲むことがおすすめです。

寝る前に水分と栄養補給ができる就寝前2~3時間

出典元:Amazon

睡眠中は汗をかくため想像以上に体内の水分が失われます。寝る前にコップ1杯の水分を取ることがおすすめと言われていますが、その1杯をビタミンやミネラルが豊富に含まれた青汁に変えてみましょう。

ただし、内臓の負担や寝付きを良くするために就寝前2~3時間前に常温か温かい青汁を選ぶことがおすすめです。

失ったミネラルを取り戻す運動後

出典元:Amazon

運動をすると汗をかきます。汗をかくと体内のミネラルも一緒に出ていってしまうため運動後に青汁を飲むのであればミネラルが豊富に含まれた青汁を選ぶことがおすすめです。

おすすめの商品一覧

製品最安値評価リンク

山本漢方製薬 大麦若葉粉末100%

1

945円

4

シードコムス 輝きの青汁

2

2,389円

4

DearEat(ダイエット) フルーツ 青汁

3

1,106円

4

小林製薬の栄養補助食品 キトサン……

4

2,073円

3.5

シードコムス 青ジュレ

5

1,998円

4

シードコムス するっと黒汁

6

1,828円

3.5

サンスター 健康道場 おいしい青汁

7

4,626円

4

キューサイ青汁 ザ・ケール冷凍

8

4,520円

4

伊藤園 ごくごく飲める 毎日1杯の……

9

2,280円

4.5

桜江町桑茶生産組合 有機桑葉つぶ

10

2,954円

4.5

まとめ

健康や美容のためと青汁を飲み始める人は増えています。それに合わせて青汁の種類も多くなり、選ぶのが難しいほどになっています。青汁それぞれに含まれている栄養素や製造方法、飲み方、味など選ぶ手段が多いからこそ、自分の好みに合った1杯を見つけることが出来るでしょう。

あなたは青汁に何を求めていますか?

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry
1

津々樹 唯