• ピコラエヴィッチ紙幣 日本人が発行したルーブル札の謎/熊谷敬太郎

ピコラエヴィッチ紙幣 日本人が発行したルーブル札の謎/熊谷敬太郎

1,760 円(税込)

にお届けの場合は
条件によって送料が異なることがあります
注意事項
  • ・表示している送料は、お客様がログイン済みの場合、登録している送付先住所をもとに、商品に設定されている最安値の送料を表示しております。
  • ・お客様がログインされていない場合には、東京都を送付先住所として、商品に設定されている最安値の送料を表示しております。
  • ・表示している送料に拘わらず、送付先住所が一部地域・離島である場合、送料が発生する場合がございます。
  • ・正確な送料をご確認したい場合には、店舗の販売者情報等の送料の記載をご確認ください。
  • ※1個あたりの「商品金額(税込)」を基準に算出しており、実際と異なる場合があります。

    ※「金券・チケット・カタログギフト」カテゴリの商品はポイント還元の対象外です。(※通常ポイントを除く)

    ※通常ポイント(お店からのポイント)の付与日は、期間限定ポイントと異なります。

    ※通常ポイント(お店からのポイント)の付与日は、お店によって異なります。

    ※購入店舗数に応じてポイントアップ期間中の倍率が変動する場合、すでに上限に達する旨が記載される可能性がございます。

1〜4日以内に発送

商品説明

【内容紹介】
一九一九年秋、印刷工の黒川収蔵は紙幣印刷のため極東ロシア領の小都市尼港(ニコラエフスク・ナ・アムーレ)にある島田商会に派遣される。当地最大の日本企業・島田商会の発行する紙幣「ピコラエヴィッチ」は、下落の激しいルーブル札を補完し、町の産業を支える紙幣として当地の人々の生活に深く根付いていた。新紙幣の印刷は、美しいロシア娘オリガの協力で進められ、いつしか二人には恋愛感情が芽生えていった。ようやく紙幣の印刷が完成に近づいた頃、町には四〇〇〇人を超える赤軍過激派が押し寄せる。ロシア人有力者たちは次々に処刑され、やがてその魔手は日本人にも向けられる。外界からの援軍を得られない厳寒の尼港で、およそ七五〇人の日本軍民は悲壮な覚悟で徹底抗戦を試みる。果たして黒川とオリガの運命は?第2回城山三郎経済小説大賞受賞作。「通貨とは何か?」「経済とは何か?」を問う問題作。
※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

1〜4日以内に発送

熊谷敬太郎(著)
出版社:ダイヤモンド社
ISBN:4478011273/9784478011270
発行年月:2009年10月


支払い・配送時期について

商品代金の支払い時期や商品が配送される時期についての詳細情報
支払い・配送時期について詳細

ロットナンバー

132746286



この商品で使えるクーポン



bookfan au Wowma!店

ログインまたは会員登録

お気に入り登録をするためには、ログインまたは会員登録が必要です。

この商品を見た人はこんな商品も見ています


ウィークリーランキング


お店のカテゴリ


au Wowma!のおすすめ


お店の情報


ピコラエヴィッチ紙幣 日本人が発行したルーブル札の謎/熊谷敬太郎

キャンセル